「IIFES 2022」にて新たなブランドスローガンのもと生産性・品質向上の実例を展示します

2022年1月19日

トピックス

パナソニック株式会社 インダストリー社(以下、パナソニック インダストリー社)は、2022年1月26日(水)から1月28日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「IIFES 2022」に、新たなブランドスローガンのもと、生産性・品質向上の実例を中心とした展示を行います。

2021年10月1日に発足したパナソニック インダストリー社は、『Your Committed Enabler』をブランドスローガンとし、お客様の挑戦に真摯に向き合い、お客様の思い描く未来を共に実現する存在となることを目指しています。
今回のIIFESにおけるパナソニック インダストリー社ブースは、FAデバイスを扱う産業デバイス事業部が中心となり、新たなブランドスローガンのもと、製造業である私たち自身が直面し解決してきた現場の課題に対する経験やノウハウを活用し、”グローバルに製造・生産現場に関わる多くの方々に寄り添い、製造業全体の成長と生産性向上を実現し続ける”ことをコンセプトとした展示を行います。ブースでは生産性・品質向上を実感いただける装置をはじめ、最新のセンシング、モーションデバイスを展示しますので、ぜひお立ち寄りください。

▼パナソニック「IIFES 2022出展のご案内
https://industrial.panasonic.com/ac/j/fasys/special/exhibition/iifes2022/index.jsp

▼招待券(無料)お申し込みはこちらから(IIFES 2022 公式サイト)
https://iifes.jp/

【展示会概要 および 出展ブース情報】
・展示会名称:IIFES 2022
・会期:2022年1月26(水)~ 1月28(金)10:00~17:00
・会場:東京ビッグサイト
・出展ブース:西展示棟 1階 西2ホール小間番号 No.1-66
・オンライン展示会:2022年1月26日(水)~2月25日(金)

【主な出展内容】
■新型モーションコントローラによるACサーボモータの多軸制御


新型モーションコントローラは高精度かつ簡単に複数のサーボモータを制御することができます。またサンプルプログラムを利用することで装置の立ち上げやメンテナンスの負荷軽減に貢献することができます。ブースでは電池製造工程の倦回機のようなシート材加工装置を展示し、巻き出し、巻き取りなど高精度な制御が求められる多軸制御での活用事例を紹介します。

■フレキ基板挿入工程での自動化


画像処理・計測技術やロボットの制御技術を組み合わせることによって、これまで人が行っていた繊細さが求められる作業を自動化することができます。ブースではフレキ基板挿入のミニ製造ラインを展示し、実際の製造ラインをイメージしてご覧いただけます。

■現場で培った豊富なノウハウの活用事例


パナソニック内外とのコラボレーションによって、生産性や品質向上の提案を行います。レーザー溶着装置での加圧とレーザー照射のノウハウに加え、PLCの情報を吸い上げて生産状況や設備異常をタブレットなどで監視できるシステムを紹介します。

【出展者セミナーについて】
セミナー会場にて、生産性・品質向上に貢献できるデバイスのご紹介を中心とした2つのセミナーを行います。
1. パナソニックが目指すモーションコントロールの可能性
2022年1月26日(水)13:00~13:40

2. 現場の見える化導入ハードルを大きく下げる表示器活用のご提案
2022年1月27日(木)13:00~13:40

【展示品に関するお問い合わせフォーム】
https://industrial.panasonic.com/ac/j/user/new_question/index.jsp

<関連情報>
・パナソニック 制御機器
https://industrial.panasonic.com/ac/
・パナソニック株式会社 インダストリー社
https://www.panasonic.com/jp/corporate/industry.html

発表年月
発表年月