【お知らせ】

Adobe Acrobat Readerの特定のバージョンに、一部のPDFが開けないバグが発生しております。PDFが開けない場合、お使いのAcrobat Readerを最新版へアップデートの上お試しください。

画像:商品受け取りイメージ

印刷

2022年11月24日

  • WAmazing株式会社
  • パナソニック コネクト株式会社

製品・サービス / プレスリリース

日本初※1、顔認証による本人確認と免税資格確認で商品の無人受け取りが可能な自動販売機を開発
インバウンド向け「免税オンラインショッピングサービス」を全国拡大

画像:商品受け取りイメージ、パスポート読み取りイメージ

訪日外国人旅行者向け観光プラットフォームサービスの提供、および観光DX推進事業を行うWAmazing株式会社(代表取締役 CEO:加藤史子、本社:東京都台東区)とパナソニック コネクト株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 執行役員 社長・CEO:樋口泰行)は、顔認証による本人確認と免税資格確認で商品の無人受け取りが可能な日本初※1の自動販売機を開発しました。この自動販売機を活用したインバウンド向け免税オンラインショッピングサービス(以下本サービス)を全国に拡大していきます。

本サービスは、WAmazing株式会社が運営する専用ショッピングサイト「WAmazing Shop」から商品を購入予約し、駅や空港内等のロッカー型の自動販売機で、パナソニック コネクトのセンシング技術を活用した顔認証による本人確認とパスポートによる免税資格確認をおこない、無人で商品を受け取ることができるものです。これにより、お店での免税手続きや店員とのコミュニケーションにおける言葉の壁、商品の持ち運びなどが不要となり、日本滞在中のストレスフリーな買い物を実現します。

■背景

インバウンド需要が回復しつつある中で、今大きな課題となっているのが観光業における人手不足です。2021年10月より、これまで書面により行われていた免税販売手続きが完全電子化運用となり、免税販売手続きを行うことができる機能を有する自動販売機を設置することで、人員を配置することなく消費税免税販売を行うことが可能となりました。設置には、「自動販売機型輸出物品販売場に設置する自動販売機に関する協議会(事務局:国税庁及び観光庁)」の指定が必要で、WAmazingは2022年3月に販売元として第一号の指定を受け、本サービスの国内特許を複数取得しています※2

WAmazingは、インバウンド(東・東南アジア)向け会員観光サービスを提供しており、会員数は約35万人にのぼります(2022年11月24日時点)。パナソニック コネクトは、社会インフラを支え続けたセンシング技術として約60年以上の歴史を持ち、これまで空港での出帰国手続きを合理化する顔認証ゲートやパスポートリーダー、マイナンバーカード対応の顔認証カードリーダーなど、様々なセンシングソリューションを社会に展開してまいりました。

■今回の取り組み

このたびWAmazingとパナソニック コネクトは、訪日外国人旅行者向け消費税免税の法改正に伴い、日本初の免税対応自動販売機の開発を共同で実施しました。WAmazingの訪日旅行プラットフォームサービス・ECサイト運営ノウハウと、パナソニック コネクトの世界最高水準※3の顔認証技術・パスポート読み取りなどの画像センシングテクノロジーを融合。WAmazingが訪日旅行客向けのECサービスを提供し、受け取りロッカーでの本人認証のための顔認証技術、およびパスポートを読み取る画像センシングの技術提供は、パナソニック コネクトがおこないます。観光業における人員不足を解消しながら訪日旅行客の買い物の利便性を高め、国内消費額の増加をサポートします。

■受け取り場所(設置場所)

訪日外国人旅行者にとって利便性の高い空港や駅、バスターミナル等を中心に、各社様と事業連携を進めており、今後日本全国へ順次拡大を予定しております。

  • 2022年10月1日開始:JR関西空港駅改札内
  • 2022年10月3日開始:東京モノレール羽田空港第3ターミナル駅改札内
  • 2022年10月10日開始:中部国際空港アクセスプラザ
  • 2022年11月10日開始:新千歳空港
  • 2022年12月上旬(予定):西鉄天神高速バスターミナル
  • 2022年12月以降(予定):那覇空港
  • 2022年12月以降(予定):JR成田空港駅改札内、JR空港第2ビル駅改札内
画像:自動販売機

今後も両社は、「インバウンド×顔認証手ぶら体験」などをテーマに、訪日旅行客の増加に向けて、サービス向上・利便性向上などを実現する取り組みを検討してまいります。

※1 「免税販売手続を行うことができる機能を有する自動販売機として財務大臣が定める基準を満たすもの」として、WAmazingが日本で初めて指定されています。
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shohi/menzei/jihannki_shiyou.htm
※2 特許第7100931号、1件特許番号取得中

■サービス利用方法

画像:3STEPS

[STEP 1]出発前や旅ナカに購入予約
専用WEBサイトまたはアプリで商品を購入予約します(免税価格)。

[STEP 2]日本帰国時の空港等で免税手続き・決済完了
空港や駅など指定した場所で商品を受け取り、本人確認をおこない決済します。
(1)「専用自動販売機」のタブレットに、商品受取用のQRコードをかざします。(2)パスポートの身分事項ページを端末にかざし、上陸許可シールを読み取ります。
上陸許可証から在留資格情報を読み取り、免税品購入の条件と照合。
(3)その後、タブレットのカメラで顔認証をおこない、撮影した顔画像とパスポートのICチップに登録されている顔写真を照合し、本人確認をおこないます。(4)ご自身のスマートフォンのWEBサイト(またはアプリ)に表示された決済用コードを入力すると、登録済みのクレジットカードで決済が完了します。

[STEP 3]商品受け取り
商品が入ったロッカーが自動で開くので、商品を取り出し、扉を閉じます。

■両社の役割について

WAmazing株式会社

2016年創業、台湾、香港、中国を中心としたインバウンド向けの宿泊、飲食、アクティビティ、チケット、免税品などの販売&予約サイトを運営。免税品ECサービスとして、旅前、旅ナカ、どこでもオンラインで、かつ免税価格で購入できる新たなをたちあげるとともに、帰国前に空港等で受取れる顔認証免税ロッカーを開発・設置・運営を行います。

パナソニック コネクト株式会社

決済時および免税品の受取時に厳格な本人認証を行うため、世界最高水準※3の顔認証技術でパスポートの顔写真との本人確認を行う機能の提供を行います。また、訪日旅行客のパスポートに貼り付けられた上陸許可証から在留資格情報を画像センシング技術で読み取り、免税品購入の条件と照合する機能を提供します。

■パナソニック コネクトの顔認証技術について

パナソニック コネクトの「顔認証」技術は、ディープラーニングを応用した世界最高水準※3の顔認証技術です。顔の向きや経年変化、メガネ・マスクなどにも影響されにくく、快適にご利用いただけます。これまでにも空港での厳格かつ円滑な本人確認や、アミューズメントパークでのチケットレス入退場、店舗でのキャッシュレス決済、オフィスでのICカードレス入退室などで、顔認証技術を応用したシステムを展開してきており、1日10万回超の固有の顔認証を達成してきました(パナソニック コネクト調べ)。今後も、世界最高水準の顔認証技術と、現場での使いやすさを追求し、お客様との実証実験を重ねて実現したUXデザインとの融合により、さまざまな現場を安心・安全かつ効率化することに貢献してまいります。

※3 2017年4月28日に公開されたNIST公式の評価レポート(IJB-A Face Verification Challenge Performance Report、IJB -A Face Identification Challenge Performance Report)において世界最高水準の評価を得た後もさらなる顔認証技術の強化で認証精度向上とエラー削減を続け、NIST「FRVT 1:1」(2022年5月7日発行)の「Ongoing Face Recognition Vendor Test」においても、世界最高水準の評価結果を得ています。

▼パナソニックの顔認証
https://biz.panasonic.com/jp-ja/solutions/facial-recognition

▼現場センシングソリューション
https://biz.panasonic.com/jp-ja/gemba-sensing

■WAmazing 株式会社について

WAmazingは2016年7月創業の訪日外国人旅行者向け観光プラットフォームサービスを展開するスタートアップ企業。WEB、App、WeChatにてサービスを提供しており、日本観光における5大消費(宿泊・観光体験・買い物・交通・飲食)の一元的な予約手配を実現。国際線定期便就航がある日本国内22空港において無料SIM配布端末を設置し、無料SIMカードを提供し会員を拡大させている。主なサービス提供地域である中国、香港、台湾に加え、東南アジア諸国、オーストラリア。また、コロナ禍を受けて新たに立ち上げた翻訳事業、観光DX推進事業も順調に成長。

■パナソニック コネクト株式会社について

パナソニック コネクト株式会社は2022年4月1日、パナソニックグループの事業会社制への移行に伴い発足した、グローバルで約28,500名の従業員を擁し、売上高が9,249億円※4の、B2Bソリューション事業成長の中核を担う事業会社です。当社は、企業としての存在意義であるパーパスを、「現場から 社会を動かし 未来へつなぐ」と掲げています。このパーパスには、製造業100年の知見とソフトウェアを組み合わせたソリューションや、高度に差別化されたハードウェアの提供を通じて、サプライチェーン・公共サービス・生活インフラ・エンターテインメントのそれぞれのお客様とつながり、お客様の「現場」をイノベートすることで、人と自然が共存できる豊かな社会・地球の「サステナビリティ」と、一人ひとりが生きがいを感じ、安心安全で幸せに暮らすことができる「ウェルビーイング」の世界を目指していきます。

※4 2021年度、旧パナソニック株式会社コネクティッドソリューションズ社として

▼パナソニック コネクト株式会社 ホームページ:
https://connect.panasonic.com

記事の内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

配信元:
パナソニック コネクト株式会社

画像ダウンロード

商品受け取りイメージ
パスポート読み取りイメージ
自動販売機
3STEPS

注目ニュース