2022年4月15日

くらしに溶け込むロボット配送サービス実現へ
日本初 完全遠隔監視・操作型 自動配送ロボットの道路使用許可を取得

パナソニック ホールディングス株式会社(以下、パナソニックHD)は、神奈川県藤沢市のFujisawaサスティナブル・スマートタウン(以下、Fujisawa SST)にて実施中の小型低速ロボットを使った住宅街向け配送サービスの実証実験において、本日、国内で初めて※1完全遠隔監視・操作型(フルリモート型)の公道走行の許可に関わる審査に合格し、道路使用許可を取得しました。これまで道路運送車両法に基づく保安基準緩和認定の条件として、ロボット近傍での配置が必須となっていた保安要員の配置が不要となり、完全遠隔監視・操作型でのくらしに溶け込むロボットを活用した配送サービスなどの実証実験が可能になります。

  • ※1:2022年4月15日 当社調べ

少子高齢化による労働力不足に対して、パナソニックHDでは、小型低速ロボットを活用した配送サービスの実用化に向けて取り組んでおり、2020年11月からFujisawa SSTで実証実験を開始※2。これまでに、国内で初めて※31名のオペレーターが遠隔で4台同時に監視しながら公道での自動走行や、自動走行ロボットを活用した店舗から住宅への配送サービス実証などを実施してきました。これらの実証実験では安全確保の徹底や緊急時の対応のため、オペレーターによる遠隔監視・操作に加えて、ロボット近傍に保安要員を配置して運行を行ってきました。

このたび、国内で初めて警察庁の定める「特定自動配送ロボット等の公道実証実験に係る道路使用許可基準※4」における完全遠隔監視・操作型の公道走行の許可に関わる審査に合格し、道路使用許可を取得しました。これは、Fujisawa SSTにおける1,200 kmを超える走行実証実験を行う中で、小型低速ロボットの認識能力の向上、ならびに遠隔監視・操作に関するAI技術の進化により、実現できました。具体的には、ロボットの認識能力を向上させ、遠方の人や近接車両等の移動物体、路上落下物などを即座に発見し、遠隔監視・操縦を行うオペレーターに通知することにより、緊急時でもオペレーターが遠隔で介入し、適切な対応をとることができます。また、オペレーターが遠隔操作してロボットが横断歩道を走行する際に遠隔システムとの通信が途切れたとしてもロボットが自律的に安全な場所まで走行します。これらの進化により、ロボット近傍の保安要員のサポートが不要となり、完全遠隔監視・操作型でのロボットの自律走行が可能になりました※5

今回、完全遠隔監視・操作型でのロボットの公道走行が可能になることで、更なる運行の効率化とともに、小型低速ロボットを用いた配送サービスの展開や拡大が期待できます。

画像左:Fujisawa SSTにおける4台運用、画像右:遠隔監視の様子

パナソニックHDは、今回進化させた技術を搭載した小型低速ロボットや遠隔管制システムをエリアモビリティサービスプラットフォーム「X-Area(クロスエリア)※6」と名付けました。今後、お客様のニーズに応じて提供し、くらしに寄り添う次世代モビリティサービスが街にあふれ、お客様が望むモノやサービスをいつでも・どこでも・非対面で・気軽に受けることができる世界の実現を目指していきます。具体的には、今年5月からFujisawa SSTにて商業施設から住民の方々に商品をお届けする実証サービスを提供予定です。

  • ※6:X-Area(クロスエリア)はパナソニック ホールディングス株式会社の登録商標です。

■X-Area(クロスエリア)について

地域の人々や企業、NPOなど様々なコミュニティに寄り添い、エリアにあった最適なサービスの実現をサポートするサービスプラットフォームの総称です。エリアにおける「くらし」と「しごと」のウェルビーイングに貢献します。

画像:クロスエリア A-Xrea

モビリティソリューションズ エリアモビリティ
https://holdings.panasonic/jp/corporate/mobility/solutions/areamobility.html

なお、X-Areaで用いられている遠隔管制システム「X-Area Remote」では、多様なモビリティを複数台まとめて統合的に監視・操作・運用管理するクラウドシステムを提供しています。2022年3月1日から大阪・舞洲地区にて実施されている次世代都市交通システムの実用化を目指した実証実験で活用されています。

■X-Areaを用いた実証サービスについて

2022年5月からFujisawa SSTにて、X-Areaを用いて店舗から住宅へ焼き立てパンや野菜等を配送するサービスの実証実験を行う予定です。

以上