パナソニックがブルーレイディスクレコーダーとして業界初*1のエコマークを取得!

2012年4月13日

トピックス

エコマーク認定の「DMR-BZT920」

2012年4月、パナソニックのブルーレイディスク(BD)レコーダー「ディーガ」7機種が、日本環境協会のエコマーク商品に認定されました。
BDレコーダーは、製品ライフサイクルのうち、機器の消費電力による使用時の環境負荷が最も大きく、このためエコマーク認定基準では、使用時の消費電力について、日本国内で2010年1月以降に販売された機種のうち、上位25%程度しか適合できない厳しい基準に設定されています。この厳しい基準でのエコマーク認定取得は当社のレコーダーが業界初*1となります。また環境ラベルに関する相互認証の仕組みによって、中国、韓国でも環境配慮製品として認められる初のケースになる見込みです。
*1 2012年4月1日現在。ブルーレイディスクレコーダーとして。

▼パナソニックのBDレコーダー 商品情報
http://panasonic.jp/diga/blu-ray/eco/
▼グリーンプロダクツ認定製品
http://panasonic.co.jp/eco/products/gp/list/
パナソニック独自の判定基準をクリアし「グリーンプロダクツ(GP)」として認定した環境配慮製品・サービスについての最新情報。

パナソニックのBDレコーダーは、消費電力以外にも、製品ライフサイクル全体を考え、総合的に環境負荷を低減するための基準が設定されています。また、製品本体や包装材料も徹底して省資源を追求し、解体容易性・リサイクル性、製品の廃棄方法の情報提供、および希少金属類(レアメタル)の使用削減も実現しています。化学物質に関しては、製品に使用される重金属類について欧州のRoHS指令にも対応、本体プラスチック部品の臭素系難燃剤等も最小限となっています。

■認定商品の品番
DMR-BZT920、DMR-BZT820、DMR-BZT725、DMR-BZT720、DMR-BWT620、DMR-BWT520、 DMR-BRT220
※DMR-BZT725は販売ルート限定の専用商品

■主な環境性能
・業界最小*2の年間消費電力量*318.9Kwh/年を実現(BRT220)
・リモコンに加え、本体にも「エコ待機ボタン」を搭載。エコ待機時の消費電力約0.02W (エコ待機「モード2」) を実現。

*2 2012年2月7日現在。ブルーレイディスクレコーダーとして。
*3 表示値は(社)電子情報技術産業協会(JEITA)基準による計算式を基に算出した参考値。

【関連情報】
▼パナソニックの環境活動
http://panasonic.co.jp/eco/
▼(財)日本環境協会 プレスリリース
http://www.ecomark.jp/pdf/release_12-001.pdf
▼相互認証について(エコマーク事務局)
http://www.ecomark.jp/sougo.html

発表年月
発表年月