三井不動産とパナソニックが顔認証技術を活用し、日本橋室町三井タワーで「複合機の個人認証」と「無人セルフレジ決済」の実証実験を実施

2021年5月25日

トピックス

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:菰田 正信、以下 三井不動産)とパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:片倉 達夫、以下 パナソニック)は、ウィズコロナ・ポストコロナ時代にも安心して働ける新時代のオフィスビルの実現に向けて、顔認証技術を活用したオフィスビル内でのDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進しています。

その一環として、2021年3月19日より、日本橋室町三井タワーで三井不動産社員を対象とした、顔認証による「複合機の個人認証」と「無人セルフレジ決済」の実証実験を実施しています。非接触やカードレスの利便性が働き方に与える影響を検証し、顔認証技術を活用した新たなサービスの実現に向けて検討をさらにすすめ、安心・安全かつ利便性の高いオフィス空間を提供してまいります。
■顔認証による「複合機の個人認証」と「無人セルフレジ決済」の実証実験について
1. 顔認証による「複合機の個人認証」
【実証実験概要】
執務室フロアにおいて設置されている複合機の一部とパナソニックの顔認証技術を活用した顔認証機を連携。従来の認証用の個人ICカードは使わず、個人認証を行います。
2. 顔認証による「無人セルフレジ決済」
【実証実験概要】
三井不動産グループカフェにおいて既設のセルフレジとパナソニックの顔認証技術を活用した決済端末を設置。これにより顔認証による手ぶらでの決済が可能となり、現運用の電子マネー決済と比べて決済操作における所要時間の短縮を目指します。
また、支払い内容の本人確認時にタッチレス操作パネルで操作を行うことで非接触かつセキュアな決済方法も検証しています。
■今後の両社の取り組みについて
三井不動産は、オフィスワーカーの利便性・生産性、施設セキュリティ、管理運営の付加価値向上などを目的としたICT技術の活用を推進しています。顔認証技術の活用については、2020年4月より日本橋室町三井タワーで顔認証入退セキュリティ&オフィス可視化システムKPASを本運用(※1)しており、今般「複合機の個人認証」と「無人セルフレジ決済」へ同技術の活用範囲を拡大しました。さらに、2022年8月末竣工(予定)の「東京ミッドタウン八重洲(※2)」では、ポストコロナ新時代のオフィスとして、顔認証をはじめとする最先端技術の導入により首都圏の大規模オフィス初となる「完全タッチレスオフィス」を実現します。

一方、パナソニックは、お客様の現場にある課題を可視化し、現場での対応の効率化をサポートする事業として2020年7月より「現場センシングソリューション」事業を推進しています。三井不動産のポストコロナ新時代の多様な働き方を実現させる最先端のオフィス創出の構想へは、タッチレスオフィスの実現に向けて、世界最高水準(※3)の顔認証技術含め様々なセンシング技術の活用をご提案します。

両社は、今後オフィスビル内でのDXをさらに推進しながら、安心・安全かつ利便性の高いオフィス空間の実現を目指してまいります。
※1 詳細は、2020/4/28 パナソニック プレスリリース
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2020/04/jn200428-1/jn200428-1.html)をご覧ください。

※2 詳細は、2021/4/8 三井不動産 プレスリリース
https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2021/0408/)をご覧ください。

※3 2017年4月28日に公開されたNIST公式の評価レポート(IJB-A Face Verification Challenge Performance Report、IJB -A Face Identification Challenge Performance Report)において世界最高水準の評価を得ており、引き続きNIST「FRVT 1:1」(2021年3月19日発行)の「Ongoing Face Recognition Vendor Test」においても、世界最高水準の評価結果を獲得しました。

発表年月
発表年月