【お知らせ】

Adobe Acrobat Readerの特定のバージョンに、一部のPDFが開けないバグが発生しております。PDFが開けない場合、お使いのAcrobat Readerを最新版へアップデートの上お試しください。

画像:ES CON FIELD HOKKAIDO

印刷

2022年10月6日

  • パナソニック コネクト株式会社

製品・サービス / プレスリリース

北海道日本ハムファイターズの新球場「ES CON FIELD HOKKAIDO」の総合演出システムにパナソニックの「KAIROS」がスタジアム初採用

一体感のある観戦体験を提供、新たな空間づくりを実現

パナソニック コネクト株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 執行役員 社長・CEO:樋口泰行)は、2023年3月に開業する北海道日本ハムファイターズの新球場「ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコンフィールドHOKKAIDO)」※1の総合演出システムに、自由度の高い映像制作を可能にする映像制作ソリューション「KAIROS(ケイロス)」が採用されたことをお知らせします。大型映像やサイネージの規格にとらわれない自由な映像制作が可能となるほか、スタジアム全体をICTでシームレスにつなぐことで、場内約600台のデジタルサイネージや照明・音響が連動した演出が可能となり、来場者へ一体感のある観戦体験をご提供。新たな空間づくりを実現します。なお、「KAIROS」のスタジアムにおける採用は全国初となります。

画像:ES CON FIELD HOKKAIDO完成予想図(左:施設全体、右:スタジアム)

ES CON FIELD HOKKAIDO完成予想図(左:施設全体、右:スタジアム)
(株式会社 ファイターズ スポーツ&エンターテイメント様ご提供)

「ES CON FIELD HOKKAIDO」は、敷地面積5 ha、収容人数は3万5000人、掘り込み式フィールドから地上4階まで観客エリアが広がる日本初の開閉式屋根付き天然芝球場です。フィールドを見渡せる360度型のコンコースや、世界初の球場内温泉・サウナと日本初のフィールドが一望できる球場内ホテル等がある「TOWER11」など、様々なシチュエーションで新しい観戦体験を楽しめます。このような観客席から離れている場所でも一体感・没入感の高い観戦体験をご体験頂くため、スタジアム全体のオペレーション効率化の他、今までにない新しい演出をご提供する必要がありました。

※1 ES CON FIELD HOKKAIDO公式サイト https://www.hkdballpark.com/stadium/

そこで、パナソニック コネクトが提供する自由度の高い映像制作を可能にする映像制作ソリューション「KAIROS」によって、多種多様な映像コンテンツを効率的に制作、次世代のライブエンターテインメントの提供を実現します。また、「新スタジアムコンテンツマネジメントシステム」により、映像制作ソリューション「KAIROS」と場内約600台のデジタルサイネージ、さらには世界最大級の大型ビジョン2面、最新鋭の映像・照明・音響システムを統合することで、どこにいても一体感・没入感の高い演出を提供し、スタジアム全体を盛り上げます。

■特長

1.「KAIROS」による多種多様な映像コンテンツの効率的な制作・送出

パナソニック コネクト独自の映像処理技術を持つ「KAIROS」は、従来のスイッチャーにあるME(ミックス/エフェクト)数、KEY数に制約されないマルチレイヤー構成や、解像度や画角にとらわれない“CANVAS”スクリーン機能により、今まで必要であった解像度やアスペクト比を最適化するスケーラーなどの装置を介さず、複数のカメラの映像・音声、グラフィックを重ねて演出できるなど、自由なレイアウトでの映像制作や、オペレーション・設備の簡素化、現場の省力化を実現します。
「KAIROS」で制作された映像は大型ビジョンやリボンビジョン、場内600台のデジタルサイネージ等へ同時に送出され、多彩な映像表現で観戦を盛り上げます。

画像:KAIROS

2.「CATVヘッドエンド技術」で場内約600台のデジタルサイネージにリアルタイム表示

パナソニック コネクトのCATVソリューションの一つである、多チャンネル配信を実現する高度リマックス方式(RF※2)の「CATVヘッドエンド技術」を活用し、複数のサイネージでリアルタイムに近い試合映像を表示することによりスタジアム全体で一体感・臨場感のある観戦体験を提供します。この技術によって、0.5秒以下の遅延で多チャンネル映像を同時配信することができ、またエンコーダー、変調器を増設することで最大450チャンネルまで拡張することができます。増設においても端末費用のみで制限なく追加でき、安価でメンテナンスも容易なRFケーブルを用いた施工でコスト圧縮にも貢献します。

※2 RF(Radio Frequency)方式:テレビ放送の周波数多重信号そのものを配信する方式。データ通信用の帯域は使用せずに放送用の帯域を使用。

画像:TOWER11 球場内施設イメージ

ES CON FIELD HOKKAIDO完成予想図(球場内施設)
(株式会社 ファイターズ スポーツ&エンターテイメント様ご提供)

3. 映像・照明・音響を統合する「新スタジアムコンテンツマネジメントシステム」と連携し、一体感・没入感の高い演出を提供

映像・照明・音響を一元的に制御する「新スタジアムコンテンツマネジメントシステム」と、「KAIROS」やサイネージを連携することで、よりシームレスで没入感の高い、次世代のエンターテインメントを提供します。
また、「新スタジアムコンテンツマネジメントシステム」はゲームやイベントに合わせて保存した各機器の設定を一括して呼び出すこともでき、機器の設定時間を削減。省力化にも貢献します。

画像:システム全体イメージ

システム全体イメージ

なお、今回の採用に関して、株式会社 ファイターズ スポーツ&エンターテイメント コーポレート&ファシリティ統括部長 森野 貴史様と、株式会社サイトフォーディー 代表取締役 隈元 章次様よりコメントをいただいております。

「ES CON FIELD HOKKAIDO」は、地域とスポーツを融合した新しい街づくりを目指しており、野球をエンターテインメントの一つとして捉え多種多様な方々に楽しんで頂くエリアを醸成していきます。
その中で、映像・光・音響は非常に重要であり、ハード、ソフト共に常に最先端を目指していかないといけないと考えておりますので、これまでにあった制約にとらわれずに、様々な規格の映像をLEDビジョンやサイネージなどでフレキシブルに表現ができる「KAIROS」は純粋に「面白い!」と感じ、今回導入いたしました。
2023年3月に開業を迎えますが、それはあくまでスタートです。我々は「共同創造空間」をテーマに多くのパートナーの皆様と一緒に進化をしながら、エリア全体を作り上げていきたく思っています。今後は、パートナーとしてパナソニックさんとも一緒に様々なチャレンジをしていきたいです。

株式会社 ファイターズ スポーツ&エンターテイメント
コーポレート&ファシリティ統括部長 森野 貴史様

近年のスタジアム演出では、大型ビジョンの物理サイズや解像度が飛躍的に拡張しつつあり、そのキャンバスサイズを利用したダイナミックな演出を求められます。それに伴って描画処理の負担は増大するとともに、イベント駆動で情報制御をするべく複雑なレイヤーを管理する必要があります。今回「KAIROS」の導入によって、それらを高いレベルで実装することが出来ました。描画処理の負担や空間を意識せず、本当に実現したいクリエイティブに専念することが出来るので、これまでにない魅力的な演出を生み出したいと願うクリエイターにとっては最高のツールです。

株式会社サイトフォーディー
代表取締役 隈元 章次様

「KAIROS」は、映像をつくる人だけでなく、伝えたい人、参加する人のすべてをつなぐ、「この一瞬がつながる」をキーワードに、映像制作現場の「撮る・創る・映す」を革新するソリューションです。パートナー共創や様々なソリューション連携で多様な演出表現を可能とし、映像制作を自由にします。
様々な場所で繰り広げられる感動や興奮の「一瞬」をつくりだす映像で、多様な人々が幸せに暮らせるウェルビーイングとサステナブルな社会の実現を目指します。

■パナソニック コネクト株式会社について

パナソニック コネクト株式会社は2022年4月1日、パナソニックグループの事業会社制への移行に伴い発足した、グローバルで約28,500名の従業員を擁し、売上高が9,249億円※3の、B2Bソリューション事業成長の中核を担う事業会社です。当社は、企業としての存在意義であるパーパスを、「現場から 社会を動かし 未来へつなぐ」と掲げています。このパーパスには、製造業100年の知見とソフトウェアを組み合わせたソリューションや、高度に差別化されたハードウェアの提供を通じて、サプライチェーン・公共サービス・ 生活インフラ・エンターテインメントのそれぞれのお客様とつながり、お客様の「現場」をイノベートすることで、人と自然が共存できる豊かな社会・地球の「サステナビリティ」と、一人ひとりが生きがいを感じ、安心安全で幸せに暮らすことができる「ウェルビーイング」の世界を目指していきます。

※3 2021年度、旧パナソニック株式会社コネクティッドソリューションズ社として

▼IT/IPプラットフォーム KAIROS
https://connect.panasonic.com/jp-ja/products-services_proav_kairos

▼パナソニック 放送・業務用映像システム
https://biz.panasonic.com/jp-ja/products-services_proav

▼パナソニック CATV関連製品
https://connect.panasonic.com/jp-ja/products-services/catv

▼パナソニック コネクト Newsroom
https://connect.panasonic.com/jp-ja/newsroom

【お問合せ先】

パナソニック システムお客様ご相談センター
電話:0120-878-410
(受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)

記事の内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

配信元:
パナソニック コネクト株式会社

画像ダウンロード

ES CON FIELD HOKKAIDO
大型ビジョン イメージ図
KAIROS
TOWER11 球場内施設イメージ
システム全体イメージ

注目ニュース