2021年11月4日

業界初(※1)「液体洗剤自動投入」機能搭載

ビルトイン食器洗い乾燥機
「9Plus series(9プラスシリーズ)」3機種発売

「ナノイーX」を搭載し、庫内のニオイ抑制(※2) ・除菌(※3)を実現

【NP-45KD9AP】システムキッチンのドア面材(別売品)をセット、【NP-45MD9SP】システムキッチンのドアパネル(別売品)をセット、【「液体洗剤自動投入」機能】各イメージ

品名 ビルトイン食器洗い乾燥機「9Plus series(9プラスシリーズ)」
シリーズ名 K9 Plus series M9 Plus series
品番 NP-45KD9AP NP-45MD9WP
NP-45MD9SP
本体希望小売価格
(税込・工事費別)
356,400円 284,900円
発売予定日 2022年2月1日
販売目標台数 約12,000台/年

パナソニック株式会社は、業界初(※1)の「液体洗剤自動投入」で家事の省手間を実現し、「ナノイーX」搭載により清潔性も向上したビルトイン食器洗い乾燥機 「9Plus series(9プラスシリーズ)」3機種を2022年2月1日に発売します。

新しい生活様式が定着する中、食器洗いの悩みが増加し、当社調査(※4)では、家事負担の軽減に活用したい家電として食器洗い乾燥機が上位にあります。新製品では、さらなる家事の省手間を実現する「液体洗剤自動投入」機能を業界で初めて(※1)搭載しました。「おまかせ」で運転する場合、当社独自のセンシング技術により食器の量や汚れを判別、液体洗剤を自動投入し、最適な洗浄プログラムで運転します。コース選択の手間が省けるだけでなく、誰でもより簡単に使用できるようになりました。

また共働き世帯では、約65%が2食分以上の食器をまとめ洗いしている一方、半数以上が汚れた食器をしばらく放置することで発生するニオイや菌の繁殖が気になると回答(※5)しています。今回、庫内に「ナノイーX」を含んだ風を送ることで、洗浄前の汚れた食器を入れた際の庫内のニオイを抑制(※2)、除菌(※3)。さらに、洗浄後の食器も清潔に保管できます。

本シリーズは、上質なキッチン空間に美しく溶け込むダーク系のタンクカラーを採用し、長く愛され続けるデザインを実現しました。必要な表示だけが浮かび上がる静電タッチ操作部で、よりスムーズな操作を可能にしています。

さらに本製品に対応しているHEMS/IoT機器を導入しているご家庭では、無線LANブロードバンドルーターに食器洗い乾燥機を接続することで、HEMS/IoT機器、連携サービス(※6)を利用できます。

当社は、食器洗い乾燥機の普及拡大を通じ、家事負担軽減によるゆとり時間の創出と、高い節水性により地球環境保全へ貢献し、人と地球を大切にする文化創造を目指します。

<特長>

1. 業界初(※1)「液体洗剤自動投入」機能を搭載、運転コースも「おまかせ」で最適な洗浄を実現

2.「ナノイーX」送風で庫内のニオイを抑制(※2)、除菌(※3)し、洗浄後の食器も清潔に保管

3. 上質なキッチン空間に溶け込むダーク系タンクカラーを採用

【お問い合わせ先】

食器洗い乾燥機 ご相談窓口
0120-878-691(受付9:00~18:00)

1. 業界初(※1)「液体洗剤自動投入」機能を搭載、運転コースも「おまかせ」で最適な洗浄を実現液体洗剤自動投入マーク

業界初(※1)の「液体洗剤自動投入」機能を搭載しました。「おまかせ」で運転する場合、操作パネルの電源を入れ、スタートボタンをタッチしてドアを閉めるだけであとは運転終了までおまかせ。当社独自のセンシング技術により食器の汚れや量に応じて、洗剤量やすすぎの回数、時間を自動判別し、最適な洗浄プログラムで運転されるので、洗剤の計量・投入やコース選択が不要となり、さらなる省手間を実現。誰でもより簡単に使用できるようになりました。

左図:「液体洗剤自動投入」機能イメージ、右図:省手間のイメージ

これまでの3ステップ(電源on→コース選択→スタート)から2ステップ(電源on→スタート)でさらに省手間

食器の汚れや量に応じて、洗剤量やすすぎの回数、時間を自動判別

2.「ナノイーX」送風で庫内のニオイを抑制(※2)、除菌(※3)し、洗浄後の食器も清潔に保管ナノイーXロゴ

庫内に「ナノイーX」を含んだ風を送ることで、 まとめ洗い時の汚れた食器を入れた庫内のニオイを抑制(※2)、除菌(※3) できます。さらに洗浄後も、24時間「ナノイーX」送風運転するので、きれいに洗い上がった食器をそのまま庫内に保管している場合でも清潔さをキープします。

「ナノイーX」送風で庫内のニオイを抑制

3. 上質なキッチン空間に溶け込むダーク系タンクカラーを採用

上質なキッチン空間に美しく溶け込むダーク系のタンクカラーを採用し、ノイズレスなデザインを実現しました。さらに、必要な表示だけが浮かび上がる静電タッチ操作部で、よりスムーズな操作が可能となりました。

必要な表示だけが浮かび上がる静電タッチ操作部

4. IoT対応

本製品に対応しているHEMS/IoT機器を導入しているご家庭では、無線LANブロードバンドルーターに本製品を接続するとHEMS/IoT機器、連携サービスを利用できます(※6)

IoT対応イメージ

【ご参考】

●フルオートオープン™(NP-45KD9APのみ)FULL AUTO OPENマーク

ノック2回で、ドアが自動でフルオープンします。

  • *セットされた食器量・ドア面材の種類などにより、ドアの開き具合が異なります。

●ムービングラック プラス

上カゴが左右にスライドし、さらに食器や調理器具の種類や量に合わせて4つのスタイルに自在に変えることができます。

Moving Rack Plusマーク

4つのスタイル:フルフラット、フラット、スライド、フルフラップ

●ちょこっとホルダー

シリコンカップや軽い小物類を、水流で飛ばされないように上カゴで押さえてまとめ洗いができます。使わないときは取り外しも可能です。

まとめ洗いイメージ:シリコンカップ、クッキー型、小皿、調味料皿など

●ストリーム除菌洗浄

手洗いではむずかしい50℃以上の高温、しかも垂直高さ約2 m(※7)に達する高圧水流でしっかり除菌。洗浄工程における除菌試験の結果は99%以上(※8)です。

ストリーム除菌洗浄ロゴ、運転コース、3Dプラネットアームノズルイメージ図

【仕様一覧】

商品名 ビルトイン食器洗い乾燥機「9Plus series(9プラスシリーズ)」
シリーズ名 K9 Plus series M9 Plus series
機種品番 NP-45KD9AP NP-45MD9WP NP-45MD9SP
タイプ ディープタイプ
ドアフル面材型(※9)
ディープタイプ
ドア面材型(※9)
ディープタイプ
ドアパネル型
食器点数(※10) 標準食器 48点(約6人分)
運転 運転コース おまかせ(L‒)
<オプション設定>低温・汚れレベル「L1/L2/L3」・予約・乾燥
予約 2・4・8時間後の運転開始(※11)
機能・特長 液体洗剤自動投入
ナノイーX
フルオートオープン™ - -
上カゴ ムービングラック プラス・ちょこっとホルダー
ストリーム除菌洗浄
仕様 外形寸法
(W×D×H:mm)
448×609×
753~853(※12)
448×627×751~851(※12)
使用水量(※13) 約9 L(AIエコナビ運転時:約7.5 L)
庫内容量(※14) 約60 L
  • ※1: 国内市場ビルトイン食器洗い乾燥機において。2021年11月4日現在(2022年2月1日発売予定)
    市販の食器洗い機専用液体洗剤がご使用いただけます。但し、高粘度の洗剤は、液体洗剤自動投入ではご使用いただけません。
  • ※2:<「ナノイーX」による食洗機庫内のニオイの抑制について> ●試験機関:パナソニック(株)プロダクト解析センター ●対象品番:9Plusシリーズ ●試験方法:汚れ付着食器を設置した食洗機庫内のニオイを6段階臭気強度表示法にて評価 ●消臭方法:「ナノイーX」を放出 ●ニオイ抑制の対象:食洗機庫内 ●試験結果:0.5時間後の臭気強度 カレー:自然放置 4.1、「ナノイーX」送風3.1(K9 Plusシリーズ) 2.8(M9 Plusシリーズ) 、焼き魚:自然放置 4.1 、「ナノイーX」送風3.1(K9 Plusシリーズ) 2.7(M9 Plusシリーズ)、 24時間後の臭気強度 カレー:自然放置 3.9、「ナノイーX」送風2.3(K9 Plusシリーズ) 2.3(M9 Plusシリーズ)、焼き魚:自然放置 4.2 、「ナノイーX」送風 2.3(K9 Plusシリーズ) 2.1(M9 Plusシリーズ) ●試験報告書番号:カレー H21YK015-1、焼き魚 H21YK015-2 ●「ナノイーX」送風の効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気の種類によって異なります。ニオイの感じ方には個人差があります。
  • ※3:<「ナノイーX」による食洗機庫内の菌の抑制について> ●試験機関:(一財)北里環境科学センター ●対象品番:9Plusシリーズ ●試験方法:食洗機庫内の菌液付着食器の生菌数測定(寒天平板培養法による) ●試験報告書番号:北生発2021_0266号、北生発2021_0389号 ●除菌方法:「ナノイーX」を放出●除菌の対象:庫内食器類 ●試験結果:8時間後で菌の減少率99%以上(1種類のみの菌で実施)。除菌効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、食器の量や位置、汚れの程度により異なります。
  • ※4:当社調査:2021年7月 N=259
  • ※5:当社調査:2018年6月 子供を持つ共働き世帯の30~50代女性 N=800
  • ※6: サービス内容は、接続するHEMS/IoT機器により異なります。実際に使える機器は、機器メーカー様へご確認下さい。
    (サービス内容例:機器の運転状況や異常状況のお知らせなど)
  • ※7:60 Hz時、上部開放状態での当社実験結果より。
  • ※8:<ストリーム除菌洗浄について> ★「乾燥」のみの設定では除菌できません。●試験機関名(一財)北里環境科学センター ●対象品番:9Plusシリーズ・9シリーズ ●試験方法:食洗機庫内の菌液付着食器の生菌数測定(寒天平板培養法による)●試験報告書番号:北生発2020_0688号 ●除菌方法:加熱高温水噴射方式 ●除菌対象:庫内食器類 ●試験結果:99%以上の除菌効果(1種類のみの菌で実施)。除菌効果は食器の量や位置、汚れの程度により異なります。
  • ※9:食洗機本体にドア面材は付いていません。システムキッチンと同じ面材をご用意いただく必要があります。買替え・後付けには、別売品の買替え・後付け用部材をご用意していますが、使用されているキッチンの扉柄への個別対応はしておりません。
  • ※10:日本電機工業会自主基準による。
  • ※11:5秒以上「予約」を長押しすると、ピピっと鳴り、1h~8hまで1時間刻みで設定できます。「乾燥のみ」を設定時は、予約できません。
  • ※12:脚ユニット使用時。
  • ※13:汚れレベル「L2」の場合。1回あたり。AIエコナビ運転した場合の水量は、「液体洗剤自動投入オフ」の場合です。
  • ※14:庫内容積測定基準については、下方は最下部にある食器カゴの線材の下部とする(食器カゴから下方への部分的な突起は除く)。上方は庫内の天面部とし、左右方向、前後方向は庫内壁とする。

以上