充電池「エネループ」で鈴鹿サーキットを疾走!~パナソニックが次世代エネルギーカーイベント「2015 Ene-1 GP SUZUKA」に協賛

2015年7月 6日

トピックス

【Ene-1 GP】2014年のチャレンジの様子(KV-40)

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、2015年8月2日(日)に鈴鹿サーキット 国際レーシングコース(三重県)で開催される次世代エネルギーカーイベント「2015 Ene-1 GP SUZUKA」(主催:株式会社モビリティランド 鈴鹿サーキット)に、オフィシャルパートナーとして充電池「エネループ」、充電器などの提供で協賛します。

▼充電池「エネループ」について
http://panasonic.jp/battery/charge/eneloop/
▼「2015 Ene-1 GP SUZUKA」について
http://www.suzukacircuit.jp/ene1gp_s/

Ene-1 GPは、市販されている充電池40本を動力源とした電動車両を走らせる次世代エネルギーカーイベントです。2011年に鈴鹿サーキットでスタートし、2012年からはツインリンクもてぎ(栃木県)で「Ene-1 GP MOTEGI」も開催されています。

「2015 Ene-1 GP SUZUKA」の参加チームは、パナソニックの単3形充電池「エネループ」40本を動力源とした車両で、1周5.807km、高低差40mを誇る鈴鹿サーキット 国際レーシングコースに挑みます。追加充電が認められていないため、アップダウンが激しくカーブが連続する過酷なコースを1回の充電のみで走破する必要があり、上位を目指すには電池のエネルギーを効率よくマネジメントすることが重要となります。

カテゴリーは、手づくりの電気自動車による「KV-40チャレンジ」と、市販の自転車を電動化して参加する「KV-BIKEチャレンジ」の2種類。参加チームは全国から募集し、中学生から参加が可能です。今回は、過去最多の110台がエントリーしています。創意工夫された車体デザインや、静かにも熱いカーレースの様子をぜひ応援ください。

<KV-40チャレンジについて>
競技日:2015年8月2日(日)
対象:中学生以上
競技内容:鈴鹿サーキット 国際レーシングコース1周(5.807km)のタイムアタックを3回行い、3回の合計タイムと走行距離で競う。
クラス:車両重量に合わせて2クラス設定。
(KV-1:車両重量制限なし、KV-2:車両重量35kg以上)

<KV-BIKEチャレンジについて>
競技日:2015年8月2日(日)
対象:中学生以上
競技内容:鈴鹿サーキット 国際レーシングコース東コース1周(2.243km)のタイムアタックと、同コースを1時間走行する耐久レースの合計ポイント数で競う。

▼充電池「エネループ」について
http://panasonic.jp/battery/charge/eneloop/
▼「2015 Ene-1 GP SUZUKA」について
http://www.suzukacircuit.jp/ene1gp_s/
▼2014年8月開催の「2014 Ene-1GP SUZUKA」のチャレンジの様子
https://www.youtube.com/watch?v=Nm151BOPCjM

【関連情報】
・エネループ発売10周年記念「世界にひとつだけのプレゼントキャンペーン」
http://panasonic.net/energy/battery/eneloop/10th/jp/
・エネループFacebook ページ
https://ja-jp.facebook.com/eneloop
・パナソニックの市販充電池について
http://panasonic.jp/battery/charge/
・オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
http://www.panasonic.com/jp/corporate/ais

  • 【Ene-1 GP】舞台となる「鈴鹿サーキット 国際レーシングコース」
発表年月
発表年月