2020年9月28日

省施工・軽量のアルミ製トンネル用LED照明器具

一般道路・高速道路のトンネル用
アルミ製LEDトンネル照明器具「KAEシリーズ」を発売

新設・全面改修・部分改修など、さまざまな現場のニーズにお応え

アルミ製LEDトンネル照明器具「KAEシリーズ」HKタイプ KRタイプ、トンネル内イメージ

品名 アルミ製LEDトンネル照明器具「KAEシリーズ」
器具スタイル HKタイプ KRタイプ
用途 一般道路・高速道路 一般道路
特長 省施工
フック型の取付金具
既設金具を利用
簡単リニューアル
希望小売価格(税抜) オープン
発売日 2020年10月1日

パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社は、一般道路や高速道路のトンネル用アルミ製LEDトンネル照明器具「KAEシリーズ」HKタイプ・KRタイプを2020年10月1日より発売します。2020年4月にリニューアル発売した高速道路向けのSTタイプと合わせ、省施工で軽量な「KAEシリーズ」として合計3タイプの品ぞろえとなります。

2019年3月末の低圧ナトリウムランプ販売終了を受け、トンネル照明のLED改修需要は大きく膨らんでいます。省施工・軽量・安全性を実現した幅広い新製品を品ぞろえすることで、全面改修・部分改修などさまざまな現場のニーズにお応えします。

HKタイプは、株式会社タチバナと共同開発したフック型の取付金具を採用し、金具にひっかけて施工する新方式の商品です。そのため器具を仮置きして施工することが可能になり、施工時間は従来のプレス加工器具の施工に比べ、約68%短縮(※1)できます。また、その場で角度調整ができるため、事前の角度調査が不要になります。取付金具には、万が一を想定した緩み止め効果の高い特殊なナットとボルトを採用しているため、しっかりと固定できます。落下対策には、株式会社タチバナ製のフラットバーを採用、従来のワイヤーに比べ車道側に振れにくくなっています。一般道路や高速道路のトンネルの部分改修・全面改修どちらにもおすすめです。

KRタイプは一般道路のトンネル向けで、既存の金具を流用し、低予算・省施工でLEDへのリニューアルが可能になります。車道を積極的に照らす「省エネ重視」タイプと、壁面側にも配光を広げた「視環境重視タイプ」を品揃えしています。「視環境重視」タイプは、市場に多く設置されている低圧ナトリウム灯(NXトンネル器具)に近い配光で、部分改修(器具取り替え)が簡単にできます。

既発売のSTタイプは、スリムなスタンダードタイプのトンネル照明です。広スパン設計による器具台数を削減したリニューアルが可能で、全面改修におすすめです。

<特長>

1. HKタイプ:フック型金具に引っ掛けて施工する新方式で、省施工と安全性を実現

2. KRタイプ:既設金具を利用して簡単リニューアル。低圧ナトリウム灯からの置き換えに

  • ※1 取付金具を組む作業から壁面取付までの時間。結線作業は除く。(当社調べ)

【お問い合わせ先】

照明と住まいの設備・建材 お客様ご相談センター
0120-878-709(受付9:00~18:00)

ライフソリューションズ社 ライティング事業部 プロフェッショナルライティングBU エンジニアリングビジネス推進センター
交通インフラ推進グループ グローバルマーケティング企画課
電話:06-6908-1131(代表 受付 9:00~17:30)

1. HKタイプ:フック型金具に引っ掛けて施工する新方式で、省施工と安全性を実現

HKタイプは、株式会社タチバナと共同開発したフック型の取付金具を採用しており、金具にひっかけて施工できるため、器具を仮置きして施工することが可能です。
従来のプレス加工器具の施工に比べ、施工時間を約68%短縮できます。
また、その場で角度調整ができるため、事前の角度調査が不要になります。
一般道路や高速道路のトンネルの部分改修・全面改修どちらにもおすすめです。

HKタイプ画像

設置作業手順動画:https://youtu.be/T-5iP4lPdP8

プレス加工器具と比較して約68%の時間短縮が可能

取付金具と器具の間の落下対策として、緩み止め効果の高い特殊ナットとボルトを使用しています。万一、ボルトがゆるんだり、脱落した場合でも、フック型の引掛け構造で器具は落下しません。

1.緩み止め効果が高い特ナットとボルトを使用。2.万一ボルトがゆるんだとしても押さえ座金で落下を防止。3.万一ボルトが脱落したとしても引掛け構造で器具を支える。

取付金具、アンカーボルトの不具合による落下への対策として、落下防止金具として、株式会社タチバナ製のフラットバーを採用しています。従来のワイヤーに比べ、器具が車道側に振れにくい構造になっています。

落下対策動画:https://youtu.be/VlX0REVkCxg

取付金具・アンカーボルトの不具合による落下対策

2. KRタイプ:既設金具を利用して簡単リニューアル。低圧ナトリウム灯からの置き換えに

KRタイプは、一般道路の多くに採用されているNX器具(低圧ナトリウム灯)の既設金具を利用して、低予算で簡単にLED器具へのリニューアルが可能になる商品です。

一般的なNX器具であるプレス式の器具と板金式の器具では取付穴間隔が異なり、両器具の取付穴間隔に対応するには、アジャスト金具が必要になります。KRタイプは、その両方にアジャスト金具無しで取り付けることが可能です。配線設備、取付金具、アンカーボルトをそのまま活用して、器具のみを 交換するリニューアルにおすすめです。

板金タイプ・プレスタイプ両方の取り付けピッチに対応!

主に車道を積極的に照らす「省エネ重視」タイプと、壁面にも配光を広げた「視環境重視」タイプを品揃え。「視環境重視」タイプは、既設の低圧ナトリウムランプに近い広がりのある配光なので、1台~数台だけ取り替えるといった部分改修におすすめです。なお、商品はNX器具のすべての明るさに対応し、NX35~180までフルラインアップしています。

「省エネ重視」タイプと、壁面にも配光を広げた「視環境重視」タイプの設置イメージ

既設のNX器具、NX代替器具(KRタイプ)約64%軽量

【ご参考】おすすめ分け

STタイプ、HKタイプ、KRタイプ

以上