2021年1月25日

デジタルサイネージソリューション『AcroSign』で
クラウド制御による「空間演出」×「サイネージ」を実現

パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:片倉 達夫)は、デジタルサイネージソリューション『AcroSign(アクロサイン)』の機能を強化し、クラウド制御による「空間演出」×「サイネージ」を実現するAcroSign Version 3.0を開発しました。

当社はこれまでサイネージの配信管理システムとしてWebブラウザ上で簡単に配信できる『AcroSign』を提供し、機能強化を実施してきました。例えば、外食・流通店舗での販売促進、大型商業施設での案内、鉄道・空港施設での運行情報やイベント情報、防災情報といった、特定の情報を伝えるシステムとして提供し、より使いやすく機能を強化してきましたが、近年において映像空間におけるUX(ユーザーエクスペリエンス)の最大化、および環境特性を活かした「空間演出」のサイネージ利用ニーズが高まってきています。

今回AcroSign Version 3.0では、従来は現場での運用・調整が多かった「空間演出」において、映像表現を向上させる機能を強化し、AcroSignクラウドサービスを通じたクラウド制御により、多拠点配信・管理することが可能となりました。また、世界的なシェアを誇り、高い安定性と同期再生機能を持つBrightSign社のデジタルサイネージコントローラー※1(日本国内正規代理店:ジャパンマテリアル社、以下、BrightSignコントローラー)を採用することにより、『AcroSign』の簡単な管理画面での操作と、より美しい映像表現の両立を実現しました。なお、AcroSign Version 3.0は本日より発売します。

当社は今後も、長年培ってきた映像・音響技術、およびAcroSignクラウドサービスによる配信運用の知見やノウハウを反映し、UX(ユーザーエクスペリエンス)を向上させ、空間価値を向上させるデジタルサイネージソリューションを提供してまいります。

マルチディスプレイへの動画コンテンツ再生
複数プロジェクターによるサイネージ投影

■AcroSign Version 3.0の強み

・さまざまな映像デバイスに対応し、同期再生パフォーマンスを強化

マルチディスプレイや4Kディスプレイ他、プロジェクターなど環境特性に合わせてさまざまな映像デバイスに対応します。今回BrightSignコントローラー(XT4シリーズ、HD4シリーズ)をラインアップに採用、追加したことで、複数の映像デバイスで1つの映像コンテンツを再生させるときに必要な「同期再生パフォーマンス」の強化、および「クロマキー合成」などの映像表現を強化し、空間を占有する大型映像においてダイナミックで美しい映像表現が可能となりました。

UI操作性・監視機能に優れたAcroSign×同期再生に優れたBrightSignが連携!※弊社が提供するBrightSignコントローラーのみが連携の対象です。よりダイナミックで美しい映像表現を実現!複数台の画面表示もダイナミックを合わせて再生可能。マルチ画面による大型映像表示も可能です。(複数台での同期再生、マルチディスプレイでの同期再生、マルチスクリーンでの同期再生)

・Webブラウザ上で、簡単・容易な配信・運用管理を実現

BrightSignコントローラーを、Webブラウザ上の管理画面から操作し、ドラック&ドロップで直感的にコンテンツのレイアウト作成や並べ替えが可能です。コンテンツ登録から配信・運用管理まで容易に実現します。画面レイアウト編集、配信スケジュール登録、映像デバイスの「リモート監視」、「電源ON/OFF制御」に加え、設置したサイネージコントローラーをMAP上に表示する「設置MAP機能」やサイネージコントローラーの設置・交換時に迅速にリモートで設定できる「オートセットアップ機能」を搭載することで、AcroSignクラウドサービスを通じたクラウド制御による、多拠点での保守、運用に必要な機能を強化しました。

簡単・容易な管理画面イメージ
「設置MAP機能」イメージ

■BrightSign社について

BrightSign社は、米国に本社を置く、デジタルサイネージメディアプレーヤー“BrightSign”をグローバル展開するマーケットリーダーです。メディアプレイヤーの製造およびソフトウェアとネットワーキングソリューション、プロダクトサービスを提供しています。

■BrightSign社CEO Jeff Hastings氏 コメント(英文)

“Panasonic AcroSign is a leader in Japan’s CMS market, and we are pleased that AcroSign version 3.0 is now integrated with BrightSign players. The partnership enables extraordinary visual experiences with enhanced synchronization for multi-display, and the AcroSign cloud service with on premise option adds extensive security for customers,” comments Jeff Hastings, BrightSign CEO. “We look forward to seeing the BrightSign/AcroSign collaboration bring forth immersive environments and beautiful visual experiences in 2021.”

(和文)

BrightSign社CEO ジェフ ヘイスティングス氏より、
「パナソニックの「AcroSign」は、日本のCMS(サイネージの配信管理システム)市場で主導的な立場であり、AcroSign Version 3.0でBrightSignプレーヤーとインテグレートされたことを嬉しく思います。この連携により、マルチディスプレイの同期再生機能を強化した素晴らしい映像体験の提供が可能となり、また、お客様のセキュリティに合わせ、オンプレミスとともにクラウドサービスの提供も可能となります。2021年は、このBrightSignとAcroSignのコラボレーションによって、没入感のある美しい映像体験が生まれることを楽しみにしています。」

▼BrightSign社 企業情報(英語)
https://www.brightsign.biz/company/our-company

▼ジャパンマテリアル社 BrightSign 製品情報
https://www.jmgs.jp/products/category/brightsign.html

▼パナソニック デジタルサイネージ『AcroSign』
https://biz.panasonic.com/jp-ja/products-services_digitalsignage

【お問い合わせ先】

パナソニック システムお客様ご相談センター
電話:フリーダイヤル0120-878-410(受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)

以上