新HDスタジオカメラシステムを、4K対応にアップグレード可能な4K/12G-SDIインターフェイスキットを発売

2021年4月14日

トピックス

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、HDスタジオカメラAK-HC3900システムを4Kカメラとして使用可能とする4K/12G-SDIインターフェイスキットAK-HUC01Gを2021年4月より発売します。

AK-HUC01Gは、AK-HC3900システムで水平/垂直解像度2000TV本の高画質4K映像信号を出力することができるオプションキットです。4K光学ローパスフィルターをAK-HC3900に装着し、4K出力ボードをカメラコントロールユニット(CCU)AK-HCU250に装着して使用します。

4K出力ボードを装着したカメラコントロールユニット(CCU)AK-HCU250は、CCU本体に搭載されたHD‐SDI出力に加え、12G-SDI出力や3G-SDI Quad Link出力といった多彩な出力インターフェイスにも対応し、4K映像制作の現場で高い運用性を発揮します。さらに、広色域な映像表現を可能にするITU-R BT.2020に対応し、BT.709とのサイマル出力も可能になるなど4Kハイエンドモデルに迫る充実した機能性を実現します。

パナソニックは「A Better Life, A Better World」の実現を目指し、高品位な映像品質と使いやすさを備えたスタジオカメラシステムにより、ライブプロダクション業界に新たな価値を提供していきます。

【品名】4K/12G-SDIインターフェイスキット
【品番】AK-HUC01G
【本体希望小売価格】本体希望小売価格 902,000円(税抜価格820,000円)
【発売時期】2021年4月

【リリースに関するお問合せ先】
パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社
メディアエンターテインメント事業部 プロAV商品企画部
マーケットコミュニケーション課
E-mail:pro-av.ad@gg.jp.panasonic.com

[放送・業務用映像システム ホームページURL]
https://panasonic.biz/cns/sav/

発表年月
発表年月