2022年5月31日

パナソニックとライカカメラ社は、戦略的包括協業契約を締結

協業領域を拡大し、協業成果を「L2 Technology」として
両社のマーケティング活動で展開

画像:Leica × Lumix
左:ライカカメラ社 CEO Matthias Harsch(マティアス・ハーシュ)
右:パナソニック エンターテインメント&コミュニケーション株式会社 副社長 山根 洋介

パナソニック エンターテインメント&コミュニケーション株式会社(本社:大阪府守口市、以下パナソニック)とライカカメラ社(Leica Camera AG、本社:ドイツ・ウェッツラー、以下ライカ)は、これまでのライカ商標の使用契約および技術協業の枠組みを進化させ、共同投資、共同開発、共同マーケティングの3分野において包括的な業務提携を行うことで合意しました。さらに両社は、この協業によって生まれる新たな技術・ソリューションを、「LEICA」と「LUMIX」の2つのLを象徴的に用いた「L2 Technology(エルスクエア・テクノロジー)」と冠し、今後、両社のマーケティング活動で展開していきます。

L2 Technologyは、「LEICA」と「LUMIX」という2つのブランドの強みを融合し、カメラおよびレンズの新技術、次世代ソフトウェアの分野で、両社の技術とノウハウを掛け合わせた協業のシンボルとなり、新しい時代に新たな価値を提供する技術・ソリューションを生み出していきます。カメラ・イメージング市場において長年培ってきたパナソニックの映像・デジタル技術とライカの光学技術のシナジーを最大化し、新しい創造性、表現力を共同で探求していくことが可能になる今回の協業の枠組みで、新しいイメージングの世界を創造する革新的なL2 Technologyの開発を進めます。

この提携により、両社は、カメラおよびレンズ製品に組み込まれる新たな技術への投資を共同で行い、共同で開発した技術を、お互いの「LEICA」および「LUMIX」製品に取り入れ、更なる商品力の強化を図ります。今後、「LEICA」と「LUMIX」は、クリエイティブなカメラユーザーに向け、新たな可能性を切り開くL2 Technologyを両社のマーケティング活動にも展開し、協業体制を長期的に発展させていきます。

パナソニック ホールディングス株式会社 CEO 楠見 雄規は、
「ライカカメラ社との広範囲な提携を大変嬉しく思います。ライカとの共同開発・共同マーケティングの実現により、より多くのお客様に喜んでいただける商品を提供していくことができます。これは間違いなくイメージング事業の発展につながる大きな転機であり、パナソニックホールディングスにとっても非常に楽しみなことです。私個人としてもL2 Technologyが搭載された新しいLUMIXを使い始める日が待ち遠しい」と述べました。

パナソニック エンターテインメント&コミュニケーション株式会社 社長 豊嶋 明は、
「写真や映像がリアルタイムでグローバルに共有される時代の到来により、カメラにはより印象的で高い表現力が求められています。ライカの長い歴史の中で培われた高い品質や画作り思想には常に感銘を受けており、そのライカカメラ社と共に、これからも世界中の人々に感動を共有できる技術を開発できることは、大変喜ばしく、楽しみです」と述べました。

ライカカメラ社 CEO Matthias Harsch(マティアス・ハーシュ)は、
「私たちは長年、ビジネスパートナーとして信頼し合い、協業を進めてきました。パナソニックの幅広い専門知識は疑う余地がありません。両社の強みを掛け合わせ、L2 Technologyを生み出していくことは、我々の協業の新たな第一歩です。現在のカメラ市場の課題に対応していくためには、個々の枠組みに籠ることなく、将来のためのソリューションを共同で作り上げていく能力を深めていくことが最善の策です」と述べました。

■協業の経緯

パナソニックとライカは、2000年8月から、デジタル・AV機器のレンズに関する業務提携により協業を開始。2001年には、デジタルカメラ分野に業務提携を拡大しました。2018年には、ライカ、パナソニック、シグマの3社による「Lマウントアライアンス」を結成、さらに2021年にはエルンスト・ライツ・ウェッツラー GmbHもLマウントを採用しました。

■ライカカメラ社

ライカカメラ社 -写真撮影のパートナー

ライカカメラ社は、カメラ製品とスポーツオプティクス製品をグローバルに展開するプレミアム企業です。卓越した品質の製品を作り続けた長きにわたる伝統とドイツのクラフトマンシップや革新的な技術と結びついた工業デザインにより、ライカブランドは伝説とよばれるほどの高い評価を確立しています。写真界の発展に寄与する活動として、世界各地に展開するライカギャラリーやライカアカデミーに加えて、「Leica Hall of Fame Award」の創設や、世界で最も権威のある国際写真コンテストのひとつとして認知されている「ライカ・オスカー・バルナックアワード(LOBA)」を主催するなど、さまざまな文化活動も行っています。ライカカメラ社は、ドイツ・ヘッセン州のウェッツラーに本社を置き、ポルトガルのヴィラ・ノヴァ・デ・ファマリカンに第二工場を有しています。また、世界の各地域に拠点を築き、直営の販売店を独自のネットワークにより運営しています。

■戦略的包括協業契約に関する両社トップメッセージ(動画)

URL:https://youtu.be/yS6gbdNVs0I

  • ・ライカカメラ社 CEO Matthias Harsch(マティアス・ハーシュ)
  • ・パナソニック エンターテインメント&コミュニケーション株式会社 副社長執行役員、イメージングビジネスユニット長 山根 洋介

以上