パナソニックがAI対話型FAQサービス「WisTalk」を提供開始~DSTC5で世界1位を獲得した高回答精度を誇る独自開発エンジンを採用~

2018年5月 8日

トピックス

人工知能を用いた対話型FAQサービス「WisTalk(ウィズトーク)」を提供開始

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社(以下、パナソニック)は、2018年4月2日(月)より、人工知能(AI)を用いた対話型FAQサービス「WisTalk(ウィズトーク)」の提供を開始しました。

▼対話型FAQサービス「WisTalk」
https://www.panasonic.com/jp/business/its/wistalk.html

深刻な人手不足への対応や経費削減などを背景に、社内ヘルプデスクやカスタマーセンターなどの人的リソースの効率化・合理化は、多くの企業にとっての課題です。

パナソニックの対話型FAQサービス「WisTalk」は、ユーザーが入力した質問内容をAIが理解し、回答を推測、自動的に適切な内容を回答します。従来は人が対応していた問い合わせ受付業務を削減・合理化し、夜間や休日も含めた24時間365日対応や、一次対応を自動化することで問い合わせの心理的障壁を下げ、顧客満足度の向上につなげます。

本サービスの中枢を司る頭脳部分には、DSTC5(※1)で世界1位を獲得した高回答精度を誇るパナソニックの独自開発エンジンを採用しています。その特性を熟知した技術者が、QAデータの最適化、言い回し文の作成・登録からエンジンチューニング、利用ログ解析によるAI育成コンサルティングまでをワンストップで提供し、導入や運用の負荷を軽減します。

【主な特長】
●「一問一答型」と「目的型」(※2)から、お客様のご要望に合わせて選択可能
●パナソニックが独自開発したエンジンのため、特性を熟知した技術者による的確なチューニングが可能
●「オートコーパス生成機能」により、さまざまな言い回し(同義文)を自動追加(※2)
※1:国際チャレンジコンテスト「DSTC5 2016」で、パナソニックのトピック推定技術が世界1位を獲得。(DSTC5:Fifth Dialog State Tracking Challengeの略称)
※2:別途提供開始予定

▼対話型FAQサービス「WisTalk」
https://www.panasonic.com/jp/business/its/wistalk.html

本サービスは、リード エグジビション ジャパン株式会社主催の展示会「第7回 IoT/M2M展 春」(総称:「2018 Japan IT Week 春」)に出展します。

▼「2018 Japan IT Week 春」 パナソニック 出展概要
https://www.panasonic.com/jp/company/pstc/event/jiw2018.html
・展示会名称:「第7回 IoT/M2M展 春」(総称:「2018 Japan IT Week 春」)
・会期:2018年5月9日(水)~5月11日(金)10時00分~18時00分 (最終日のみ17時00分まで)
・会場:東京ビッグサイト
・参加費:招待券持参により無料(招待券は公式サイトからお申し込みください)
▼「第7回 IoT/M2M展 春」公式サイト
http://www.m2m-expo.jp/
・パナソニック ブースNo.:西4-32(西1ホール)
・出展テーマ:AIが実現する新しい働き方改革~工場の生産性向上/オフィスの業務効率化~

【お問い合わせ受付窓口】
パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
電話番号:0570-087870
受付時間:9時00分~17時30分(土・日・祝・パナソニック指定休業日を除く)

▼ Webサイトからのお問い合わせはこちらから
https://www.panasonic.com/jp/business/its/wistalk/sec/contact/agree.html
※「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください

発表年月
発表年月