2020年1月16日

日常のメンテナンスが、毎日から1ヶ月に1度に大幅削減(※1)

次亜塩素酸 空間除菌脱臭機「ジアイーノ」水道直結タイプを発売

医療・教育・介護の現場で選ばれている除菌・脱臭

次亜塩素酸 空間除菌脱臭機「ジアイーノ」水道直結タイプを発売

品名次亜塩素酸 空間除菌脱臭機「ジアイーノ」水道直結タイプ
品番F-JCT30
適用床面積の目安~26畳(~43 m2
メーカー希望小売価格(税別)362,000円(工事費別途)
発売日2020年4月1日

パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社は、電解水技術で作る次亜塩素酸の力で高い除菌・脱臭効果を発揮する次亜塩素酸 空間除菌脱臭機「ジアイーノ」水道直結タイプを2020年4月1日より発売します。水道直結型にすることで自動給水が可能となり、日常のメンテナンスが、毎日から1ヶ月に1度と大幅に削減できます。

「ジアイーノ」で使われている次亜塩素酸技術には30年以上の歴史があります。1987年から三洋電機が培ってきた次亜塩素酸技術に、パナソニックのフィルター技術などを応用し、除菌や脱臭に特化した「業務用ジアイーノ」を2013年に発売。医療、教育、介護現場など広くご採用いただき、強力な除菌力と脱臭力でお客様から高い評価をいただいています。2017年には、コンパクトサイズの「一般家庭用ジアイーノ」を発売し、個人のウイルス対策やペットのニオイ対策としてもご使用いただいています。また、2019年11月に健康・養老に関心の高まっている中国でも「業務用ジアイーノ」を発売しました。

近年、病院や保育園・幼稚園、介護施設など多くの人が集まる空間では除菌対策が欠かせない取り組みとなっています。また介護施設などでは、除菌だけでなく、ニオイの除去も課題となっています。新製品は、自動給水機能と塩タブレット自動投入機能を搭載することにより、従来必要であった毎日の水補給と塩タブレット投入の手間をなくすとともに、排水タンクを大きくすることで排水の頻度を低減。日常メンテナンスの頻度を、毎日から1ヶ月に1度と大幅に削減することができました。医療機関や保育施設、介護施設などでさらに便利にご利用いただけます。また、設置空間で効率的に除菌・脱臭効果が得られるよう次亜塩素酸濃度シミュレーションを実施。適切な設置台数・位置を室内環境に合わせて提案する「配置提案サービス」を新たに無償で提供します。
当社は、菌・ウイルス・ニオイに不安や不満を持つ方の安心かつ快適な空気環境づくりに貢献します。

<特長>

1. 自動給水&塩タブレット自動投入により、毎日のメンテナンスを1ヶ月に1度に大幅削減(※1)

2. 次亜塩素酸の力で除菌(※2)/ウイルス抑制(※3)&洗浄脱臭

3. 次亜塩素酸濃度シミュレーションによる配置提案サービスを無償で提供

  • ※1:排水タンク、除菌フィルター、防カビユニットなどの清掃と塩タブレットの補充は1ヶ月に1度必要

【お問い合わせ先】

ライフソリューションズ社 マーケティング本部 商品営業企画部 電気・設備商品政策部
電話:03-6218-1131(大代表)受付(平日のみ)9:00-17:30

【特長】

(1)自動給水&塩タブレット自動投入により、毎日のメンテナンスを1ヶ月に1度に大幅削減(※1)

医療機関や介護施設など従来の業務用「ジアイーノ」利用者より、除菌・脱臭の効果に満足している一方で、給水・排水・塩タブレット投入など毎日行うメンテナンスの軽減を求める声がありました。新製品では、本体に水道配管を接続する構造とし、自動給水機能を搭載することで、従来タンクで運んでいた水の補給も不要になり連続運転が可能になりました。また、塩タブレットの自動投入機能も搭載しており、メンテナンス作業は1ヶ月に1度、20分程度で済み、大幅に手間を削減しました。

塩タブレットが自動で水道水に落下
水道直結使用イメージ

(2)次亜塩素酸の力で除菌(※2)/ウイルス抑制(※3)&洗浄脱臭

本体内で生成された次亜塩素酸(電解水)を含侵した除菌フィルターに汚れた空気を通過させる空間浮遊物浄化技術で除菌・脱臭するだけでなく、揮発した次亜塩素酸が付着した菌・ウイルスに効果を発揮する揮発・拡散技術の基本機能はそのまま採用し、高い除菌・脱臭効果(※4)を発揮します。

次亜塩素酸の力で除菌/ウイルス抑制&洗浄脱臭

  • ※2:<浮遊菌>
    【試験機関】(一財)北里環境科学センター
    【試験方法】25 m3の試験空間で浮遊菌数の変化を測定
    【除菌の方法】F-JCT30を強ノッチで運転
    【試験対象】浮遊した菌
    【試験結果】25分後に99%抑制を確認
    【試験番号】北生発2019_0370号
    <付着菌>
    【試験機関】(一財)北里環境科学センター
    【試験方法】25 m3の試験空間で付着菌数の変化を測定
    【除菌の方法】F-JCT30を強ノッチで運転
    【試験対象】付着した菌
    【試験結果】230分後に99%抑制を確認
    【試験番号】北生発2019_0371号
  • ※3:<浮遊ウイルス>
    【試験機関】(一財)北里環境科学センター
    【試験方法】25 m3の試験空間で浮遊ウイルス数の変化を測定
    【抑制の方法】F-JCT30を強ノッチで運転
    【試験対象】浮遊したウイルス
    【試験結果】14分後に99%抑制を確認
    【試験番号】北生発2019_1370号
    <付着ウイルス>
    【試験機関】(一財)北里環境科学センター
    【試験方法】23 m3の試験空間で付着ウイルス数の変化を測定
    【抑制の方法】F-JCT30を強ノッチで運転
    【試験対象】付着したウイルス
    【試験結果】110分後に99%抑制を確認
    【試験番号】北生発2019_0398号
  • ※4:【試験機関】パナソニック エコシステムズ株式会社
    【試験方法】6畳試験室において一定濃度の臭い成分で満たし、ガス検知管法にて検証
    【脱臭の方法】F-JCT30を強ノッチで運転
    【脱臭の対象】室内空気
    【試験結果】60分で約87%減少(対初期濃度)、60分で約72%減少(対自然減衰)

(3)次亜塩素酸濃度シミュレーションによる配置提案サービスを提供

ジアイーノの台数・設置場所を室内環境に合わせて提案する「配置提案サービス」を新たに提供します。設計図面、換気設計の情報を基に気流と次亜塩素酸濃度のシミュレーションを行い、当社が従来から実施している換気設計サービスと合わせて提供し、より優れた室内空気環境実現を支援します。

【仕様一覧】

品番F-JCT30
ホワイト
適用床面積の目安~26畳(~43 m2
外形寸法(高さ×幅×奥行)約847×398×350(+背面凸部20) mm
質量約17 kg(電動弁除く)
運転モード自動・強・中・静音
電解強度設定機能
塩タブレット自動投入

【ジアイーノの略史】

1987年次亜塩素酸生成技術を開発
2006年三洋電機 業務用ウイルスウォッシャー発売
2013年業務用空間除菌脱臭機24畳タイプ発売
2017年一般家庭用空間除菌脱臭機15畳タイプと10畳タイプ発売
2018年一般家庭用空間除菌脱臭機8畳タイプ発売
2019年一般家庭用空間除菌脱臭機18畳タイプと12畳タイプ発売
(塩タブレットの自動投入機能を搭載)
一般家庭用空間除菌脱臭機9畳タイプ発売
2019年業務用空間清浄機56畳タイプ発売

【ジアイーノ商品ラインアップ】

ジアイーノ商品ラインアップ

以上