2022年4月21日

インド南部で配線器具新工場が完成し稼働開始

画像:スリシティ工場

パナソニック ライフソリューションズ インド株式会社(本社:インド共和国 マハラシュトラ州 タネ)は、インド南部のスリシティ工業団地(アンドラ・プラデーシュ州)に建設していた工場を4月より稼働開始しました。
インド国内で4カ所目の電設資材(配線器具、電線、ブレーカなど)の工場となり、初年度は配線器具8000万個の生産を計画、また2025年までに年間2億個の生産を目指します。

近年、インドでは経済が飛躍的に拡大し、GDPは2030年まで年率6%で成長すると見込まれています。それに伴い、オフィスビル、マンション、住宅などの建設が相次ぎ、スイッチ、コンセントなど配線器具をはじめ、電設資材の需要が高まっています。
当社はインド国内の電設資材の生産拠点として、北部にハリドア工場、西部にダマン工場、カッチ工場を保有していますが、インド南部でも2019年度末より約46億円を投じてスリシティ工場の建設を進めていました。当工場では、インドの中間層向け商品を生産し旺盛な需要に対応、販売拡大を目指します。さらに2025年までに、電路機器やIAQ機器など他の商品についても順次生産を開始する予定です。

当社は、これまで培った技術やノウハウをもとに、快適、安心・安全、豊かなライフスタイルを実現する電設資材・設備を、グローバルに提供していきます。

  • ※:世帯所得 5,000 USD/年 ~ 35,000 USD/年

■新工場概要

  • 【名称】スリシティ工場
  • 【生産品目】配線器具、電線、ブレーカ、ファンなど
  • 【所在地】インド共和国 アンドラ・プラデーシュ州 スリシティ工業団地
  • 【生産開始】2022年4月
  • 【土地面積】133,584平米
  • 【建物延床面積】37,025平米
  • 【従業員数】約610名(2022年度)
  • 【生産能力】8,000万個(2022年度)

【ご参考】

■パナソニック ライフソリューションズ インド株式会社の概要

  • 【社名】Panasonic Life Solutions India Private, Limited.
  • 【本社所在地】インド共和国 マハラシュトラ州 タネ
  • 【設立】1963年
  • 【代表者】矢尾和基
  • 【拠点数】インド共和国 国内37拠点
  • 【事業内容】配線器具、ブレーカ、電線、照明器具、ランプ、ファンなどの製造・販売
  • 【従業員数】9,291名(2021年3月末現在)
  • 【売上高】393億ルピー(約566億円)(2021年3月期)
  • 【資本金】44.3億ルピー(約64億円)(2021年3月末現在)

以上