撮影シーンの幅が拡がるトライポッドグリップ「DMW-SHGR1」に対応したLUMIX Gシリーズのファームウェアダウンロードサービスを開始

2020年7月14日

トピックス

LUMIX Gシリーズ「トライポッドグリップ」に対応したファームウェアダウンロードサービスパナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、トライポッドグリップ「DMW-SHGR1」に対応したLUMIX Gシリーズのファームウェアのダウンロードサービスを2020年7月21日(火)より開始します。

パナソニックのLUMIX「Gシリーズ」は、写真やカメラ愛好家をはじめ、本格的な映像制作や趣味で映像を楽しみたい動画クリエイターの方々にもご愛顧いただいております。以来、高品位な写真画質や本格的な映像撮影機能、高い操作性、堅牢性など多くの方々よりご好評いただいております。この度、更に快適な撮影をお楽しみいただけるようファームウェアアップデートのダウンロードサービスを開始します。別売のトライポッドグリップ「DMW-SHGR1」に対応し、手持ち撮影や三脚座での撮影が可能となり、手軽に幅広いシーンでの撮影がお楽しみいただけます。本ファームウェアは、2020年7月21日(火)より、下記サポートサイトよりダウンロードすることができます。

【GH5 ファームウェアVer.2.7】
【GH5S ファームウェアVer.1.6】
【G9 ファームウェアVer.2.2】
【G99 ファームウェアVer.1.2】
【G8 ファームウェアVer.1.5】

http://panasonic.jp/support/dsc/

[トライポッドグリップの主な特長]
本ファームウェアで対応する別売のトライポッドグリップ(DMW-SHGR1)は、静止画シャッターボタン、動画記録ボタンなどの3つのボタン(※1)を搭載し、撮影中にグリップしながらでも快適に操作が可能(※2)で、自分撮りやVlog(※3)撮影をサポートします。静止画シャッターボタンは、撮影時のピント合わせや撮影が可能です。動画記録ボタンは、記録の開始と終了をワンボタンでコントロールできます。またグリップ部の脚を開くことで、ミニ三脚としても使用可能なので、テーブルなどに置いてカメラを固定した撮影でも活躍します。
トライポッドグリップ「DMW-SHGR1」の使用イメージ※1:GH5、GH5S、G9、G99、G8では、スリープボタン機能は使用できません。
※2:変換付属のケーブルを用いて、カメラ本体の[REMOTE]端子に接続することで使用できます。
※3:ビデオブログの略称。

パナソニックは、本ファームウェアアップデートサービスにより、LUMIXによる更なる撮影の楽しさを提案していきます。

<関連リンク>
▼パナソニック LUMIX GH5
https://panasonic.jp/cmj/dc/g_series/gh5/
▼パナソニック LUMIX GH5S
https://panasonic.jp/dc/products/g_series/gh5s.html
▼パナソニック LUMIX G9 PRO
https://panasonic.jp/dc/products/g_series/g9pro.html
▼パナソニック LUMIX G99
https://panasonic.jp/dc/products/g_series/g99.html
▼パナソニックLUMIX G8
https://panasonic.jp/cmj/dc/g_series/g8/

発表年月
発表年月