2018年11月2日

毎日のくらしをアップデートする都市型IoT住宅

『カサート アーバン』新発売

「くらしの統合プラットフォームHomeX」を搭載

パナソニック ホームズ株式会社は、このたび、毎日のくらしをアップデートする都市型IoT住宅『カサート アーバン』を、2018年11月3日より新発売いたします。

「住まいは、人が暮らしていく上で最も大切な場であり、人格を形成していくもの。それにふさわしい良い家をつくりたい」。当社は、創業者 松下幸之助の家づくりに込めた強い使命感を胸に、時代に求められる技術と設計対応力を高めながら、多くのご家族の夢をカタチにしてきました。
このたび、現代の都市生活に快適な空間を求める人々に向け、パナソニック100年の知恵と工夫で、進化し続ける住まい『カサート アーバン』をお届けします。
同住宅は、確固たる住宅性能に加え、パナソニックの「くらしの統合プラットフォームHomeX」(以下、HomeX)を搭載し、一人ひとりのくらしをアップデートしながら、充実した家族の時を創り出す"パナソニック100周年記念住宅"となっています。

『カサート アーバン』は、HomeXにより、人それぞれの生活スタイルに合わせて、家電や住宅設備の機能を統合し、家が家族をつなぎ、見守り、応援します。また、インターネットを通じたさまざまなサービスと連携した新しい機能や、遊びにあふれた体験等で、毎日のくらしをアップデートし、IoTで進化し続けるくらしを提案します。

外観は、都市のシンボルとして、歳月と共に味わいを深めるデザインを取り入れ、家族の生命・財産を守り快適にくらせる強固な構造・優れた住宅性能をベースに、都市部の厳しい設計条件をクリアしながら、柱や間仕切りの少ない開放的な空間設計が可能。天井高は、2階リビングでもハイ天井(2.7 m)に対応できます。

また、花粉・PM 2.5の流入や防犯の面で、窓を開放しにくい都市部においても、汚れた外気をキレイにして室内に取り入れ、居室ごとの温度調整も可能な換気・空調システム「エアロハス」や、くらしのニオイを抑える「エアイーX」の採用等、一年を通じて安心で健康的な室内環境を実現し、ヒートショック対策にもつながります。
このほか、こだわりの音に包まれるくらしの提案として、邸別に専門の技術者が音響をチューニングする「テクニクス」※1ビルトインサウンドシステムも提案。パナソニックグループの総合力で、豊かな空間・くらしを実現します。

<お問い合わせ先>

パナソニック ホームズ株式会社 宣伝・広報部 広報課
TEL 06-6834-1955

■『カサート アーバン』の特長

【IoTで、進化し続けるくらし】

(1)毎日のくらしをアップデート。家が家族をつなぎ、見守り、応援する「くらしの統合プラットフォームHomeX」を搭載

「HomeX Display」イメージ

『カサート アーバン』は、「くらしの統合プラットフォーム HomeX」を搭載。家族同士のコミュニケーションはもちろん、複数の居室に設置した「HomeX Display」から、照明やシャッターを遠隔操作したり、天気予報等の多彩な情報を得たり、クラウドにつながることで、一人ひとりのライフスタイルに合わせてくらしをどんどんアップデートしていくことができます。

●「HomeX Display」の機能※2
つながる

家族のライフスタイルに合わせて、新着動画や天気情報等、おすすめの生活情報を提案。
伝言や宅内通話等、いつも家族を身近に感じながら、新しいくらしの発見につながります。

見守る

台風の接近時には風雨や飛来物、停電に備え、自動でシャッターを閉めて蓄電池に充電を開始。家族の何気ない毎日を見守り、ずっと続く安心のくらしをサポートします。

応援する

家事や仕事に集中が必要な時や、家族と楽しむ時間、やすらぎの時間等、さまざまなくらしのシーンをあかりや音で演出。X'mas等にはサプライズでシーンを盛り上げます。

【都市の住まいに、広さの新概念】

(2)繰り返す地震にも負けない強い構造で、限りある都市の敷地に期待を超える広さを可能に

これまでの都市型住宅では、都市部ならではの厳しい設計条件により、室内の広さにはある程度の制約を強いられてきました。『カサート アーバン』は、強固な構造が可能にする柱や間仕切りの少ない開放的な空間設計、業界最小※3の15 cmモジュールや勾配架構・ダウンフロアで、都市の限りある敷地を最大限に活用。タテにもヨコにも立体的に広がる大空間の住まいを実現します。

●設計の自由度を高める業界最小15 cmモジュール
一般的な設計モジュールは45 cmピッチですが、当社の「マルチモジュールシステム」は、業界最小※3の15ピッチ単位で調整が可能。敷地形状や斜線制限に合わせ、居住面積を最大限に確保しながら間取りの自由度も格段に広がります。※4

●2階リビングでもハイ天井(天井高2.7 m)に対応可能
斜線制限に対応する勾配屋根を採用することで、居住面積を確保しながら天井高を2.7 mに。さらに60 cmのダウンフロアと大開口の組み合わせで、都市部に多い2階リビングにおいても、明るく開放的で伸びやかな空間が実現できます。

【春夏秋冬、安心の空気を】

(3)窓開放の換気が難しい都市の家に、健やかで爽やかな空気環境を実現

花粉・PM 2.5の流入や防犯の面で、窓を開け放しての換気が難しい都市部の住宅事情において、『カサート アーバン』は、汚れた外気もキレイにして室内に取り入れ、こもりがちなくらしのニオイも抑制。部屋ごとの温度調節も可能な全館空調で、一年を通じて安心で健康的な室内環境を実現、ヒートショック対策にもつながります。

●新概念の快適・新空調「エアロハス」を採用
家中を快適な温度に保ちながら、自然の力(地熱)の活用と各室を温度センサーで制御することで快適性と省エネを実現し、0.3 μm の微粒子を99.97 %除去※5できる超高性能「HEPAフィルター」で浄化します。1台の高性能専用エアコンを搭載し、各室ごとに温度調整が可能で、家じゅうを健康的な空気で満たします。

●「エアイーX」でくらしのニオイを抑制※6
室内の空気はキレイでも、どうしても食事やペット等の生活臭はこもりがち。先進のナノイーX※1発生機「エアイーX」※1が気になるニオイを抑え、室内の空気の質をさらに高めます。

(4)都市のシンボルとして、歳月と共に味わいを深める外観デザイン

勾配屋根から水平に伸びるファサードが、都市に洗練された表情を創出する外観デザイン。バルコニーや玄関の庇は、外観全体に陰影を生みだし、奥行きのある存在感を演出します。清楚な白御影石の壁と光触媒タイル、大開口の窓が印象的な、アーバンスタイルの邸宅です。

(5)パナソニックの先進技術で心地いい時間を提案※7

  • ●「テクニクス」ビルトインサウンドシステム
  • こだわりの「音」につつまれたくらしの新提案
  • ●キッチン・バス・ドレッシング、それぞれの新しい空間を提案する「住空間」
  • 「Irori Dining(いろりダイニング)」
  • 「My Home Resort(マイホームリゾート)」
  • 「Salon á la Maison(サロン ア・ラ・メゾン)」
商品名 『カサート アーバン』
発売日 2018年11月3日
構造 制震鉄骨軸組構造
参考価格 4,000万円(標準本体価格・消費税別)
※延床面積 152.12 m2(46.01坪)
※ZEH仕様(太陽光発電システム 6.8 kw・蓄電池 5.6 kw含む)
※価格は、地域、延床面積および設備・仕様等により異なります
販売地域 北海道および一部地域を除く全国
販売目標 初年度200棟

◎『カサート アーバン』モデルハウス

名称所在地オープン日
駒沢 東京都世田谷区駒沢5-9
(駒沢公園ハウジングギャラリー内)
2018年11月
長久手 愛知県長久手市岩作長鶴50
(CBCハウジング長久手住まいの公園)
同上

◎『カサート アーバン』ホームページ

https://homes.panasonic.com/sumai/lineup/casart/urban/

  • ※1:「テクニクス」「ナノイーX」「エアイーX」はパナソニックの登録商標
  • ※2:「HomeX Display」の機能には、今後アップデートする機能も一部含まれます
  • ※3:工業化住宅業界において(2018年10月 当社調べ)
  • ※4:敷地境界線と建物の距離については、別途法令上の制限に従う必要があります
  • ※5:HEPAフィルターの性能値。工場出荷時の初期性能になります。換気システム全体の数値を示すものではあリません
    また0.3 μm未満の微小粒子状物質については除去の確認ができていません
  • ※6:脱臭効果は周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類等によって異なり、常時発生し続けるニオイ成分を全て除去できるわけではありません
  • ※7:オプションとなります

以上