2021年6月16日

ほどよい距離感で料理ができる「フラットワイドコンロ」を搭載

システムキッチン Lクラス
「Idobataスタイル(いどばたスタイル)」プランを拡充

夫婦や親子で一緒に料理を楽しむ生活スタイルにおすすめ

Idobataスタイル II型プラン、Idobataスタイル U型(コの字)プラン、Idobataスタイル U型(コの字)プラン(使用イメージ)、フラットワイドコンロシリーズ、トリプルワイドIH使用イメージ

プラン名 Idobata(いどばた)スタイル
II型
Idobata(いどばた)スタイル
U型(コの字)
希望小売価格(税込) 約284万円~ 約351万円~
提案開始日 2021年5月7日 2021年6月17日

パナソニック株式会社 ハウジングシステム事業部は、高級クラスのシステムキッチン「Lクラス」の提案プラン「Idobataスタイル(いどばたスタイル)」を拡充。ほどよい距離感で夫婦や親子で横に並んで一緒に調理できる「フラットワイドコンロ」を搭載した「II型プラン」と、さらにカウンター上に調理家電を置くことができる「U型(コの字)プラン」を追加します。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い在宅時間が長くなる中、当社が2021年4月に約1万人を対象に実施したアンケート調査(※1)では、「この1年で負担が増えた家事」として「料理」「食事の献立を考える」「食後の片づけ」など、料理関係の家事が上位になっています。また、配偶者もしくは子どもがいる方に「配偶者や子どもと一緒にキッチンに立っているかどうか」を聞いたところ、約4割の家庭で一緒にキッチンに立っていることがわかりました。

当社は、2017年12月より囲炉裏(いろり)のように「火(IHクッキングヒーター)」を囲んで「作りながら食べる」ことをコンセプトにした「Irori ダイニング(いろりダイニング)」を展開しています。その後、2020年9月には井戸のように「水(ラウンドアクセスシンク)」を囲んで「調理や後片付けをする」ことを想定した新プラン「Idobata スタイル(いどばたスタイル)」アイランドプランの提案を開始しました。今回「Idobataスタイル」に、ほどよい距離感(75 cm(※2))で夫婦や親子が並んで調理ができるフラットワイドコンロを搭載した「II型プラン」を追加しました。さらに、シンクからもコンロからも手を伸ばしやすいカウンター上に調理家電を置くことができる「U型(コの字)プラン」も拡充。おうち時間が長くなる中、夫婦や親子などが料理や後片付けを一緒に楽しむことができるプランです。

なお、これからのくらしを見据えて開発したワイドコンロシリーズは、2008年にトリプルワイドIHタイプを発売開始し、2010年にトリプルワイドガスタイプを発売しました。2016年には4つの鍋を並べることができるマルチワイドIHタイプと品ぞろえを強化しています。IHとガスのワイドコンロが揃った2010年から10年が過ぎ、累計販売台数も10万台を超えるなど、大変好評をいただいています。当社は、独自の機能とデザインで時代と生活にフィットしながら、これまでも、そしてこれからもキッチンワークを心地よくサポートします。

【特長】

1. 夫婦や親子でほどよい距離感(75 cm)で調理しやすい「フラットワイドコンロ」を搭載

2. II型プラン:コンパクトな間取りでも、家族が「ほどよい距離感」で調理しやすいレイアウト

3. U型(コの字)プラン:シンクからもコンロからも手を伸ばしやすい場所に「家電スペース」を確保

  • ※1:全国30代~70代 11,491名を対象としたインターネット調査 2021年4月実施 パナソニック調べ
    うち、配偶者もしくは子どもがいる方 8,447人
  • ※2:当社モニター調査より(N 8組)

【お問い合わせ先】

照明と住まいの設備・建材
お客様ご相談センター 0120-878-709(受付 9:00~18:00)

ハウジングシステム事業部 水廻りシステムBU キッチン・洗面 営業戦略企画部
電話:06-6908-1131(代表 受付 9:00~17:30)

【特長】

1. 夫婦や親子でほどよい距離感(75 cm)で調理しやすい「フラットワイドコンロ」を搭載

これからのくらしを見据えて開発したワイドコンロシリーズは、2008年にトリプルワイドIHタイプを発売開始し、2010年にトリプルワイドガスタイプを発売しました。2016年には4つの鍋を並べることができるマルチワイドIHタイプと品ぞろえを強化しています。

マルチワイドIH、トリプルワイドIH、トリプルワイドガス イメージ画像、フラットワイドコンロ10万台10周年ロゴ

ワイドコンロシリーズは、パナソニックのキッチンにのみ搭載可能なオリジナルコンロです。コンロが横並びのためスムーズに調理ができます。また、コンロ手前16 cmのスペースで下ごしらえや盛り付けができます。段差がわずか1.9 mmのフラット形状でお手入れもしやすいことなども好評。パナソニックのすべてのグレードのキッチンに対応し、堅調に搭載率が伸びています。

フラット&ワイドをフル活用してキッチンワークが変わるイメージ画像、段差わずか1.9 mm お掃除がラクなイメージ画像

一般的な3口コンロ(幅60・75 cm)と比べ、ワイドコンロは幅が90 cmで、広々と調理ができます。一人で調理する時はもちろん、夫婦や親子で並んで一緒に調理をする場合でも、ほどよい距離感の幅75 cm(※2)を確保できます。

一般的な3口コンロとワイドコンロのイメージ図

2. II型プラン:コンパクトな間取りでも、家族が「ほどよい距離感」で調理しやすいレイアウト

当社は、2017年12月より囲炉裏(いろり)のように「火(IHクッキングヒーター)」を囲んで「作りながら食べる」ことをコンセプトにした「Irori ダイニング(いろりダイニング)」を展開しています。その後、2020年9月には井戸のように「水(ラウンドアクセスシンク)」を囲んで「調理や後片付けをする」ことを想定した新プラン「Idobata スタイル(いどばたスタイル)」アイランドプランの提案を開始しました。対面からも使いやすいラウンドアクセスシンクと奥行80 cmのカウンターなどが、Idobataスタイルの特長です。

Irori ダイニング火を囲むくらし
作りながら食を楽しむ
Idobata スタイル水を囲むくらし
一緒に調理作業を楽しむ

今回「Idobataスタイル」に、ほどよい距離感(75 cm(※2))で夫婦や親子が並んで調理ができるフラットワイドコンロを搭載した「II型プラン」を追加しました。コンパクトな間取りでも使いやすいプランです。コンパクトな調理動線で、忙しい朝は効率よく一人調理をしながら、カウンターで食事ができます。忙しい平日の夕食は、2人並んで効率よく調理が可能。後片付けは、両側から使えるシンクで、みんなで効率よく後片付け。休日は、みんなでカウンターを囲んでお菓子作りもできます。

Idobata スタイルII型プラン イメージ画像、4つのシーンイメージ

3. U型(コの字)プラン:シンクからもコンロからも手を伸ばしやすい場所に「家電スペース」を確保

IdobataスタイルU型(コの字)プランは、二人並んで使いやすいワイドコンロに加えて、家族で調理しやすく食事などもできるカウンターや、家電スペースも確保。シンク側とコンロ側の両方から手を伸ばしやすいカウンター上に調理家電を配置できます。また、コーナー側の座れるスペースからも、調理家電に手が届くレイアウトです。食事の準備・調理・片付け動線にも配慮。食器を収納しやすいワイド収納、大容量食器洗い乾燥機のほか、ダストスペースも確保。家族みんなで料理や後片付けを楽しめるプランです。

Idobata スタイルU型(コの字)プラン
2人で調理できるワイドコンロ。使いやすい位置に調理家電を配置。
コーナー側の座るスペースからも家電に手が届きます。
大容量食洗機を配置。ゴミは捨てやすいシンク横に。
家電スペースの下に食器を収納できる引き出しを配置。
忙しい朝食タイムは みんなで効率良く分担
時間がある時は 今日のごはん + 作り置きも

<ご参考動画>

ワイドコンロ アニバーサリーMovie「こころとコンロ」
https://channel.panasonic.com/jp/contents/32814/

#おうち愛 パナソニックキッチン ワイドコンロ
https://channel.panasonic.com/jp/contents/32469/

ROOMLESS PAPA
https://youtu.be/HhFjMPuZOyo

以上