【お知らせ】

Adobe Acrobat Readerの特定のバージョンに、一部のPDFが開けないバグが発生しております。PDFが開けない場合、お使いのAcrobat Readerを最新版へアップデートの上お試しください。

画像:everiwa Charger Shareロゴ

印刷

2022年10月24日

製品・サービス / プレスリリース

業界を越えた連携で新たな価値を創造

EV充電インフラのシェアリングサービス「everiwa Charger Share」を開始

新たに設立するコミュニティ「everiwa」を通じてカーボンニュートラルに挑戦

パナソニック株式会社 エレクトリックワークス社は、EV(電気自動車)普及のボトルネックとなっている基礎充電インフラの整備を目指し、EVチャージャーのシェアリングサービス「everiwa Charger Share」(エブリワ.チャージャー.シェア)を11月29日より開始し、EVチャージャーを設置するホストの募集を開始します。また、企業・地域・生活者など、あらゆるつながりを通じてカーボンニュートラルを実現する新しいコミュニティ「everiwa(エブリワ)」を設立し、本サービスの発展・普及と、カーボンニュートラル実現に向けたさらなる価値創造を目指します。

画像:everiwa

「everiwa Charger Share」は、EV 普及によるカーボンニュートラル推進を目指す上でボトルネックとなっている、基礎充電インフラを整備するため、EVチャージャーを設置する「ホスト」とEVユーザーを繋ぐシェアリングプラットフォームを提供するサービスです。

本サービスは、株式会社みずほ銀行(以下「みずほ銀行」)と共同開発した「everiwa wallet」を決済システムとし、損害保険ジャパン株式会社(以下「損保ジャパン」)と共同開発したシェアリング保険を取り入れたことで、手軽で安心・安全なシェアリングサービスを実現。

さらに、業種や領域を越えた共創を通じて、本サービスの発展・普及と、カーボンニュートラル実現に向けたさらなる価値創造を目指して、新たなコミュニティ「everiwa」を設立。「豊かな地球を守り、次の世代のくらしの豊かさをつむぐ」をビジョンに掲げ、さまざまな産業を担う企業・団体と共創しながら、新たな価値の創造を目指します。あらゆる企業・地域・生活者の想いとエネルギーをつなぎ、社会を動かす力に変えることで社会や地域経済の発展に貢献。企業は「競争」から「共創」へ、人々は「所有」から「共有」へ、新たな価値を生み出し、カーボンニュートラルの実現に向けて誰もが協働できる関係づくりを目指します。

コミュニティの設立メンバーとして、みずほ銀行、損保ジャパン、NPO法人NELIS(ネリス、以下「NELIS」)に参画いただきます。今後、本コミュニティのビジョン実現に向けて、さらに多くの企業・団体との共創を進め、新たな価値の創造に挑戦します。

<特長>

1. EV 充電を便利にするシェアリングサービス「everiwa Charger Share」を11月29日開始

2. あらゆる企業・地域・生活者をつなぎ、新たな価値を共創するコミュニティ「everiwa」を設立

3. コミュニティ設立メンバーにみずほ銀行、損保ジャパン、NELISが参画し、業界を越えた価値創造に挑戦

【everiwa公式ホームページ】https://www2.panasonic.biz/jp/everiwa/

【お問い合わせ先】

エレクトリックワークス社 新規事業推進室 電話:06-6908-1131(代表 受付 9:00~17:30)
お問い合わせフォーム:everiwa公式ホームページよりお問い合わせください

【特長】

1. EV 充電を便利にするシェアリングサービス「everiwa Charger Share」を11月29日開始

「everiwa Charger Share」は、EVチャージャーのホストとEVユーザーをつなぐシェアリングサービスです。EV 普及によるカーボンニュートラル推進を目指し、ボトルネックである基礎充電インフラの整備に貢献します。
ホストは、アプリで簡単な登録を行い、設置したEVチャージャーに2次元コードのステッカーを貼り付けるだけで、特別なハードウェアや追加工事なしに充電スポットを設置できます。充電料金や予約枠を自由に設定できるため、目的に応じて柔軟に、空いている駐車スペースの有効活用や集客、利用者・住民の利便性向上などに活用いただけます。
EVユーザーは、アプリのマップから検索し、予約することで待ち時間なく簡単に充電スポットを確保できます。
また、本サービスはみずほ銀行と共同開発した「everiwa wallet」を導入したことで、サービス利用時の決済のシンプル化を実現。さらに、損保ジャパンと共同開発した専用シェアリング保険により、充電サービス利用時に発生する各種トラブルに対する補償を用意しました。便利で、安心・安全な充電インフラを整備することで、EVの普及を促進し、カーボンニュートラルの実現に貢献します。2022年11月29日にサービスを開始し、ホストの募集を開始。2023年春にはユーザー向けのサービス開始を予定しています。

画像:everiwa Charger Shareのイメージ

2. あらゆる企業・地域・生活者をつなぎ、新たな価値を共創するコミュニティを設立

充電インフラの整備を切り口に、カーボンニュートラルの実現を目指した新しいライフスタイル、ビジネススタイルを模索し広めていくために、あらゆる企業・地域・生活者をつなぎ、共創を通じた新たな価値の創造を目指すコミュニティ、everiwaを設立します。社会が高度化・多様化し、カーボンニュートラルへの対応が差し迫った社会課題となるなかで、本コミュニティは様々な企業・団体が共創することで新たな価値の提案を目指します。理念に賛同してご協力いただく皆様と、実際にサービスを利用し、環境に配慮した持続可能なライフスタイルを実践していただけるユーザーの皆様へと共創の輪を広げていくことで、everiwa Charger Shareのさらなる発展・普及と、カーボンニュートラルの実現に向けた新たな価値の創造を進めていきます。

画像:everiwaが実現すること

3. コミュニティ設立メンバーにみずほ銀行、損保ジャパン、NELISが参画し、業界を越えた価値創造に挑戦

「everiwa」は、様々な企業・団体が集まり、新たな価値を創造するコミュニティとして、共創の輪を広げていくことを目指しています。コミュニティはeveriwaのビジョンを共有し、everiwaをともに発展させるパートナー「エバンジェリスト」、everiwaのサービス運用を通じて、環境貢献と豊かな社会の実現を目指す「サービスパートナー」、everiwaのサービスを利用し、環境に配慮した持続可能なライフスタイルを実践していただける「ユーザー」の皆様によって構成されます。
設立時点ではみずほ銀行、損保ジャパン、NELISにエバンジェリストとして参画いただいております。
コミュニティの活動として、11月29日より「everiwa Charger Share」のサービスを開始し、EVチャージャーを設置いただく「ホスト」の募集を開始。サービス開始に向けて、エバンジェリストと、本サービスのサービスパートナーになっていただける企業・団体を募集します。今後、さらに多くのパートナーに参画いただき、「everiwa Charger Share」の発展・普及や、everiwaのさらなる広がりを目指します。

画像:コミュニティを推進する3つのパートナーカテゴリー

コミュニティ名称

everiwa (エブリワ)

設立日

2022年10月24日

目的

everiwa Charger Share の運用を通じたEV基礎充電インフラの整備を切り口に、共創を通じてカーボンニュートラル実現に向けた新たな価値を創造

設立メンバー

みずほ銀行、損保ジャパン、NELIS

サービス名

everiwa Charger Share (エブリワ.チャージャー.シェア)

サービス内容

EVチャージャーのシェアリングプラットフォーム

サービス開始日

ホスト(EVチャージャーオーナー)募集開始:2022年11月29日
ユーザー(EVユーザー)向けサービス開始:2023年春

料金体系

ホストが自由に充電価格を設定し、ユーザーが支払った金額からプラットフォーム利用料を差し引いた金額をホストにお支払い
決済はeveriwa walletで完結

※「everiwa」「everiwa wallet」「everiwa Charger Share」はパナソニック ホールディングス株式会社の商標です。

記事の内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

配信元:
パナソニック株式会社

画像ダウンロード

everiwaロゴ
everiwa Charger Shareロゴ
everiwa walletロゴ

注目ニュース