2021年3月24日

水のように電気を持ち運ぶ社会を提案

どこでもライフバッテリー e-block(イーブロック)発売

新発想(※1)バッテリーと充放電器をセパレート

イーブロック(蓄電容量 304 Wh)、イーブロックデスク、イーブロックスタンド、持ち運ぶイメージ、使用イメージ、イーブロック 多用途での使用イメージ

品名 イーブロック イーブロックデスク+イーブロック イーブロックスタンド+イーブロック
品番 PQB0311A PQEA103A PQB0311A PQEB103A PQB0311A
品種 可搬型バッテリー 専用充放電器 可搬型バッテリー 専用充放電器 可搬型バッテリー
希望小売価格
(税抜・工事費別)
単品 80,000円 50,000円 80,000円 80,000円 80,000円
合計 - 130,000円 160,000円
受注開始日 2021年5月21日
販売目標 30,000台/年

パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社は、充放電器からバッテリーを取り外せて使える新発想(※1)の可搬型バッテリー「e-block(イーブロック)」の受注を2021年5月21日より開始します。ペットボトルの水のように持ち運び、いつでもどこでも電気を使える社会の実現を目指します。

近年多発する自然災害に対して停電時のBCP対策として定置用蓄電システムの設置が進んでいます。また新しいワークスタイルに対応したオフィスリニューアル時、コンセントの位置に制約を受ける課題があり、配線不要でモバイル機器にどこでも電源を供給できるポータブルな電源のニーズが高まってきています。イーブロックは設置場所が固定される定置用蓄電システムとは異なり、取り外せて持ち運び、交換しながら使うことで電源の課題を解決します。

イーブロックはバッテリーと充放電器をセパレート型にすることでバッテリーの小型・軽量化を実現、手軽に持ち運ぶことができます。これまでのポータブル電源では電池残量がなくなれば、コンセントのある場所まで電源装置ごと持ち運び、充電する必要がありますが、イーブロックは他のバッテリーを充電しておくことで、交換しながら継続して電気を供給することが可能です。イーブロック単体でUSB出力、イーブロックスタンド、イーブロックデスクと組合せてAC100 Vの機器へ給電し、シーンに応じた最適な使い方が可能です。さらに多彩な用途で活用するためラインアップの拡充を予定しています(※2)。また、安心して使用するためIoT化により複数のイーブロックのバッテリー状態をスマートフォンで一括管理(※3)が可能です。バッテリーと充放電器は単体で電気用品安全法の適合証明であるPSEマークを表示(※4)、システム全体でもSマーク認証を取得(※5)し、高い品質を実現しています。

当社はイーブロックを通じて、あらゆる空間で電源に困らない安心で豊かなくらしを提供していきます。

<特長>

1. 取り外せて持ち運べる小型バッテリー、充放電器との組合せで最適活用

2. IoT化で複数バッテリーの状態をまとめてチェック(※3)

3. 高品質へのこだわり、システム全体でSマーク認証取得(※5)

  • ※1:当社従来品との比較。
  • ※2:特許権利化済40件、特許出願中24件(2021年3月24日現在)
  • ※3:スマートフォン及びタブレットにイーブロックアプリのダウンロードが必要です。アプリのダウンロードは無料です。スマートフォンはiOS12~14.4のiPhone端末、Android™5.0~11.0のAndroid™端末に対応しています。別途通信料金が必要です。
  • ※4:電気用品安全法の登録検査機関による適合証明を取得予定(2021年3月24日現在申請中)
  • ※5:イーブロックとイーブロックデスクの組合せ、及びイーブロックとイーブロックスタンドの組合せによる、Sマーク認証を取得予定(2021年3月24日現在申請中)

●e-block、ライフバッテリー及びe-blockのアイコンは、パナソニック株式会社の商標です。

【お問い合わせ先】

照明と住まいの設備・建材 お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-709(受付 9:00~18:00 365日)

【特長】

1. 取り外せて持ち運べる小型バッテリー、充放電器との組合せで最適活用

イーブロックは充放電器から分離することで、取り外して持ち運ぶことが可能です。小型・軽量な約3 kgを実現し、持ち運びしやすく、必要な時に必要なだけ電気を運んで使います。蓄電容量は304 Whですが、充電済みの他のバッテリーと交換して使用することで、継続した使い方が可能です。イーブロック単体にはUSB出力端子を搭載し、スマートフォン等の充電が可能です。イーブロックスタンド、イーブロックデスクを組み合わせればAC100 Vの機器へ給電し、シーンに合わせて最適な使い方が可能です。

(1)イーブロックは小型・軽量で持ち運びしやすい約3 kg

質量約3 kgは災害時応急受水用袋に水を入れた状態と同様の重さです。

水を入れて1袋(約3 kg)をエレベーターが止まったマンションでも階段で運べるイメージ図、小学生低学年でも持ち歩けるイメージ図

(2)バッテリーと充放電器をセパレート、取り外して持ち運ぶことが可能

バッテリーと充放電器をセパレート、取り外して持ち運ぶイメージ

(3)交換しながら継続した使い方が可能

交換しながら継続した使い方のイメージ

(4)停電時、蓄電容量304 Whで使える時間の目安

停電時、蓄電容量304 Whで使える時間の目安イメージ、使用機器への給電の目安イメージ図(AC出力最大300 VA)
初期満充電時、停電時に使用できる機器の動作時間については、各製品カタログ値を元に計算したものであり、動作を保証するものでありません。バッテリー容量は304 Whですが、接続機器の力率、機器内自己消費電力等を加味しています。
ノートパソコン、卓上照明、モニターは専用充放電器とセットで使用した場合。

(5)平常時から災害時まで様々なシーンで活躍

■イーブロック
直接スマートフォンに給電イメージ(USBコンセント 2ポート)
■イーブロックデスク
AC100 V機器への給電イメージ(ACコンセント 1口、デスクの上、床置き)
■イーブロックスタンド

AC、USB出力 同時対応イメージ(ACコンセント 2口、USBコンセント 2ポート)、デスクの横で、スッキリ設置イメージ

2. IoT化で複数バッテリーの状態をまとめてチェック(※3)

イーブロックは本体のLED表示でバッテリーの状態を確認することが可能です。加えてBluetooth® 無線技術も搭載し、スマートフォンアプリ(※3)と無線で通信(※6)させることで、複数のイーブロックの状態を一度にチェックできます。管理機器登録を行えば、バッテリーの状態やサーバーからの重要なお知らせを通知させることも可能です。交換時期を予測し、使いたいときに蓄電容量が不足しているなどの不便さを防止、利便性を向上させます。

(1)スマートフォンアプリで複数台のバッテリーの状態をチェック(※3)

スマートフォンアプリで複数台のバッテリー状態をチェックするイメージ

(2)管理機器登録で複数バッテリーの残量や使用状態を通知(※7)

管理機器登録で複数バッテリーの残量や使用状態を通知するイメージ

(3)イーブロック本体LED表示でバッテリー状況の確認可能

イーブロック本体LED表示でバッテリー状況の確認イメージ

  • ※6:通信時はイーブロックを起動状態にし、アプリ起動後、約10 m範囲以内のイーブロックの状態を表示、通知します。
  • ※7:スマートフォンの通知には、イーブロックアプリで検知した対象のバッテリーの管理機器登録が必要です。
  • ●Bluetooth® ワードマークおよびロゴは登録商標であり、Bluetooth SIG, Inc. が所有権を有します。パナソニック株式会社は使用許諾の下でこれらのマークおよびロゴを使用しています。●Google、Android、Google PlayおよびGoogle PlayロゴはGoogle LLCの商標です。●Apple、Appleのロゴ、iPad、iPhone、iPod touch、Siriは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。iOSは、Apple Inc.のOS名称です。iOSは、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。

3. 高品質へのこだわり、システム全体でSマーク認証取得(※5)

イーブロックはシステム全体で安心してご使用いただくためバッテリーと充放電器の組合せでSマーク認証(※5)を取得しています。また一般的なポータブル電源は付属のACアダプターにPSEマークの表示がありますが、バッテリー本体は電気用品安全法の対象外のためPSEマークの表示がありません。イーブロックはバッテリーと充放電器にPSEマークを表示(※4)し、製品単体及びシステム全体でも高い品質を実現し、電気用品における危険及び障害の発生を防止します。

(1)システム全体でSマーク認証取得(※5)

一般的なポータブル電源イメージ図(バッテリー部本体にPSE適用規格がない)、イーブロック イメージ図(システム全体で認証)

(2)廃棄放電処理機能

寿命となったバッテリーを安全に回収、リサイクルするためにバッテリーの残量を放電させる廃棄放電処理機能(※8)を搭載。

廃棄放電処理機能イメージ(SOC10%まで放電)

(3)長期間保管に備えてスリープ機能(※9)

バッテリーは使用していない間も電力を消費します。長期間保管したい場合、スリープ機能でバッテリーの自己消費を抑制します。

スリープ機能イメージ

4. その他機能

平常時はバイパス出力で充電しながら接続機器に接続可能、バッテリーに充電しながら接続機器にはバイパス出力で給電可能、バッテリーの劣化を抑制します。バイパス出力時は、突然停電になっても自動で自立運転に切り替えます。

平常時の充電、給電イメージ図、停電時の給電イメージ図

  • ※8:スマートフォンアプリで管理機器登録済のバッテリーのみ対応。アプリ起動時のみ機能が有効になります。
  • ※9:スマートフォンアプリで管理機器登録済のバッテリーのみ対応。スリープ状態になると、スマートフォンのアプリも反応しません。スリープ状態でも点検のため1年に1回の充電を推奨します。

■仕様一覧

品名 イーブロック
品番 PQB0311A
画像

【イーブロック】(蓄電容量 304 Wh)】

内蔵バッテリー リチウムイオン蓄電池
蓄電容量 304 Wh
定格容量 11.84 Ah
USB出力 定格出力 DC5 V,2.0 A/port×2
(2port使用時は合計3.0 Aまで)
出力端子 USB type-A
バッテリー入出力 定格電圧 DC25.76 V
定格入力電流 DC2.79 A(充電)
定格出力電流 DC20 A(放電)
通信機能 Bluetooth® 情報端末接続時
使用場所 屋内
使用環境 温度:充電時:0℃~40℃/放電時:-10℃~40℃
湿度:0%~85%RH(ただし結露なきこと)
外形寸法(mm) W98×D110×H220
質量 約2.9 kg
Li-ion20 ロゴ
品名 イーブロックデスク イーブロックスタンド
品番 PQEA103A PQEB103A
画像

イーブロックデスク

イーブロックスタンド

AC入出力 定格電圧 単相AC100 V
定格周波数 50 Hz/60 Hz
AC入力 定格電流 AC15 A
定格電力 1500 W
入力端子 接地極付3端子プラグ
AC出力 定格電流 AC3 A(バッテリー出力)/AC13 A(バイパス出力)
定格電力 300 VA(バッテリー出力)/1300 VA(バイパス出力)
出力端子 接地極付3端子コンセント×1個 接地極付3端子コンセント×2個
USB出力 定格出力 - DC5 V,2.0 A/port×2個
出力端子 - USB type-A
DC入力 定格電圧 DC25.76 V
定格電流 DC20 A(バッテリー放電)
DC出力 定格電圧 DC29.05 V
定格電流 DC2.79 A(バッテリー充電)
使用場所 屋内設置
使用環境 温度:-10℃~40℃、湿度:0%~85%RH(ただし結露なきこと)
外形寸法(mm) W130×D257×H161 W200×D260×H912
質量 約2.6 kg(コンセントケーブルを含まない) 約4.9 kg(コンセントケーブルを含まない)
  • *仕様は予告なく変更する場合があります。
  • ●充放電器の使用環境における注意事項
    本製品を正しく利用するためには以下の項目を遵守頂きますようお願い致します。
    定格15 A、単相100 Vのコンセントを単独でご使用ください。
    専用ACコンセントケーブルは、接地極付きコンセントに接続してご使用ください。
    使用環境の分電盤には漏電検知付の定格電流15 A/20 Aのブレーカがあることをご確認ください。
  • ●Bluetooth® ワードマークおよびロゴは登録商標であり、Bluetooth SIG, Inc. が所有権を有します。パナソニック株式会社は使用許諾の下でこれらのマークおよびロゴを使用しています。

以上