【お知らせ】

Adobe Acrobat Readerの特定のバージョンに、一部のPDFが開けないバグが発生しております。PDFが開けない場合、お使いのAcrobat Readerを最新版へアップデートの上お試しください。

印刷

2022年8月31日

製品・サービス / プレスリリース

エアコン内部や吹き出す風の清潔さにもこだわり続ける

ナノイー搭載の家庭用ルームエアコン
累計出荷台数1000万台※1を達成

画像:ナノイーの歴史

※注釈は以下をご参照ください。

パナソニック株式会社 空質空調社は、2008年10月に当社独自の清潔機能ナノイーデバイスを搭載したルームエアコンの販売を開始して以来14年を経て、2022年7月に、累計出荷台数1000万台※1を達成しました。

ナノイーは、空気中の水に高電圧を加えることで生成されるナノサイズの微粒子イオンです。さまざまな物質に作用するOHラジカル(高反応成分)を含み、空気中に浮遊・付着する菌やウイルス、カビ、花粉やアレル物質の抑制※2、PM2.5の分解※2や、タバコやペットなどの臭いの脱臭※2といった効果を発揮します。

ナノイーデバイス搭載のルームエアコンは、発売当時、人々の関心が集まっていた花粉やペット臭など、生活環境における空気質向上に貢献。加えて、エアコン内部のカビが気になるという声に応え、内部クリーン運転機能にナノイーを活用。エアコン内部を加熱乾燥し、ナノイーを含んだ風を内部に充満させ、カビ菌の増殖を抑制※3しました。

そしてナノイー技術の革新により、OHラジカルの発生量※4が増加。2016年のナノイーX(4.8兆)ではナノイーに比べ、OHラジカル発生量が10倍、2019年のナノイーX(9.6兆)では20倍、2021年のナノイーX(48兆)では100倍を達成しました。

このような技術進化に伴い、花粉やニオイの抑制スピードがアップ※5。エアコン内部のカビ抑制の効果を高め、清潔性が向上しました。現在の「エオリア」シリーズには、ナノイー史上最速で有害物質を抑制※2するナノイーX(48兆)を搭載。冷暖房しながら、お部屋の空気をスピーディーに清浄し、エアコン内部に発生したカビ菌の除菌※6まで可能となりました。(生えてしまったカビを除去する機能ではありません。)

今後も、ルームエアコン「エオリア」の普及を通じ、お客様の健康で快適なくらしと持続可能な社会を実現し、さらに高まる快適な空気質への期待に応え続けます。

空質空調社は、「空気から、未来を変える。」をブランドスローガンに、環境テクノロジーの更なる革新を進め、健康で快適なくらしと社会を創造し、持続可能な未来の実現に貢献していきます。
空質空調社サイトURL:https://www.panasonic.com/jp/hvac/

注釈

※1:国内家庭用ルームエアコンにおけるナノイー搭載機種2008年10月~2022年7月累計出荷台数
※2:ナノイーX(48兆)デバイス搭載エアコンで、試験空間での効果として以下を確認。6畳試験空間での〈浮遊菌〉約4時間後〈付着菌〉約8時間後、〈浮遊ウイルス〉約3.5時間後、〈付着ウイルス〉約2時間後約8畳試験空間での〈カビ菌〉約2時間後、約6畳試験空間での〈花粉〉約3時間後、〈アレル物質〉約6時間後、〈PM2.5〉約12時間後〈ニオイ〉約15分後の抑制効果です。数値は実際の使用空間での試験結果ではありません。脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。
※3:【試験方法】エアコン内部にカビセンサーを設置。室温25℃、湿度80%に維持し、1日当たり8時間の冷房運転を2週間実施
【防カビの方法】エアコン内部の乾燥と熱交換器の加熱【試験結果】カビセンサーによる菌糸成長抑制効果を確認(当社調べ)
※4:ESR法による測定(発生装置直後のOHラジカル量)(当社調べ)。
※5:約6畳試験空間での抑制効果の比較です。〈花粉〉「ナノイーX 9.6兆」:約12時間後、「ナノイーX 48兆」:約3時間後、〈ニオイ〉「ナノイーX 9.6兆」:約60分後、「ナノイーX 48兆」:約15分後。数値は実際の使用空間での試験結果ではありません。脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。
※6:【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】27.7 m2(約6畳)、室温25℃、湿度70%の試験室にて、エアコン内部にカビ菌を滴下した試験片を設置、1日3時間の冷房運転後に「内部クリーン」運転を動作させ、試験前と4日後のカビ菌の数を
比較【試験結果】試験片のカビ菌(1種類)が「内部クリーン」運転なし(自然減衰後)から99%除去されたことを確認(北生発2021_1202号)
※7:約6畳試験空間での抑制効果の比較です。〈花粉〉「ナノイーX 4.8兆」:約24時間後、「ナノイーX 9.6兆」:約12時間後、「ナノイーX 48兆」:約3時間後。数値は実際の使用空間での試験結果ではありません。
※8:約6畳試験空間での抑制効果の比較です。〈ニオイ〉「ナノイーX 4.8兆」:約120分後、「ナノイーX 9.6兆」:約60分後、「ナノイーX 48兆」:約15分後。数値は実際の使用空間での試験結果ではありません。脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。
※9:【試験機関】(一財)日本食品分析センター【試験方法】同一条件空間での比較試験。室温約27℃、湿度約70%、カビが生育しやすい条件で15日間、冷房運転を約8時間/日実施。「内部クリーン」、「ナノイーX」、「カビみはり」、「フィルターお掃除」の設定有無で、冷房運転開始直後の吹き出す風を採取。風に含まれる浮遊カビ菌数を比較【抑制の方法】「内部クリーン」、「ナノイー」、「カビみはり」、「フィルターお掃除」設定時【試験結果】カビ数を低減(設定有=10個/m2、設定無=26,280個/m2)(2016年10月31日、第16117119001-0101号)
※10:【試験機関】パナソニックホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】油成分を、フィルター、熱交換器、送風路に設置、冷房および暖房時の内部クリーンに曝露したものと曝露していないものの残留物を抽出し、定量分析を実施【試験結果】送風路内位置で9~41%の低減効果を確認(〈冷房時の内部クリーン〉Y19HM008/2019年5月10日、Y19HM016/2019年6月12日〈暖房時の内部クリーン〉Y19HM017/2019年6月12日)

【お問い合わせ先】

パナソニック エアコン ご相談窓口 フリーダイヤル 0120-878-692
(受付9時から18時/月~土曜日:祝日・正月三が日を除く)

記事の内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

配信元:
パナソニック株式会社
カテゴリ:

画像ダウンロード

ナノイー搭載の家庭用ルームエアコン 累計出荷台数1000万台を達成

注目ニュース