【お知らせ】

Adobe Acrobat Readerの特定のバージョンに、一部のPDFが開けないバグが発生しております。PDFが開けない場合、お使いのAcrobat Readerを最新版へアップデートの上お試しください。

画像:街演出クラウド YOI-enイメージ

印刷

2022年10月14日

製品・サービス / プレスリリース

施設運営者自身で照明演出が実施可能

広域や多拠点の照明演出が可能なクラウドサービス「街演出クラウド YOI-en」の提案開始

地域一帯のにぎわいを創出

パナソニック株式会社 エレクトリックワークス社は、インターネット経由で照明演出の実施や管理ができ、広域や多拠点での演出を可能にするクラウドサービス「街演出クラウド YOI-en(ヨイエン)」の提案を2022年10月14日より開始します。

昨今、日本国内では地方創生や地域活性化の観点から、地域一帯のにぎわいを創出するため、公園やスポーツ施設、観光資源などを核に官民連携の街づくり計画が各地で進められています。街づくり計画では、核となる施設から周辺地域への来訪者の回遊促進や、季節ごとのイベントなどによるリピーター創出などが重要になります。一方で、広域に及ぶ地域一帯の仕掛けや定期的なイベントの実施は、費用や人手が負担となる場合があります。

「街演出クラウド YOI-en(ヨイエン)」は街づくり計画を進める自治体やデベロッパー、観光地域づくり法人(DMO)(※1)などをターゲットに、地域一帯の継続的なにぎわい創出を提供するために開発したクラウドサービスです。パソコンからインターネット経由でコントローラにつながった照明の制御ができるため、演出用のケーブルを設置できない道路などを跨いだ広域や、多拠点が連動した照明演出が可能になります。また、魅力的な演出コンテンツを備えており、クラウド上でコンテンツを選択するだけで照明演出が可能です。サービス開始時点では、四季をイメージしたライトアップや、光の動きなどで人に「回遊」や「滞留」などを働きかける「アフォーダンスライティング」(※2)の演出コンテンツをクラウド上に用意しており、アップデートにより随時追加していく予定です。あらかじめフルカラー照明とコントローラを街に導入しておくことで、演出コンテンツを選択するだけで施設運営者自身で照明演出が実施できます。そのため、演出の都度専門業者に依頼する必要が無く、手軽かつ継続的に演出の実施が可能になります。万が一、設置した照明器具に不具合が発生した場合は、施設運営者にお知らせする機能を備えており、早期発見が可能です。

今後、「街演出クラウド YOI-en(ヨイエン)」の提案を通じて、訪れるたびに感動のある街づくりを支援し、照明による新たな体験価値の提供に努めていきます。また、照明演出の企画提案から機器の導入、シミュレーションなどを通じ、地域の新たな価値創出を継続的に行うビジネスモデルの構築を目指していきます。

※1:観光庁に登録を行い、観光地域づくりの舵取り役として地域の様々な関係者と協力しながら、戦略の策定や戦略実施のための調整機能を備えた法人。
※2:照明の光に動きや明暗、色などの変化を加え、人の心理・行動に働きかける当社の照明演出手法。人の歩行速度に合わせて進行方向に光が流れる「回遊」の演出などがあります。 アフォーダンスライティングHP: https://www2.panasonic.biz/jp/lighting/plam/method/affordance/

<特長>

1. パソコンからインターネット経由で広域・多拠点の照明演出が可能

2. 魅力的な演出コンテンツを利用でき、施設運営者自身で演出の実施が可能

3. 照明演出の企画提案から機器の導入、シミュレーションなどお客様を幅広くサポート

【お問い合わせ先】

照明器具・ランプ 商品ご相談窓口 0120-187-441(月~土、9~18時、祝日・正月三が日を除く)
YOI-en HP: https://www2.panasonic.biz/jp/lighting/control/lightup/yoi-en/

【特長】

1. パソコンからインターネット経由で広域・多拠点の照明演出が可能

パソコンからインターネット経由でコントローラにつながった照明の制御ができるため、演出用のケーブルを設置できない道路などを跨いだ広域や、多拠点が連動した照明演出が可能になります。これにより、街のにぎわい作りの核となる拠点の盛り上がりを周辺地域まで波及させる演出や、遠隔からの照明演出制御ができます。

画像:既存の照明演出システムの概略図、YOI-enの演出システムの概略図

▲インターネット経由で照明制御が可能

画像:広域や多拠点の同時演出のイメージ

▲演出用の配線に捕らわれず、広域や多拠点の同時演出が可能

2. 魅力的な演出コンテンツを利用でき、施設運営者自身で演出の実施が可能

魅力的な演出コンテンツを備えており、クラウド上でコンテンツを選択するだけで照明演出が可能です。サービス開始時点では、四季をイメージしたシーズンカラーと光の動きなどで人に「回遊」や「滞留」などを働きかける「アフォーダンスライティング」などの演出コンテンツを用意しており、今後順次アップデートにより追加していく予定です。カレンダー機能も備えているため、指定した日時に合わせて任意の演出を実施できます。また、万が一設置した照明器具に不具合が発生した場合、「街演出クラウド YOI-en(ヨイエン)」から施設運営者にお知らせする機能を備えており、早期発見が可能です。

画像:四季をイメージしたシーズンカラー

▲四季をイメージしたシーズンカラー

画像:アフォーダンスライティングのイメージ

▲光の動きなどで「回遊」や「滞留」などを働きかける「アフォーダンスライティング」

画像:イベントや季節に合わせていつでも変更

▲カレンダー機能で指定日時に任意の演出が実施可能

3. 照明演出の企画提案から機器の導入、シミュレーションなどお客様を幅広くサポート

当社は「街演出クラウド YOI-en(ヨイエン)」の提案を通じて、照明演出の企画提案から機器の導入、シミュレーションなどを幅広く行い、地域の新たな価値創出を継続的に行うビジネスモデルの構築を目指していきます。今後も随時アップデートを実施し、導入いただいたお客様へのサポートを強化していく予定です。

画像:照明演出の企画提案から機器の導入、シミュレーションなどのイメージ

【参考(1)】「街演出クラウド YOI-en(ヨイエン)」名称の由来
「宵(夜の初め)」と「縁(繋がる)」を組み合わせた造語で、街の明かりがクラウドで繋がり、「良い縁」に結び付くことの願いも込めた「街演出クラウドサービス」です。

画像:街演出クラウド YOI-enイメージ

【参考(2)】イベント「NAKEDヨルモウデ2022 平安神宮」のお知らせ
株式会社ネイキッド(英語表記:NAKED, INC.、所在地:東京都渋谷区、代表:村松亮太郎)が主催でリアルとメタバースの京都を舞台に開催される次世代型アートプロジェクト「NAKED GARDEN ONE KYOTO」のひとつとして、11月18日よりスタートするニュースタイル夜間参拝「NAKEDヨルモウデ 2022 平安神宮」に「街演出クラウド YOI-en(ヨイエン) 」が導入されます。当社は協力企業として広大な平安神宮を舞台にしたダイナミックな照明演出をサポートします。

画像:NAKEDヨルモウデ 過去開催の様子

※画像は過去開催の様子

■イベント概要
タイトル NAKEDヨルモウデ 2022 平安神宮
会期 2022年11月18日~12月25日
時間 17:30~21:30(最終入場20:30)
HP:https://yoru-mo-de.naked.works/heian-jingu/

記事の内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

配信元:
パナソニック株式会社

画像ダウンロード

街演出クラウド YOI-enイメージ

注目ニュース