2022年3月18日

兵庫県三田市における安全運転支援実証および
見守り支援実証の実施について

パナソニック サイクルテック株式会社と関西電力送配電株式会社(以下、関西送配電)を含む12社は共同で、2022年4月18日から22日の期間内に、三田市において、安全運転支援実証および見守り支援実証を実施いたします。

安全運転支援実証については、バスが死角により歩行者等の動向が確認しづらい交差点を走行する際に、電柱を活用した「路車間通信※1」および自転車との「車車間通信※2」による安全運転支援の有効性を確認するものです。
具体的には、交差点周辺の電柱や自転車に設置した情報通信機器が、死角からの歩行者や自転車の速度や位置などの情報を検出し、事故の危険性がある場合に、バスの運転者等に注意喚起することで、安全運転を支援します。

また、見守り支援実証については、電柱に設置したBluetooth®※3受信機にて歩行者や自転車ユーザーの見守りや運動促進を図るものです。
具体的には、Bluetooth端末が搭載されたシューズや自転車をモニターへ貸与し、Bluetooth受信機の設置された電柱付近を通過する際に、通過時刻や歩数に関するデータを取得し、居場所履歴による見守りや運動促進を支援します。

今回の実証では、バスの挙動情報や運転者、モニターへのアンケート等も活用することで、実証の有効性を確認する予定です。

関西送配電を含む12社は、引き続き安全運転の支援や見守り支援、さらには将来のより良い社会の実現を目指した技術検証に取り組み、社会の幅広い課題解決に貢献してまいります。

  • ※1:各種走行支援のために道路に設置された通信設備と車両との間で行われる双方向通信のことです。
  • ※2:各種走行支援のために車両同士で行われる双方向通信のことです。
  • ※3:Bluetooth®ワードマークおよびロゴは登録商標であり、Bluetooth SIG, Inc.が所有権を有します。

実証概要については以下、PDFファイルへのリンクよりご覧ください。

以上