DVDプレーヤ1号機「DVD-A300」が国立科学博物館の「未来技術遺産」に認定 ~パナソニックミュージアムで展示

2020年10月 2日

トピックス

DVDプレーヤ1号機「DVD-A300」パナソニック株式会社(以下、パナソニック)が1996年に発売した、据え置き型DVDプレーヤ「DVD-A300」が、独立行政法人国立科学博物館の「令和2年度 重要科学技術資料(愛称:未来技術遺産)」に認定されました。パナソニックにとって10件目の登録となり、パナソニックミュージアム ものづくりイズム館(大阪府門真市)では、2020年10月1日より、過去の登録製品含めて展示を開始しました。

重要科学技術資料(未来技術遺産)は、日本の全科学技術資料を対象に、「科学技術の発達史上重要な成果を示し、次世代に継承していく上で重要な意義を持つもの」、「国民生活、経済、社会、文化のあり方に顕著な影響を与えたもの」を基準として選定されます。科学技術を担ってきた先人たちの経験を次世代に継承していくことを目的に2008年度より実施されており、今回新たに追加された16件含め、合計301件が登録されています。

「DVD-A300」は、DVD規格に対応した世界初の家庭用DVDプレーヤです。業界のDVD規格策定時には、CDと同サイズで10倍以上の大容量化を安価に実現した2層貼り合わせディスク技術や、見たいアングルを選択できるマルチアングル機能などのインタラクティブ技術、著作権保護用暗号技術など、当社の先端デジタルAVC技術で大きく貢献しました。現在では当たり前となった、デジタルならではの鮮やかな高画質映像と、マルチチャンネルのサラウンドサウンドで、映画館での迫力をご家庭でも楽しむことができる、新たなホームシアター体験を世の中に初めてもたらしました。

今回は、「DVD-A300」が、「国際的に見て日本の科学技術発展の独自性を示すもの」、「国民生活の発展、新たな生活様式の創出に顕著な役割を果たしたもの」であると認められ、未来に引き継ぐべき重要科学技術資料として登録されました。

【未来技術遺産に登録されたパナソニック関連製品】
登録年/登録番号/資料名/製作年
2008年/第00012号/空気湿電池 300型(※)/1955年
2013年/第00131号/ダイレクト・ドライブ方式ターンテーブル SP-10/1970年
2014年/第00149号/(三洋電機)電気洗濯機 SW-53/1953年
2014年/第00165号/ビデオカメラ ブレンビー NV-S1/1990年
2014年/第00166号/デジタルビデオカメラ NV-DJ1/1995年
2015年/第00186号/(三洋電機) ボトル用自動販売機 SVM-48/1968年
2017年/第00239号/高力率型交流アーク溶接機 LAW-300-3型 (※)/1961年
2018年/第00245号/小型オープンリール・テープレコーダ RQ-303 「マイソニック」/1963年
2018年/第00246号/アイソレートループ方式オープンリール・テープデッキ RS-1500U/1976年
2020年/第00296号/DVDプレーヤ DVD-A300/1996年
※が付いた製品は、パナソニックミュージアムでパネル展示となります

パナソニック ミュージアム
住所:〒571-8501 大阪府門真市大字門真1006番地
開館時間:9時00分~17時00分 休館日:日曜日、年末年始
アクセス:https://www.panasonic.com/jp/corporate/history/panasonic-museum/

関連リンク
・独立行政法人国立科学博物館 プレスリリース
https://www.kahaku.go.jp/procedure/press/pdf/460152.pdf

・独立行政法人国立科学博物館 重要科学技術史資料
http://sts.kahaku.go.jp/material/index.html

発表年月
発表年月