2022年6月14日

トヨタモビリティパーツが『配送見える化ソリューション』を導入
~自動車メーカーの垣根を超えた共同配送により
ドライバー不足や環境保全の対応に貢献~

パナソニック コネクト株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 執行役員 社長・CEO:樋口 泰行)は、自動車関連部品・用品の卸売業を行うトヨタモビリティパーツ株式会社(本部:愛知県名古屋市、社長:榊原 弘隆、以下、TMP)に「配送見える化ソリューション」と頑丈ハンドヘルド端末「TOUGHBOOK(タフブック)」を納入しました。
最初に栃木支社から稼働をはじめ、2022年4月より全国展開を開始しています。

「配送見える化ソリューション」は、運行管理者のPCとドライバー端末を、クラウドサーバーを通じて相互連携し、配送状況や配送作業をリアルタイムに把握することで業務効率化を実現します。
このたび、TMPがドライバー不足やCO2削減をはじめとする環境保全などの課題を背景に、自動車メーカーの垣根を越えた補修用部品・用品の共同配送の検討を促進する中、部品の配送管理システムとして導入に至りました。
共同配送では、各社で使用しているシステムが違い、ラベルなど現場運用が異なるため目視検品の運用となりミスに繋がりやすくなることが課題でした。本システム導入により、自社の配送管理システムで管理ができ、作業の効率化や品質の担保が可能となりました。

画像:トヨタモビリティパーツが『配送見える化ソリューション』を導入

現在、物流の世界では、ドライバー不足やCO2削減をはじめとする環境保全の対応などが喫緊の課題となっています。これらの課題を解決するため、複数の物流企業・事業所が連携し、複数企業の商品を同じトラックやコンテナなどに積み込み輸送する「共同配送」が注目されています。
しかし、各社で使用しているシステムが違うため、ラベルや現場運用が異なり配送品質の担保が難しいことから、配送管理システムの統一化が求められています。
これまで当社は、30年以上に渡り主に宅配運送会社へドライバー端末(ハンドヘルド)を納入、現場のあらゆる課題を解決して参りました。また一方、物流に関するお困りごとを解決すべく、欧州で実績のある配送現場のプロセスを見える化するシステム「ZETES CHRONOS™(ゼテス クロノス)」を活用し、頑丈ハンドヘルド(「TOUGHBOOK(タフブック)」)や、サービス・サポートと組み合わせた「配送見える化ソリューション」を提供し、配送業務の効率化に貢献してきました。
今回、TMPでは、「配送見える化ソリューション」の導入により、他社の部品・用品も自社配送管理システムで管理が可能となり、指定された品番・数量・時間通りの確実な配送をサポートします。

当社は今後も、ZETES(ゼテス)社の技術力と、サプライチェーンの現場で培った技術力、サービス・サポート力を組み合わせ、お客様の課題解決と新たな価値提供を目指していきます。

詳細内容は下記のウェブサイトから確認できます。
・トヨタモビリティパーツ様 導入事例
URL:https://connect.panasonic.com/jp-ja/case-studies/toyota-mp

■「配送見える化ソリューション」の採用ポイント

(1)配送のリアルタイム管理

運行管理者側の管理端末と、ドライバー側のハンドヘルド端末を相互連携させるクラウドサービスで配送状態を見える化し、配送品質の向上を実現。

画像:配送のリアルタイム管理イメージ

(2)実績のエビデンス管理

配送実績データなどは、CSVファイルの形式でデータ抽出することが可能です。業務日報や請求書作成業務などの軽減に寄与。

画像:実績のエビデンス管理イメージ

(3)現場を理解した導入提案

当社営業とSEが現場に赴き、積込や配送業務だけでなくピッキングなどの前工程や、帳票やラベルの現物も確認。サプライチェーンの現場において、システムからハードウェア、サービスまでトータルでの提案実績で培ったノウハウをもとに、お客様に最適な解決策を提案。

(4)他社部品のトヨタ標準出荷ラベルへの対応

TMPでは、トヨタ標準出荷ラベルのQRコードを端末で読み込み、荷物の情報を管理しています。一方、他社では“同様のシステムで運用していても、トヨタ標準出荷ラベルと扱う情報が違う”などの課題がありました。
「配送見える化ソリューション」の導入により、他社ラベルの情報をトヨタ標準出荷ラベルに変換し、他社部品も自社配送管理システムで管理でき確実な配送をサポート。

画像:他社部品のトヨタ標準出荷ラベルへの対応イメージ

■トヨタモビリティパーツ株式会社について

2020年4月1日に、全国33社のトヨタ部品共販と株式会社タクティーが統合し、トヨタモビリティパーツ株式会社として発足。トヨタグループの一員として、お客様に安全・安心かつ快適にクルマを使っていただけるよう、修理部品や用品を企画・販売し、お届けすることでクルマ社会・地域社会に貢献。2020年6月以降、ダイハツ工業とSUBARU(スバル)などと整備部品の共同配送を順次開始しています。

▼トヨタモビリティパーツのウェブサイト:
https://toyota-mp.co.jp/

■パナソニック コネクトについて

パナソニック コネクト株式会社は2022年4月1日、パナソニックグループの事業会社制への移行に伴い発足した、グローバルで約28,500名の従業員を擁し、売上高が9,249億円の、B2Bソリューション事業成長の中核を担う事業会社です。当社は、企業としての存在意義であるパーパスを、「現場から社会を動かし 未来へつなぐ」と掲げています。このパーパスには、製造業100年の知見とソフトウェアを組み合わせたソリューションや、高度に差別化されたハードウェアの提供を通じて、サプライチェーン・公共サービス・生活インフラ・エンターテインメントのそれぞれのお客様とつながり、お客様の「現場」をイノベートすることで、人と自然が共存できる豊かな社会・地球の「サステナビリティ」と、一人ひとりが生きがいを感じ、安心安全で幸せに暮らすことができる「ウェルビーイング」の世界を目指していきます。

  • ※2021年度、旧パナソニック株式会社コネクティッドソリューションズ社として

▼パナソニック コネクトのウェブサイト:
https://connect.panasonic.com/jp-ja/

■「配送見える化ソリューション」について

当社の100%子会社であるZETES(ゼテス)社(本社:ベルギー ブリュッセル)の「ZETES CHRONOS™(ゼテス クロノス)」システムを活用したソリューション。ドライバー端末から配送実績をクラウド環境に保管することで荷主や運行管理者はドライバーの状況をリアルタイムに把握が可能。当社は、サプライチェーンでのビジネス実績30年以上のZETES社の技術力と、運送会社へのドライバー端末納入実績30年で培った技術力、サービス・サポート力を組み合わせ、サプライチェーンの現場を支える現場プロセスイノベーションを提案します。

▼「配送見える化ソリューション」のウェブサイト:
https://connect.panasonic.com/jp-ja/products-services_tough_chronos

■納入機器

4.7型 頑丈ハンドヘルド「TOUGHBOOK(タフブック)」FZ-N1
軽量・コンパクトなボディに使いやすい斜め配置のバーコードリーダーを搭載。210 cmからの落下試験※1や、MIL-STD-810G準拠の耐振動試験などの実施や、動作温度-20℃~50℃対応の頑丈仕様。約12時間駆動※2の標準モデル、約19時間駆動※2の大容量バッテリー搭載モデルを用意。

  • ※1:本体の6方向に対し、コンクリート面への210 cm落下試験を実施(動作時)。
  • ※2:当社独自基準での測定結果。動作環境・システム設定により変動します。

【お問い合わせ先】

配送見える化ソリューションお問合せ窓口
フリーダイヤル:0120-878-655 TEL:06-6943-8748
(受付時間:9:30~12:00,13:00~17:30(土日、祝日、年末年始、当社所定の休日を除く))

以上