ミャンマーの洪水被害への支援について

2015年9月11日

トピックス

パナソニック アジアパシフィック株式会社とシンガポールにおけるパナソニックグループ会社は、ミャンマーの大規模な洪水被害に対し総額約3万3,500シンガポールドル(約285万円)を寄付しました。寄付金は、シンガポール赤十字社および特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォームを通じて被災地の人々への支援および救援活動に役立てられます。

パナソニックはこれまでにもミャンマーへの支援活動を行っています。次代を担う子どもたちへの環境教育(Eco Learning Program)の推進や、無電化地域に明かりを届ける「ソーラーランタン10万台プロジェクト」では、ここ3年間に7,000台以上のソーラーランタンを寄付し、病院や学校の活動に貢献しています。

▼パナソニック ソーラーランタン10万台プロジェクト
Webサイト:http://panasonic.net/sustainability/jp/lantern/
Facebook:https://www.facebook.com/PanasonicSolarLantern

▼パナソニックのCSR・環境
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability.html

<関連情報>
・インドネシアに太陽光独立電源パッケージ「パワーサプライコンテナ」を設置~無電化解消で教育と給水環境の改善に貢献(2015年8月6日)
http://news.panasonic.com/jp/topics/2015/44067.html
・パナソニックが国連開発計画(UNDP)にソーラーランタンを寄贈、エボラ出血熱感染地域へ配布を開始(2015年7月17日)
http://news.panasonic.com/jp/topics/2015/43993.html

発表年月
発表年月