2020年9月14日

業界初(※1)電線増設工事不要(※2)でスイッチをスマートフォンで操作可能に

配線器具「アドバンスシリーズ リンクプラス(※3)」など
品揃えを大幅に拡充

アプリを活用して設定時間を大幅に削減

アドバンスシリーズ リンクプラス、SO-STYLE

品名 アドバンスシリーズ リンクプラス(※3) SO-STYLE
品番 WTY2201Wなど計27品番 WNS57583Wなど計144品番
希望小売価格(税抜・工事費別) 8,100円~32,500円 390円~15,900円
発売日 2020年12月21日 2020年10月21日
販売目標 4.0億円/2020年度 1.0億円/2020年度

パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社は、スマートフォンやスマートスピーカーから家中の照明をコントロールできる配線器具(※4)「アドバンスシリーズ リンクプラス(※3)(以下リンクプラス)」と上質な空間に溶け込むシンプルなデザインの配線器具(※4)「SO-STYLE(ソー・スタイル)」の新製品をそれぞれ2020年12月21日(リンクプラス),2020年10月21日(SO-STYLE)に発売します。

「アドバンスシリーズ」はデザインや操作性にこだわり、新しいカタチに進化した配線器具(※4)です。一般的な住宅のスイッチは2本の電線が接続されています(2線式配線)。一方、スマートフォンで操作ができるIoT対応スイッチは、本体の電源を確保するためにさらに1本の電線が必要でした(3線式配線)。新製品「リンクプラス」は微弱な電流で本体の電源を確保できる技術開発に成功し、2線式配線が可能となりました。これにより既設のスイッチを「リンクプラス」へ取替えることで、照明器具のIoT化を容易に実現します。「リンクプラス」はスマートフォンと本体がBluetoothで直接つながり、Wi-Fi環境が無くても家中の照明器具をスマートフォンでON/OFF、調光することができます。さらに生活シーンに合わせて家中の照明を一括制御することで、快適な空間を提供します。電気工事会社が行う設定、登録作業をスマートフォンのアプリを活用することで、当社従来品で約70分かかっていた作業が約20分で完了します。これにより現場の設定にかかる作業時間を大幅に削減できます。

「SO-STYLE」は2020年1月に発売し、直線を基調としたシンプルなデザインとすることで配線器具(※4)の存在感を抑え、上質な空間との調和を実現します。新製品は表示機能付スイッチ、調光スイッチ、エアコン用コンセント、テレビコンセント等、新たに144品番を追加し、戸建住宅や中高級マンションでの採用を目指します。

当社は創業の製品である配線器具(※4)を中心に、最先端のIoT技術と先進デザインの製品を浸透させることで、快適で豊かなくらしの実現に貢献していきます。

<特長>

1.【リンクプラス】業界初(※1)電線増設工事不要(※2)でスイッチをスマートフォンで操作可能に

2.【リンクプラス】電気工事会社が行う設定、登録作業をアプリの活用で設定時間を大幅に削減(※5)

3.【SO-STYLE】戸建住宅や中高級マンション向けに新たに144品番をラインナップ

  • ※1:電気用品安全法に適合した壁埋込用スイッチ。片切スイッチの取替え時に電線の増設を伴わない。国内において、2020年9月14日現在、当社調べ。
  • ※2:既設スイッチと電線の取り外し、新設スイッチと電線の結線作業が必要。
  • ※3:スイッチが電波受信・送信機能を搭載し、無線アダプタや発信器とワイヤレスでつながる遠隔制御対応モデル。
  • ※4:照明などをON/OFFするスイッチやコンセント。
  • ※5:無線アダプタ1台、スイッチ20回路を登録設定にかかる時間。現行品は約70分。新製品は約20分。当社調べ。
  • ※6:JISC8303(配線用差込接続器)に準拠した壁埋込用コンセント。国内において、2020年9月14日現在、当社調べ。

【お問い合わせ先】

照明と住まいの設備・建材 お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-709(受付 9:00~18:00 365日)

【特長】アドバンスシリーズ リンクプラス(※3)

2020年12月21日発売

1. 業界初(※1)電線増設工事不要(※2)でスイッチをスマートフォンで操作可能に

■一般的なスイッチの取付工事で利用されている2線式配線を採用

業界初(※1)スイッチが微弱電流で無線通信をするための技術開発に成功。専用の電線は不要で既設のスイッチを「リンクプラス」へ取替えることで、照明器具のIoT化を容易に実現します。

アドバンスシリーズ現行品、取り換え可能リンクプラス 電線増設工事不要イメージ

■スマートフォンと本体が直接接続

スマートフォンと本体がBluetoothで直接つながり、Wi-Fi環境が無くても家中の照明器具をスマートフォンでON/OFF、調光することができます。さらに生活シーンに合わせて家中の照明を一括制御することで、快適な空間を提供します。

スマートフォンとアドバンスシリーズ リンクプラス本体 直接接続イメージ(宅内操作、宅外操作スマートスピーカー操作)

2. 電気工事会社が行う設定、登録作業をアプリの活用で設定時間を大幅に削減(※5)

設定、登録作業はスマートフォンのアプリを活用することで、当社従来品で約70分かかっていた作業が約20分で完了します。
これにより現場の設定にかかる作業時間を大幅に削減できます。

現行品 約70分⇒新製品 約20分 ※試算条件 無線アダプタ1台、20回路 ※画面は開発中です

アプリの活用で設定時間を大幅に削減イメージ(Step1 アプリとスイッチを登録名称設定、1台当たりの登録 約30秒、スマホとスイッチを1台ずつ登録、Step2 スイッチ間の通信確認、スイッチ間の通信を一括確認、Step3 無線アダプタの登録、Step4 発信器登録)

【特長】SO-STYLE

2020年12月21日発売

3. 戸建住宅や中高級マンション向けに新たに144品番をラインナップ

「ほたるスイッチ」、「パイロットスイッチ」、「ロングハンドルスイッチ」、「LED調光スイッチ」、
「保安灯」、マット仕上げのプレート・コンセントのラインナップを拡充します。

ほたるパイロット、ロングハンドル、LED調光、保安灯、センサ操作ユニット、トリプルコンセントテレビコンセント、接地極・アース付コンセント、15A・20A兼用コンセント

【その他特長】

■業界初 シボ加工を施したマット仕上げのコンセント(※6)

プレートとコンセントの組み合わせで均等な質感を実現
なめらかな丸みをもったシワ模様(シボ)をつけることで
傷がつきにくく汚れが取りやすい
シボ加工の断面形状イメージ(ミクロンレベルで形状管理)
従来品とマット仕上げコンセントの比較
マット仕上げ:光沢を出さないように仕上げること

■創造性を喚起する空間を創り出す 静音設計

スイッチの操作音は環境省が推奨するホテル室内環境レベルに合致し、くつろぎ空間に相応しいスイッチです。

SO-STYLE 騒音の目安(都心-近郊用)騒音レベルイメージ

  • 出典:全国環境研協議会 騒音調査小委員会
  • ※SO-STYLEの操作音は当社独自の試験条件で測定(RC壁越しのスイッチ操作音)

■設計者の意図に沿った シンプル・シャープなデザイン

存在感を抑え、空間に溶け込むためにディテールはシンプルに、建築の構成要素である「水平・垂直」で表現。
コンセント挿入口もシンプルなデザインを追求しています。

SO-STYLE デザインイメージ
SO-STYLE 座ぐり最小化イメージ

以上