【お知らせ】

Adobe Acrobat Readerの特定のバージョンに、一部のPDFが開けないバグが発生しております。PDFが開けない場合、お使いのAcrobat Readerを最新版へアップデートの上お試しください。

画像:連携協定書締結式

印刷

2022年10月20日

  • 石川県小松市
  • パナソニック株式会社

企業・経営 / プレスリリース

小松市とパナソニックがSDGsの推進とごみ減量化に関する連携協定を締結

石川県小松市(以下、小松市)とパナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、小松市が平成27(2015)年10月に制定した「小松市都市デザイン」に定めている「ひとに まちに 地球にやさしいまちづくり」の達成に向け、「SDGsの推進とごみ減量化」を目的に共同で取り組んでいくことで合意し、協定を締結しました。これに基づき、小松市において、家庭から排出される生ごみ削減を目的とした、生ごみ処理機を用いた減量化に関する共同実証実験を行います。

小松市は、令和3(2021)年8月にゼロカーボンシティ宣言を行っており、CO2排出量の削減のため、可燃ごみ量を令和12(2030)年までに平成20(2008)年度と比べて33%削減すること(2021年度実績△22.3%)、年間の一般廃棄物量に占めるリサイクル率を2030年に30%まで向上させること(2021年度実績23.7%)を目標に、ごみの減量化、リサイクル率の向上を推進しています。

パナソニックグループは、自社の事業に伴うCO2排出量の削減と、社会におけるCO2排出量の削減に対する貢献を「Panasonic GREEN IMPACT」と名付け、「より良いくらし」と「持続可能な地球環境」の両立に向け、独自の目標を掲げて取り組んでいます。

今回、実証に用いる生ごみ処理機は、生ごみの体積を約5分の1まで減量化できるため、焼却施設や焼却灰処理によって発生するCO2排出量の削減にも貢献可能です。

今後、小松市とパナソニックは、共同実証実験を通じて、市のごみ減量化の目標値や行動計画に住民一人ひとりが関心を持ち、ごみをなるべく排出しないライフスタイルの実践につなげていきます。

【共同実証での検証内容】

・生ごみ処理機を用いた生ごみの減量化
・CO2排出量の削減効果

【各主体の役割】

小松市
・実証実験の実施およびデータ提供
・市民モニターの公募、モニターへの生ごみ処理機の貸与及びアンケート調査の実施
・市の関連媒体を利用した広報等での情報発信

パナソニック
・生ごみ処理機の提供
・本プロジェクトのトータルサポート
・地域が抱える課題の検証と解決に向けた具体的な取り組み推進

記事の内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

配信元:
パナソニック株式会社
カテゴリ:

画像ダウンロード

連携協定書締結式

注目ニュース