2022年3月22日

令和3年度(第68回)大河内賞 大河内記念生産特賞を受賞

パナソニック株式会社は、「導電性高分子を採用したデジタルインフラ向け高性能アルミ二ウム固体電解コンデンサの開発」で「令和3年度(第68回)大河内賞 大河内記念生産特賞」を受賞、本日、日本工業倶楽部会館にて贈賞式が行われました。受賞内容は下記のとおりです。

【受賞内容】

  • テーマ:導電性高分子を採用したデジタルインフラ向け高性能アルミ二ウム固体電解コンデンサの開発
  • 受賞者:パナソニック株式会社

【開発の背景】

近年、通信速度の高速化やサーバーのデータ量の増加に伴い、基地局やサーバーに搭載されるCPUの消費電流が増加、周辺に搭載されるコンデンサに対して、大容量化に加え、高温耐性・長寿命への要求が年々高まっています。
導電性高分子を用いたアルミ電解コンデンサは、1990年に商品化されて以来、高性能化と製造プロセスの革新を進めることによって、電圧印加時及び温度変化に対する容量値の優れた安定性、さらに小型大容量、及び低抵抗な特性を確保することで、高温耐性・長寿命を実現させ、上記のニーズに応える製品として幅広く用いられています。

【開発技術の特長と成果】

電極となる導電性高分子薄膜を、環境負荷が低い独自の重合材料で形成することにより、高温耐性・長寿命を実現する手法を確立しました。また、アルミ薄膜の加工から最終製品まで一貫した独自生産プロセスにより、各工程の最適化と標準化を進めることで、高性能の製品を低コスト・高品質で生産できる生産方式を構築しました。
アルミ表面の粗面化や抵抗低減のための導電性高分子膜などの要素技術、また、自主開発による独自の生産方式により、高い生産実績と、他社の追随を許さない高い競争力をグローバル規模で獲得しました。

【パナソニックの取り組み】

今後、基地局やサーバーなどのデジタルインフラ市場において、高温環境下でのコンデンサの需要の高まりが想定されます。当社は、電圧印加時及び温度変化に対する容量値の安定性に優れた、高温耐久性・長寿命のコンデンサの開発を進め、当社独自の生産方式により高い競争力を維持しながら、グローバルな情報化社会の発展に貢献します。

(参考)
「大河内賞」について:公益財団法人 大河内記念会により、生産工学、生産技術、生産システムの研究並びに実施等に関するわが国の業績で、学術の進歩と産業の発展に大きく貢献した顕著な業績に対しその功績を讃えるもの。その中で、大河内記念生産特賞は、生産工学上の優れた独創的研究によりあげられた産業上の特に顕著な業績を讃える賞。

【商品の問い合わせ先】

パナソニック株式会社 インダストリー社 デバイスソリューション事業部
https://industrial.panasonic.com/cuif/jp/contact-us?field_contact_group=2152&field_contact_lineup=737&ad=press20220322

【商品の詳細情報】

導電性高分子アルミ電解コンデンサ(SP-Cap)
https://industrial.panasonic.com/jp/products/pt/sp-cap?ad=press20220322

以上