2018年7月9日

ゴレーネ社の株式売却を完了

パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役 社長:津賀 一宏、以下:パナソニック)は、中国の家電大手である海信集団のグループ企業、ハイセンス・ルクセンブルク・ホーム・アプライアンス・ホールディングスが実施したスロベニアの家電大手Gorenje gospodinjski aparati d.d.(本社:スロベニア共和国ベレーネ市、社長:Franjo Bobinac、以下、ゴレーネ)への株式公開買い付け(TOB)に応募しておりましたが、この度保有する全株式の売却手続きが完了しましたので、お知らせいたします。(株価:12ユーロ、2,623,664株、発行済株式総数の10.74%)

パナソニックは、欧州地域における家電事業の成長加速に向けて、2013年7月にゴレーネ社と資本・業務提携契約を締結し、発行済株式総数の10.5%を取得しました。2015年12月には株式買い増しを行い、出資比率は10.74%となりましたが、事業環境の変化により、2017年7~9月期に冷蔵庫と洗濯機・乾燥機での協業の終了に合意しました。

以上