2021年3月30日

戸建用 本州寒冷地向け家庭用燃料電池「エネファーム」新製品を発売

戸建用 本州寒冷地向け家庭用燃料電池「エネファーム」

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、セルラー方式のLPWA(Low Power Wide Area)通信機能※1を標準搭載し、寒冷地向けモデルとして業界最高※2の総合効率100%※3を達成した家庭用燃料電池「エネファーム※4」(以下、エネファーム)の戸建用 本州寒冷地向け新製品(LPガス用)を開発し※5、2021年10月1日より順次発売します※6

本製品は、2021年4月発売の戸建て住宅向けエネファームをベースとし、凍結予防仕様の強化によって設置環境温度下限-15℃の寒冷地でも使用可能としたモデルです。さらに、各補器の制御動作の改良により設置可能な標高を従来の700 mから800 mに引き上げました。その結果、約2割※7、設置可能世帯数の増加が見込まれるなど、これまで標高の関係で使用できなかった地域でも、エネファームの設置が可能となります。

また、ベースモデルと同様、株式会社ウェザーニューズが提供する「停電リスク予測API※8」を受信すると自動的に発電モードを切り替えて停電に備え※9、停電発生時には最長で8日間発電を継続するほか、ハイブリッド蓄電システムとの連携により停電時でもリビングやキッチンなど、あらかじめ指定した屋内空間への電力供給が可能になるなど、お客様ニーズが高まる「もしもの時の備え」としてのレジリエンス機能を、寒冷地向けモデルにも搭載しました。

さらに、LPWA通信機能を活用して特別なネットワーク設定を行わなくても機器の遠隔監視を実現。例えば、営業拠点から離れた地域や豪雪地帯に設置された機体の状態を現地確認しなくても把握できるようになるなど、保守点検の効率が格段に向上しました。

パナソニックは、本製品の普及拡大を通じてエネファームの設置可能地域を広げるとともに、常時クラウド接続による新たな価値を提供。カーボンニュートラルを見据えた持続可能な社会の実現に貢献していきます。

【仕様概要】

適用ガス種 LPガス
適用地域 本州
発売予定日 2021年10月1日
設置条件 設置環境温度 -15~40℃
設置可能高度 800 m
性能 発電出力 300~700 W
定格発電効率 LHV 39.0% HHV 35.9%
定格熱回収効率 LHV 61.0% HHV 56.2%
定格総合効率 LHV 100.0% HHV 92.1%
貯湯タンク容量 130 L
寸法 燃料電池ユニット 高さ1650 mm 幅400 mm 奥行350 mm
貯湯ユニット 高さ1650 mm 幅560 mm 奥行400 mm
バックアップ熱源機 高さ750 mm 幅480 mm 奥行250 mm
(強制排気方式(RF式))
質量 燃料電池ユニット 59 kg
貯湯ユニット 48 kg
バックアップ熱源機 38 kg
停電時発電出力 最大500 W
  • ※1:携帯電話の通信網を用いたLPWA規格の1つで、既存のLTE基地局をベースに全国エリアをカバーしているため、対応エリアが広域な通信方式です。LPWA通信によるネットワークサービス(停電そなえ発電の自動切り替え、おてんき連動、遠隔メンテナンス、スマートフォンアプリ)は、初期設定開始後10年間のご利用が可能です。
  • ※2:寒冷地向け家庭用燃料電池コージェネレーションシステムにおいて、2021年3月30日現在。
  • ※3:効率は全てLHV基準で表しています。LHV=燃料ガスを完全に燃焼させた時に生成する水蒸気の凝縮潜熱を差し引いた発熱量。
  • ※4:エネファームは、東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社、ENEOS株式会社の登録商標です。
  • ※5:開発にあたっては、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託業務の結果得られた成果を一部活用しています。
  • ※6:パナソニックは本製品を供給し、全国のLPG事業者などが、2021年10月1日以降順次発売する予定です。
  • ※7:標高の高い自治体が集中する長野県の住宅件数からパナソニックが算出。
  • ※8:停電リスク予測API:2021年2月3日発表プレスリリース https://jp.weathernews.com/news/34258/
  • ※9:停電時の発電には、LPガスと水道が供給状態にあることが必要です。停電そなえ発電は停電時の発電を保証するものではありません。

本リリースの製品は開発中のものであり、仕様は予告なく変更される場合があります。

以上