2021年4月28日

「光害対策型 道路灯(高出力タイプ)」が
「星空に優しい照明」の認証を取得
岡山県県道等に採用

新たにIDA認証を取得したLED道路灯、美星町内の県道に設置された道路灯(Before 上方光あり/After 上方光なし)、「星空に優しい照明」(手前)と白色LED防犯灯(奥)比較写真、「星空に優しい照明」(IDA認証防犯灯)

パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社の光害対策型 道路灯(高出力タイプ)が新たに国際ダークスカイ協会(以下、IDA)による「星空に優しい照明(Dark Sky Friendly Lighting)」の認証を取得しました。またこの道路灯7台が、「星空保護区」の認定を目指す岡山県井原市美星町内の県道沿い等に採用され、3月中旬に取り換えられました。その後、2021年4月28日に、岡山県井原市は「星空保護区」の申請手続きを完了し、2021年秋頃の「星空保護区」の認定を目指されています。

「美星町観光協会」からの要望で開発した当社製の光害対策型のLED防犯灯・LED道路灯は、2020年1月に国内で初めて(※1)「星空に優しい照明」に認証されています。今回、県道等に設置するため、光害対策型の道路灯 高出力タイプの開発要望があり、それに応じて幅広い明るさタイプを品ぞろえする道路灯「VARDEE+(バーディプラス)」を改良し、追加で「星空に優しい照明」の認証を取得しました。

「星空に優しい照明」の認証は、光害問題に取り組む米国のNPO団体であるIDAが認証するもので、主に、グレア(眩しさ)を必要最小限に抑えつつ、星空を見えにくくする上方への光の漏れが一切ないこと(上方光束比0%)、青色光が少ない電球色となる3000K(ケルビン)以下の色温度であることが求められます。本製品は、上方への光の漏れを抑制した上方光束比0%で、色温度は2700Kです。

当社は、既に美星町観光協会に2020年9月「IDA認証防犯灯」を納品し、2021年3月中旬には美星町内約400台の防犯灯の取り換え工事が完了しています。その後、さらに井原市美星支所、美星公民館、美星幼稚園・小学校・中学校、星の郷観光センターなど美星町内の公共施設67ケ所の屋外照明器具約340台も光害の少ないものに交換されました(うち48台はIDA認証防犯灯)。その後、岡山県井原市は2021年4月28日に「星空保護区」の申請手続きを完了し、2021年秋頃の認定を目指されています。認定されれば、「星空保護区」としては日本で3番目、「星空保護区」コミュニティ部門としてはアジア初(※2)となる見込みです。

当社は、3000K以下の色温度による温かみのある光で、落ち着いた夜の景観を演出し、人の暮らしと星空が共存するまちづくりへ貢献していきます。

<特長>

1. 国際ダークスカイ協会「星空に優しい照明」の認証を取得した道路灯

2. 上方への光漏れを抑制した上方光束比0%

3. 2700K(3000K以下)の色温度を採用し、落ち着きのある景観を演出

  • ※1:国内メーカーにおけるIDA認証器具として(2020年1月に認証を取得 国際ダークスカイ協会 東京支部調べ)
  • ※2:アジア地区におけるIDA「星空保護区」(コミュニティ部門)として(2021年4月28日現在 国際ダークスカイ協会 東京支部調べ)

【お問い合わせ先】

照明と住まいの設備・建材
お客様ご相談センター 0120-878-709(受付9:00~18:00)

ライフソリューションズ社 ライティング事業部 プロフェッショナルライティング機器BU 営業企画グループ 屋外企画課
電話:06-6908-1131(代表受付 9:00~17:30)

<ご参考>

国際ダークスカイ協会(The International Dark-Sky Association)

光害問題に対する取り組みで、世界的に先導的な役割を担う組織。
1988年に設立され、アリゾナ州ツーソンにある本部と、世界18ヵ国の60以上の支部を有するNPO団体。
天文関係者を中心に、照明技術者、環境学者、教育者、法律家などで構成される。
具体的には光害に関する様々な活動(フィールド調査、星空保護区認定制度、条例制定支援、
啓発キャンペーン等)を行っている。
日本では東京支部が存在し、代表を越智信彰氏(東洋大学)が務める。
国際ダークスカイ協会:https://www.darksky.org/ 東京支部:https://idatokyo.org/

国際ダークスカイ協会ロゴ

以上