テクニクス ダイレクトドライブターンテーブルシステム SL-1200MK7 にシルバーモデルを追加発売

2021年4月22日

トピックス

テクニクス ダイレクトドライブターンテーブルシステム「SL-1200MK7」パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、テクニクスブランドのダイレクトドライブターンテーブルシステムSL-1200MK7の新色としてシルバーモデルを2021年5月21日より発売します。

SL-1200シリーズは、ダイレクトドライブ方式ならではの高音質と信頼性や操作性が評価され、ディスコやクラブにおける定番機となり、シリーズ(※1)累計販売台数が350万台を超え、今なお世界中で愛用されています。

パナソニックが2019年5月に発売したSL-1200MK7は、SL-1200MKシリーズの11年ぶりの新製品です。ボタンレイアウトやプラッターの慣性質量などDJパフォーマンスに影響する仕様はSL-1200MKシリーズを踏襲しながら、新生テクニクスの開発で培った技術を用いて音質を高めるとともに、トルク・ブレーキスピードの調整や逆回転再生(※2)など、パフォーマンスの可能性を広げる新たな機能も搭載しています。発売以来、DJターンテーブルの新たなスタンダードモデルとしてDJに支持されているほか、本格的なアナログプレーヤーとしてHi-Fiオーディオユーザーにもご使用いただいています。

昨今、クラブや自宅からの動画配信が増加するなどDJスタイルが変化しています。動画配信では選曲やリズムなどの音に加えて、DJの手元が映され、ターンテーブルやミキサーの操作をはじめとしたプレイがこれまで以上に注目されています。このような中、ミキサーなどのDJ機器やアンプなどのコンポーネントとターンテーブルの色を合わせたいというご要望にお応えし、追加色としてシルバーモデルを発売します。発売中のブラックに加え、シルバーとの2色展開にすることで、お使いの機器にマッチする色を選ぶことができます。

【品名】ダイレクトドライブターンテーブルシステム
【品番】SL-1200MK7
【色】-S(シルバー)
【メーカー希望小売価格(税込)】99,000円
【発売日】2021年5月21日
※1:1972年発売のSL-1200から2008年発売のSL-1200MK6まで。
※2:逆回転再生機能を使用するには、本体スイッチをオンにする必要があります。

<主な特長>
1.Hi-Fiで培った技術によりDJターンテーブルとしての性能・機能を昇華
・トルク・ブレーキスピードの調整や逆回転再生(※2)機能を搭載
2.SL-1200MKシリーズと同じ感覚で使用できる操作性、レイアウト
3.高剛性筐体、高減衰インシュレーターなどの高音質化設計

<主な仕様>
■回転数:33 1/3 rpm、45 rpm(78 rpm:切換スイッチで設定)
■回転数調整範囲(ピッチ切換):± 8%、± 16%
■起動トルク:1.8 kg・cm(0.18 N・m)
■起動特性:0.7秒(33 1/3 rpm時)
■トーンアーム形式:ユニバーサルS字形トーンアーム スタティックバランス型
■適用カートリッジ質量:5.6 g~12.0 g、14.3 g~20.7 g(ヘッドシェル含む)
■出力端子:PHONO端子×1、PHONOアース端子×1
■外形寸法(幅×高さ×奥行):453×169×353 mm
■質量:約9.6kg
■付属品:スリップマット×1、スリップシート×1、ダストカバー×1、EPレコード用アダプター×1、
バランスウェイト×1、シェル×1、PHONOケーブル×1、PHONOアース線×1、電源コード×1

【お客様お問い合せ先】
ディーガ・オーディオご相談窓口
フリーダイヤル:0120-878-982(受付9時~18時)

▼ダイレクトドライブターンテーブルシステム SL-1200MK7
https://jp.technics.com/products/1200mk7/

<関連情報>
▼テクニクス ブランドサイト
https://jp.technics.com/
▼テクニクス 日本公式Instagram
https://www.instagram.com/technics_jp/
テクニクス ダイレクトドライブターンテーブルシステム「SL-1200MK7」テクニクス ダイレクトドライブターンテーブルシステム「SL-1200MK7」左:-S(シルバー)、右:-K(ブラック)

発表年月
発表年月