2020年9月10日

サーキュラーエコノミー時代を見据え、TENNOZ Rimで
高濃度セルロースファイバー リユースカップ「森のタンブラー」の
飲食サブスクリプションモデルの実証実験を開始

TENNOZ Rim 外観イメージ

パナソニック株式会社は、サーキュラーエコノミー(循環型経済)の実現に向けて、「高濃度セルロースファイバー*1成形材料」を応用した環境配慮型リユースカップ「森のタンブラー」*2による飲食サブスクリプションモデルの実証実験をTENNOZ Rim*3(東京都品川区)内で行います。

当社は、2019年にアサヒビール株式会社と協業して、高濃度セルロースファイバーを活用したリユースカップ「森のタンブラー」(以下、本カップ)を開発し、イベントや飲食店向けへ展開を進めてきました。今回、TENNOZ Rim内のカフェ「KITEN(きてん)」(株式会社FRAME LUNCHが運営)が9月14日(月)から10月30日(金)に提供する飲食サブスクリプションサービスと組み合わせ、利用者が、期間中5,000円(税抜)のプランに加入し、実証実験用に提供される本カップと蓋を持参すると、KITENのドリンク1杯もしくはフード1品を提供します(平日1日1回限定)。なお、今回の実証実験では、本カップと同じ素材でできた持ち運び用の蓋を新規開発し、イートインだけでなくテイクアウトにも対応します。また蓋の裏面にQRコードを印字して、店頭で読み取り、本カップの使用回数および、使い捨てプラスチックカップの削減効果を数値化します。

「森のタンブラー」イメージ_01

「森のタンブラー」イメージ_02

当社は、本実証実験を通して、文化・アートの発信基地として近年注目を集める天王洲エリア全体の新たな賑わいづくりと使い捨てプラスチック容器削減に貢献すると共に、環境に優しい容器の普及活動によるサーキュラーエコノミー(循環型経済)の貢献を目指していきます。

  • *1 当社が独自に開発したナノ~マイクロに微細化されたパルプ成分を55%以上含有する新開発の樹脂です。当社独自の金型・樹脂成形技術により、独特の風合いと強度を実現できます。
  • *2 森のタンブラー 公式HP FUTURE Tide URL:https://futuretide.jp/
  • *3 パナソニックが保有する築古ビルをリノベーションし、地域活性化を目指した複合施設。コワーキング スペースや次世代 オフィスラボ、リハーサルスタジオ、カフェ(KITEN)などで構成されています。
    URL:https://www.tennoz-rim.tokyo/
TENNOZ Rim(左)と施設内のカフェ「KITEN」(右)

【実証実験の概要】

  • ・利用者にはサブスクリプション契約で、オリジナルデザインの「森のタンブラー」を提供(蓋、ストラップ付)。
  • ・「森のタンブラー」を持ち込むと、対象メニューを1日1品、カップに入れて提供。
    テイクアウトでもイートインでも利用可。
  • ・利用客は、天王洲の運河に面したテラスに設置された「サブスク優先席」を優先的に利用可能。
  • 提供主体:KITEN(運営:株式会社FRAME LUNCH)
  • 期間:2020年9月14日(月)~10月30日(金)まで(平日のみ)
  • 時間:15:00~22:00(21:30ラストオーダー)
  • 料金:5,000円(税抜)
  • 対象メニュー:レモンサワー、ジントニック、ビール、ソフトドリンク各種、コーヒー、ガパオライス、からあげ、ポテト、サラダ等

【提供イメージ】

1. カップ・蓋・ストラップを持ち込む

2. 蓋の裏面のQRコードを読み込み

3. カップにフードやドリンクをいれて提供

以上