2020年2月14日

レジリエンス・集合住宅対応機能を強化

「HOME IoT」の中核機器「AiSEG2」を機能強化

業界NO.1(※1)の連携機器数

「HOME IoT」の中核機器「AiSEG2」を機能強化

品名 AiSEG2(7型モニター機能付) AiSEG2
品番 MKN713 MKN704・MKN705
希望小売価格
(税抜・工事費別)
80,000円 40,000円
発売日 2020年3月24日
販売目標 40,000台/2020年度

パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社は、家庭内の様々な家電や住宅設備機器をインターネットにつなげて連携させる「HOME IoT」の中核機器「AiSEG2(アイセグ2)」のバージョンアップを行い、2020年3月24日に発売します。

今回のバージョンアップでは、業界初(※1)となる窓センサー送信器との連携により、窓の開閉だけでなく施解錠の状態確認が可能になります。スマートフォンでも確認でき、窓や鍵が開状態になるとプッシュでお知らせするので、外出中の気がかり解消に役立ちます。また、「AiSEG2」につながる機器数を従来の26社34機器から、業界トップクラス(※1)の28社、業界NO.1(※1)の37機器に拡大しました。

さらに業界初(※1)となる住宅用火災警報器(※2)との連携に加え、停電時に蓄電池を有効活用できる機能を実装(※2)します。火災や非常事態の発生に備えたレジリエンス機能を強化し、くらしに安心を提供します。またマンションインターホン「Clouge(クラウジュ)」(※3)連携や、照明スイッチ「アドバンスシリーズ(リンクモデル)」の無線アダプタ機能を内蔵(※2)することで省施工化と大幅なコストダウンを実現し、マンションのIoT化による価値向上へ貢献します。

なお、新機能は既にご使用中の「AiSEG2」でもインターネット経由でファームウェアをアップデートすることにより利用可能です。

当社は、IoTやAIなど最先端の技術と、これまで蓄積してきた配線器具や開閉センサー等の技術を融合した「HOME IoT」の中核機器「AiSEG2」を、戸建住宅、集合住宅へ浸透させることで、快適で豊かなくらしの実現に貢献していきます。

<特長>

1. 戸建住宅向けとして業界初 住宅用火災警報器(※2)、窓センサー送信器と連携し、レジリエンス機能を強化

2. 集合住宅向けとしてマンションHA(※3)、照明スイッチ(※2)(※4)と連携し、時短・便利の価値を向上

3. オープンプラットフォームにより業界NO.1(※1)の連携機器数を実現

  • ※1:HEMS機器(エネルギー計測かつ、ECHONET Lite規格に対応)。国内において、2020年2月14日現在、当社調べ。
  • ※2:2020年度冬対応予定。
  • ※3:2020年度対応予定。
  • ※4:戸建住宅でも利用可能。
  • *「AiSEG」はパナソニックグループの登録商標です。

【お問い合わせ先】

住宅エネルギーマネジメントシステムご相談窓口
フリーダイヤル 0120-081-701(受付 9:00~18:00 365日)

【特長】

1. 戸建住宅向けとして業界初 住宅用火災警報器(※2)、窓センサー送信器を連携し、レジリエンス機能を強化

新■IoTワイヤレス連動 住宅用火災警報器2020年度冬対応予定

IoTワイヤレス連動 住宅用火災警報器と「AiSEG2」が連携して、火災を検知した場合に「AiSEG2」とスマートフォンにプッシュで通知します。さらに、照明スイッチ「アドバンスシリーズ(リンクモデル)」と連携して家のあかりを一括点灯し、安全な避難をサポートします。また、住宅用火災警報器の故障、電池切れ、交換時期の確認もできるのでメンテナンスにも役立ちます。

照明スイッチと連携して火事になったらあかりを一括点灯
故障、電池切れ、交換時期など、メンテナンス情報をお知らせ

新■窓センサー送信器(施解錠検知機能付)2020年3月24日発売

窓センサー送信器と「AiSEG2」が連携して、窓の開閉だけでなく施解錠の状態確認が可能になります。宅内からはもちろん、スマートフォンでも窓の開閉・施解錠の状態を確認できるほか、窓や鍵が開状態になるとプッシュでお知らせするので、外出中の気がかり解消に役立ちます。

「希望小売価格」はメーカー希望価格です。
品番 品名 希望小売価格
(円)<税抜>
MKN7523B 窓センサー送信器(施解錠検知機能付)(ブラック) 9,800
MKN7523W 窓センサー送信器(施解錠検知機能付)(ホワイト) 9,800
窓センサー送信器(施解錠検知機能付)

■停電時に蓄電池を有効活用2020年度冬対応予定

停電が発生した場合、エコキュートと「AiSEG2」が連携して、エコキュートの自動沸き上げ機能を停止します。蓄電池の電気をお湯の沸き上げで使い切ってしまうのを防ぎ、必要な家電・機器へ給電できるのでいつも通りの生活が継続できます。

停電時に蓄電池を有効活用

2. 集合住宅向けとしてマンションHA(※3)、照明スイッチ(※2)(※4)を連携し、時短・便利の価値を向上

新■マンションインターホンClouge2020年度対応予定

マンションインターホン「Clouge」と「AiSEG2」が連携して、毎日使うインターホンの画面から「AiSEG2」連携機器を操作できます。エアコンや照明等、様々な機器のリモコン機能をインターホンに集約し一括で操作できるのでお出かけ前の忙しい時にも便利です。

マンションインターホン「Clouge」と「AiSEG2」

新■「アドバンスシリーズ(リンクモデル)」連携が省施工化・大幅コストダウン2020年度冬対応予定

「AiSEG2」に無線アダプタ機能を内蔵することで、LAN配線が不要になり施工がとても簡単になりました。
また、「AiSEG2」の本体価格は据え置くのでコストが大幅に削減されます。
さらに新発売の「アドバンスシリーズ(リンクモデル)」は、従来より10回路アップの最大50回路接続可能です。

「アドバンスシリーズ(リンクモデル)」連携が省施工化・大幅コストダウン

3. オープンプラットフォームにより業界NO.1(※1)の連携機器数を実現

■業界トップクラス(※1)の28社、業界NO.1の(※1)37機器に拡大2020年3月24日発売

「AiSEG2」につながる機器数を、従来の26社34機器から業界トップクラス(※1)の28社37機器に拡大しました。多様なメーカーの機器に対応することで、ユーザーの機器選択の幅がますます広がります。

新規連携会社名、機器

  • ※今回初めて「AiSEG2」との連携が相互評価された会社名または機器には「新」と記載しています。
    「株式会社」は省略しています。

注)すでに連携済みの機器については、「AiSEG2(HOME IoT)」対応商品一覧ページをご覧下さい。
(URL:http://www2.panasonic.biz/ls/densetsu/aiseg/hinban.html

■自動ファームアップに対応し、常に最新の状態を維持

自動ファームアップを登録しておくことで、ユーザー操作不要で常に最新の機能をご利用いただけます。
また、「AiSEG2」のファームウェア更新を専用アプリ「スマートHEMSサービス」から実施できるようになります。

自動ファームアップに対応し、常に最新の状態を維持

以上