【お知らせ】

Adobe Acrobat Readerの特定のバージョンに、一部のPDFが開けないバグが発生しております。PDFが開けない場合、お使いのAcrobat Readerを最新版へアップデートの上お試しください。

画像:松井一郎 大阪市長(左)とパナソニック コネクト 現場ソリューションカンパニー 山口和洋 西日本社社長(右)

印刷

2022年12月15日

  • 大阪市
  • パナソニック コネクト株式会社

企業・経営 / プレスリリース

大阪市とパナソニック コネクト、「スマートシティの実現に向けた画像解析技術の利活用にかかる連携協定」を締結

~DXによる都市型スマートシティの実現で市民のQoL向上へ~

大阪市とパナソニック コネクト株式会社(以下パナソニック コネクト)は、「スマートシティの実現に向けた画像解析技術の利活用にかかる連携協定」を2022年12月15日(木曜日)に締結しました。

大阪市では、2025年大阪・関西万博の開催を見据え、先端技術の利便性を住民に実感してもらえるような取組みとして、「大阪スマートシティ戦略(令和2年3月策定)」を定め、行政のDX(デジタル・トランスフォーメーション)はもとより、企業や都市のDXの取組みを進めています。
*大阪モデルのスマートシティの実現に向けた取組みについて(https://www.pref.osaka.lg.jp/it-suishin/sc/index.html

このたび大阪市とパナソニック コネクトは、大阪モデルのスマートシティ実現に向けて、顔認証技術やAIカメラをはじめとする画像解析技術の利活用の可能性等を追求することを目的に、「スマートシティの実現に向けた画像解析技術の利活用にかかる連携協定」を締結しました。顔認証技術は、本人確認業務や入退セキュリティ、施設等の鍵の管理などの厳格化・省力化・利便性向上の観点、画像解析技術は、AIを活用した画像解析による事象の早期発見や業務効率化の観点で社会実装が進んでいます。パナソニック コネクトは、約40年以上社会に展開してきた画像解析技術と、その技術を基にした顔認証技術のイノベーションを推進することで、社会課題の解決や新しい価値の創造を目指しています。本協定の第一弾として、画像解析技術の可能性検証を目的とした、「OSAKA光のルネサンス2022」実施会場での人流検知・通過者カウントの共同実証実験を行います。

画像:大阪市「住民のQoL向上」を最大の目標に掲げた大阪スマートシティ戦略 × Panasonic CONNECT 現場から社会を動かし未来へつなぐ

<「スマートシティの実現に向けた画像解析技術の利活用にかかる連携協定」概要>

〇主な連携内容

  • スマートシティの実現に向けた画像認識技術の用途に関する調査研究及びデータ利活用のあり方についての調査研究
  • 取得したデータの適切な取り扱いの検討
  • その他両者が必要と認める事項に関すること

〇協定締結日
2022年12月15日(木曜日)

<「OSAKA光のルネサンス2022」実証実験 概要>

パナソニック コネクトのAIを活用した画像解析技術により、特定エリアにおける群衆の移動方向と移動量、および人の密集度合を可視化。データを活用したイベント開催時における賑わいの効果測定などの可能性を検討します。

画像:光のルネサンス ロゴ
画像:光のルネサンス イメージ

日時:2022年12月16日(金曜日)、17日(土曜日) ※雨天の場合は18日(日曜日)、19日(月曜日)予定
場所:中之島イルミネーションストリート

画像:地図:中之島イルミネーションストリート位置

検証内容:

  • イベント開催時における時間毎の混雑状況把握・検証
  • 一方通行の解除後の流れの把握・検証
  • イベントの賑わい効果等の把握・検証
  • 特定エリア内の密集度合を把握し事前の事故防止の可能性の追求

イベント公式サイト:https://www.hikari-kyoen.com/renaissance/

<今後の取組み>

今後、大阪市とパナソニック コネクトは、顔認証・画像解析技術を活用した住民へのサービス向上並びに市役所の業務DX、まちづくりへの活用の実現に向けて大阪市役所庁舎内(デジタル統括室執務室)をフィールドとした実証等を検討していきます。

【参考】

■パナソニック コネクトの混雑状況可視化アプリケーションについて

イベント会場や施設などの混雑状況をリアルタイムに把握できるため、混雑回避策のサポートや、イベント実施後の賑わいの効果検証、町空間の回遊性把握による都市計画に活用いただけます。具体的には、カメラの画像を解析し、エリア内の人数・混雑度をリアルタイムで計測します。計測結果をダッシュボードでわかりやすく表示、さらにWeb-APIでお客様のシステムとの連携も容易です。

▼混雑状況可視化アプリケーションについて
https://connect.panasonic.com/jp-ja/products-services_crowdedvisualization

■パナソニック コネクトの顔認証技術について

パナソニック コネクトの顔認証は、40年以上に渡るカメラの画像処理で培った画像を鮮明にする技術と、顔の特徴を学習するディープラーニング技術の応用により、NIST(米国国立標準技術研究所)の顔認証ベンチマークテスト(NIST FRVT 1:1)において、世界1位※1評価を獲得しました。
顔の向きや経年変化、メガネ・マスクなどにも影響されにくく、快適にご利用いただけます。これまでにも空港での厳格かつ円滑な本人確認や、アミューズメントパークでのチケットレス入退場、店舗でのキャッシュレス決済、オフィスでのICカードレス入退室などで、顔認証技術を応用したシステムを展開してきており、1日10万回超の固有の顔認証を達成してきました(パナソニック コネクト調べ)。今後も、世界最高水準の顔認証技術と、現場での使いやすさを追求し、お客様との実証実験を重ねて実現したUXデザインとの融合により、さまざまな現場を安心・安全かつ効率化することに貢献してまいります。

※1 2022年11月6日のNIST(FRVT 1:1)経年変化評価において、Mugshot(人種・経年変化を含む正面顔データ、他人受入率:10万分の1)で世界1位を獲得しました。同時にBorder(顔向き・照明変動を含むデータ、他人受入率:10万分の1)で世界4位、KIOSK(下向き・見切れデータ、他人受入率:10万分の1)でも世界5位にランクインするなど世界最高水準の評価結果を得ております。

▼パナソニック コネクトの顔認証ソリューション
https://connect.panasonic.com/jp-ja/solutions/facial-recognition

▼パナソニック コネクトの現場センシングソリューション
https://connect.panasonic.com/jp-ja/gemba-sensing

■パナソニック コネクト株式会社について

パナソニック コネクト株式会社は2022年4月1日、パナソニックグループの事業会社制への移行に伴い発足した、B2Bソリューションの中核を担う事業会社です。グローバルで約28,500名の従業員を擁し、売上高は9,249億円※2を計上しています。「現場から 社会を動かし 未来へつなぐ」をパーパス(企業としての存在意義)として掲げ、製造業100年の知見とソフトウェアを組み合わせたソリューションや高度に差別化されたハードウェアの提供を通じて、サプライチェーン、公共サービス、生活インフラ、エンターテインメント分野のお客様をつなぎ、「現場」をイノベートすることに取り組んでいます。また、人と自然が共存できる豊かな社会・地球の「サステナビリティ」と、一人ひとりが生きがいを感じ、安心安全で幸せに暮らすことができる「ウェルビーイング」の実現を目指しています。

※2 旧パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社の2021年度売上高

▼パナソニック コネクト株式会社 ホームページ
https://connect.panasonic.com

▼パナソニック コネクトnewsroom
https://connect.panasonic.com/jp-ja/newsroom

記事の内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

配信元:
パナソニック コネクト株式会社
カテゴリ:

画像ダウンロード

松井一郎 大阪市長(左)とパナソニック コネクト 現場ソリューションカンパニー 山口和洋 西日本社社長(右)

注目ニュース