2018年9月20日

アイドリングストップ車用バッテリーの大容量化を実現

カーバッテリー「caos(カオス)」シリーズをリニューアル発売

カーバッテリー「caos(カオス)」シリーズ(アイドリングストップ車用バッテリー、標準車(充電制御車)用バッテリー、ハイブリッド車(補機)用バッテリー)

品名 caos(カオス)
品番 [1]アイドリングストップ車用: 8品番
[2]標準車(充電制御車)用:10品番
[3]ハイブリッド車(補機)用:10品番
メーカー希望小売価格 オープン価格
発売日 2018年11月中旬

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、アイドリングストップ車用バッテリーの大容量化を実現した「caos(カオス)」シリーズを2018年11月中旬より発売いたします。

車の電子化や省燃費技術の進化により、カーバッテリーの負担は増加傾向にあります。特に普及が進むアイドリングストップシステム搭載車は、停車時にエンジンの始動を繰り返すことから、車本来の省燃費性能に貢献する高性能なカーバッテリーが求められています。
新「caos」アイドリングストップ車用は、電池材料・構造・工法までを見直すことで、業界最高水準の大容量化※1を実現し、また、充電不足による燃費低下抑制のため、素早く充電できるクイックチャージ性能※2を強化しました。さらに耐久性を高めることで、従来品比約1.77倍※3の長寿命化も実現しています。

新「caos」シリーズは「[1]アイドリングストップ車用」「[2]標準車(充電制御車)用」「[3]ハイブリッド車(補機)用」の3タイプで、用途に適した特性を持つ高性能バッテリーをラインアップしています。

【特長】

  1. 業界最高水準の大容量化※1とクイックチャージ性能※2で省燃費に貢献。(アイドリングストップ車用)
  2. アイドリングストップ車に適した電池特性により当社従来品比約1.77倍※3の長寿命化を実現。
    (アイドリングストップ車用)
  3. バッテリー液の減少を従来比で約半分※4まで抑制し、補水の手間を低減(新技術ハイドロコントロールシステム)。(アイドリングストップ車用)
  • ※1:国内市販カーバッテリーの同一性能ランク(カーバッテリーの始動性能や容量等の総合性能を表す)表示の公表値において。2018年8月31日現在、当社調べ。
  • ※2:当社独自試験による単位時間当たりの充電される電気量(Mサイズでの当社従来品比)
  • ※3:当社独自試験によるアイドリングストップが作動しなくなるまでの期間(Mサイズでの当社従来品比)
  • ※4:アイドリングストップ車用バッテリーの通常の使用方法において減液抑制効果(当社従来品比195%)を発揮する(Tサイズを除く)もので、補水メンテナンスの不要を保証するものではありません。

【お問い合わせ先】

お客様 お客様ご相談センター
電話:0570-200-872 (受付時間 9:00~18:00 365日)

【特長】

1. 業界最高水準の大容量化※1とクイックチャージ性能※2で省燃費に貢献。(アイドリングストップ車用)

アイドリングストップ車では、エンジン停止時にもエアコンのファンやカーナビなどの電力を全てカーバッテリーから供給する必要があり、カーバッテリーの電圧が下がるとアイドリングストップシステムが停止し、車両本来の燃費性能を維持できなくなります。

新「caos」は、従来より使用していた「三次元高密度ペースト」の配合をさらに進化させ、ペーストの電気反応面積を増やすことで、業界最高水準の大容量化※1を実現しました。

アイドリングストップ車では、カーバッテリーが放電気味で使用されるため、充電が不足しがちです。新「caos」は、ペーストにアイドリングストップシステムに適した新たな添加剤を採用することで、充電不足状態から素早く回復させるクイックチャージ性能※2を向上。大容量化と合わせて、アイドリングストップを安定作動させ、車両本来の省燃費性能を維持します。

  • ※1:国内市販カーバッテリーの同一性能ランク(カーバッテリーの始動性能や容量等の総合性能を表す)表示の公表値において。2018年8月31日現在、当社調べ。
  • ※2:当社独自試験による単位時間当たりの充電される電気量(Mサイズでの当社従来品比)

2. アイドリングストップ車に適した電池特性により当社従来品比約1.77倍※3の長寿命化を実現。(アイドリングストップ車用)

アイドリングストップ車は、エンジン停止、再始動時に頻繁な充放電を繰り返すため、バッテリーが劣化しやすくなります。劣化が進むと、バッテリーの電圧が下がり、アイドリングストップシステムが機能しなくなることがあります。
新「caos」は、極板同士をつなぐストラップ部に新規工法を採用し、電気が集約されるストラップ部の低抵抗化を図り、また新たな添加剤を採用することで、寿命末期まで高い電圧を維持します。これにより、アイドリングストップ可能期間が延長、従来品に比べて電池寿命が約1.77倍※3に向上しました。

  • ※3:当社独自試験によるアイドリングストップが作動しなくなるまでの期間(Mサイズでの当社従来品比)

3. バッテリー液の減少を従来比で約半分※4まで抑制し、補水の手間を低減(新技術ハイドロコントロールシステム)。(アイドリングストップ車用)

カーバッテリーは使用に伴い温度変化による蒸発や電気分解により必ずバッテリー液が減少していきます。「ハイドロコントロールシステム」はカーバッテリー内部で発生した水蒸気やガスの流出を抑制することで、優れた減液抑制効果を発揮し、アイドリングストップ車用バッテリーにおいて、バッテリー液の減少を従来の約半分※4にまで抑制。補水メンテナンスの手間を軽減、さらに、減液が原因となり発生するバッテリー破損事故の発生リスクを軽減し、安全性にも配慮しています。

  • ※4:アイドリングストップ車用バッテリーの通常の使用方法において減液抑制効果(当社従来品比195%)を発揮する(Tサイズを除く)もので、補水メンテナンスの不要を保証するものではありません。

【用語説明】

[1]アイドリングストップ車
一時停車時にエンジンを停止し、燃料の消費を抑える仕組みを搭載した車両。エンジン停止、再始動時に頻繁な充放電を繰り返すため、カーバッテリーには非常に大きな負担がかかります。
[2]充電制御車
カーバッテリーが一定量まで充電されると発電機(オルタネーター)を停止し、エンジン負荷を減らして燃費を向上させるシステムを搭載した車両。この機能がないと、カーバッテリーが満充電状態であっても、発電機が常時作動して充電を継続します。
[3]ハイブリッド車(補機)
ハイブリッド車のモーターを動かすメインバッテリーとは別に、ハイブリッドシステムの起動や電装品への電力供給を行う役割を持つのが補機用バッテリーです。ハイブリッド車はエンジンルーム内のスペースに余裕が少なく、補機用バッテリーはメンテナンスのしにくい車内やトランクルームに設置されることが多いため、補水不要の「制御弁式(VRLA)バッテリー」が使用されています。

【要項表】

以上