使い捨てプラスチックの削減に貢献 パンダが食べずに廃棄していた竹を活用した「パンダバンブータンブラー」を開発

2021年11月26日

トピックス

パンダバンブータンブラーパナソニック株式会社は、アサヒビール株式会社と共同でアドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)のパンダが食べずに廃棄していた竹を活用した 「パンダバンブータンブラー」を開発いたしました。

パナソニックは、これまで2015年から石油由来の樹脂量を減らす研究開発活動を開始、2019年に天然由来成分であるセルロースファイバーを55%濃度で樹脂に混ぜ込む複合加工技術を開発しました。この、パナソニックの「高濃度セルロースファイバー成形材料」を活用した世界初のエコカップ「森のタンブラー」をアサヒビールと共同開発し、2019年7月から販売しています。また、パナソニック、これまでセルロースファイバーを含む檜、杉、竹、麦、茶葉、コーヒーなど、様々な植物廃材を有効利用するための技術開発を行って参りました。


ビール酵母、コーヒー豆、杉(針葉樹混合)、ウィスキー樽(オーク)、竹


アドベンチャーワールドは、これまでパンダバンブープロジェクトとして、ジャイアントパンダが食べない竹の幹の部分や食べ残した竹を有効資源としてアップサイクルを推進してきました。この度、パナソニックとアサヒビールが共同開発した「森のタンブラー」をパンダバンブープロジェクトに採用いただきます。原材料にはパンダが食べずに廃棄していた竹を用い、"使い捨て"しない飲料容器「パンダバンブータンブラー」としてパーク内のショップ4店舗、アドベンチャーワールド公式オンラインショップにて販売されます。これは、パナソニックが開発した廃材活用技術を活用した初めての商品となります。また、パナソニックはこの取り組みを通じ、アドベンチャーワールドのプラスチックゴミ削減へ貢献していきます。なお、本パンダバンブータンブラー事業の企画開発には、アドベンチャーワールドのSDGsパートナーでありソーシャルビジネスプロデューサーのおもろいカンパニー合同会社が参画しています。

パナソニックでは、様々な植物廃材を有効利用する取り組みを、自治体、企業と連携して進めています。今回の開発も、この取り組みの一環であり、今後も様々な取り組みを進めてまいります。また、100%天然由来素材に置き換えるバイオマス化にも取り組んでいます。材料特性や素材優位性をさらに高めることで幅広い商品への展開を加速し、樹脂使用量の低減を通して持続可能な社会の実現に向けた企業活動を推進してまいります。

■高濃度セルロースファイバー成形材料 -kinari- ホームページ
https://www.panasonic.com/jp/company/ppe/molddie/kinari.html

【問い合わせ先】
パナソニック プロダクションエンジニアリング株式会社
E-mail:cef_contact@ml.jp.panasonic.com

参考:「パンダバンブータンブラー」について
■発売日:2021年12月2日(木)
■販売価格:1,200円(税込)
※ カップのみの販売です。(蓋・ストラップは付いておりません。)
※ ECサイトご利用の場合送料は配達地域別、宅急便のサイズ別に掛かります。
■販売場所:パーク内ショップ4店舗(AW・シンビオーシス・ジョイランド・ユーランド)
アドベンチャーワールド公式オンラインショップ https://www.ec-aws.com/shop/
■容量:490ml
■デザイン:7種類

【パンダバンブープロジェクトについて】
https://www.ms-aws.com/vision/sustainability/policy02/
里山を荒廃させる竹を伐採し、ジャイアントパンダの食事として活用することで里山の環境を守り、これまで廃棄していたジャイアントパンダが食べない竹の幹の部分や食べ残した竹、糞を有効資源としてアップサイクルを推進するプロジェクトです。

発表年月
発表年月