コネクティッドソリューションズ社CMO山口有希子の「国際女性デー HAPPY WOMAN AWARD 2022 for SDGs」個人部門受賞について

2022年3月 8日

トピックス

パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社(社長 チーフ・エグゼクティブ・オフィサー 樋口 泰行)の常務、チーフ・マーケティング・オフィサーでDEI(Diversity, Equity and Inclusion)担当役員でもある山口有希子が、持続可能な社会づくりに貢献した個人と企業を表彰する「国際女性デー HAPPY WOMAN AWARD 2022 for SDGs」の個人部門で受賞、国連が「国際女性デー」として制定している2022年3月8日に、都内にて開催された授賞式に出席しました。
国際女性デーに表彰式を実施する「HAPPY WOMAN AWARD for SDGs」は、HAPPY WOMAN実行委員会が、国際女性デーを日本の新たな文化として定着させ、女性が輝く社会の実現とSDGs(持続可能な開発目標)の推進につなげる活動として2019年から毎年、開催してきたもので、持続可能な社会づくりに貢献し、自身もいきいきと輝き、さらなる活躍が期待できる個人や企業を表彰しています。

受賞に際し、山口は「このような賞を頂き、本当に驚いております。このような素敵な賞を贈ってくださったHAPPY WOMANに関係するすべての方々に心から感謝しています」とコメント。また「個人としての受賞ではありますが、パナソニックで一緒にDEI活動を推進しているCFOの西川さん、CHROの新家さん、そしてDEIチームの皆さん、そして強力な推進リーダーである社長の樋口さん、社内外の志を同じくする多くの仲間とともに進めてきた、すべての活動が認められて頂いた賞だと思っています。関係者の皆さんに本当に心から感謝します。これからも、2022年4月1日に発足する新会社 パナソニック コネクト株式会社(以下、パナソニック コネクト)のDEI推進活動を通じて、いろいろな方々とつながりながら、社会全体のDEIに貢献していきたいと思います。この度は本当にありがとうございました」と述べています。

パナソニック株式会社の持株会社化に伴い、2022年4月1日に発足するパナソニック コネクトは、長期的な視点での事業競争力強化のためにビジネス改革をこれまで以上に加速してまいります。特にカルチャー&マインド改革やDEI推進はそのビジネス改革を進めるベースになる重要なものとして注力していきます。引き続き、パナソニック コネクトは改革を継続し、B2Bのお客様に付加価値の高いソリューションをご提供し、サステナブルな社会づくりに貢献する企業体となることを目指してまいります。

発表年月
発表年月