2019年2月28日

「パナソニック環境ビジョン2050」
当社初のCO2ゼロ工場を、日欧2工場で実現

パナソニック株式会社は、パナソニック エコテクノロジーセンター株式会社(PETEC)とパナソニック エナジーベルギー株式会社(PECBE)において、2019年1月に、当社初のCO2ゼロ工場を実現しました。

当社は、環境経営における長期ビジョン「パナソニック環境ビジョン2050」を2017年6月に策定し、2050年に向けた環境経営の目指す方向を明確に定めて活動を推進しています。その活動の一つ、持続可能な社会を目指した事業推進の位置付けとして、工場の操業においてCO2を排出しない「CO2ゼロの工場づくり」をグローバルで目指して取り組んでいます。その取り組みの中で、このたび、パナソニックグループの家電リサイクル工場であるPETECと、乾電池工場であるPECBEにおいて、再生可能エネルギー発電設備の導入や、再生可能エネルギー由来電力の調達、さらには化石燃料由来CO2の排出をオフセットするクレジットの活用などにより、CO2ゼロ工場を日欧2工場で実現しました。

当社ではこれらの工場をCO2ゼロ工場の先行モデル工場とし、培った取り組みを今後は順次グローバルの工場に展開することで、「環境ビジョン2050」が目指す、持続可能な社会を目指したCO2を排出しないモノづくりを着実に推進してまいります。

なお、これらの工場では、以下の取り組みを実施しています。これらの取り組みによるCO2削減量は、両工場で約5,000トンになります。

■パナソニック エコテクノロジーセンター株式会社(PETEC)

1. 太陽光発電システムを導入(2009年導入、発電容量50 kWの太陽光パネルHIT™。2019年中に624 kWへ増設予定)

2. 全調達電力を100 %再生可能エネルギー由来電力へ切り替え(関西電力株式会社「水力ECOプラン」と、非化石証書を活用)

3. 化石燃料由来CO2の排出をオフセットするJ-クレジットを活用

今後は、省エネルギーの取り組み強化、地中熱など再生可能エネルギーの更なる活用や、化石燃料より排出されるCO2を吸収し分離・活用する技術の導入など、自社開発技術を活用した施策も推進してまいります。

■パナソニック エナジーベルギー株式会社(PECBE)

1. 工場敷地内に高さ100 mの風力発電システムを導入(2016年導入、発電容量2 MW)

2. 全調達電力を100 %再生可能エネルギー由来電力へ切り替え

3. 化石燃料使用ボイラーを省エネタイプに切り替え、使用時の化石燃料由来CO2の排出をオフセットするクレジットを活用

その他、より環境に配慮した工場を目指して、照明のLED化、電気自動車を社用車として採用、廃木材の工場内飲食スペース壁面への活用など、様々な活動に取り組んでいます。

  • ※CO2ゼロ工場:省エネ推進や再生可能エネルギー導入、クレジットの活用などにより、CO2排出を実質的にゼロとした工場

以上