「環境分野」「子ども分野」「アフリカ分野」で活動するNPOの組織基盤強化を支援。 「Panasonic NPOサポート ファンド」2011年助成事業を募集中!(締め切り間近)

2010年7月28日

トピックス

Panasonic NPOサポート ファンド

パナソニック株式会社は、NPOの組織基盤強化(キャパシティビルディング)を支援する助成プログラムである「Panasonic NPOサポート ファンド」の2011年助成事業を2010年7月16日から7月30日まで募集中。応募要項等の詳細はホームページで紹介しています。

▼パナソニック「NPOの組織基盤強化支援」応募要項
 http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/

Panasonic NPOサポート ファンドの関連プログラムとして「NPOの組織基盤強化ワークショップ&公募説明会」を今年も全国5ヵ所で開催しました。事前に作成した団体の中期目標や課題分析のシートをワークショップでブラッシュアップ。公募説明会では申請書作成のポイントの説明や過去の助成先団体の事例発表も行いました。

▼2010年組織基盤強化ワークショップ&公募説明会 京都会場のレポート
 http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/ar_report/2010_workshop/

Panasonic NPOサポート ファンドのホームページには、組織基盤強化に取り組むNPOに参考にしていただくために、助成事例レポートも掲載しています。

▼NPOの組織基盤強化 助成事例レポート集
 http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/jr_index.html

<最新の助成事例レポート>
▼中部リサイクル運動市民の会
 創始者による牽引型組織から共同代表制組織への転換
 http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/report/chubu/
  
▼荒川クリーンエイド・フォーラム
 サービスとして行ってきた事業に付加価値を加えて自主事業化
 http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/report/arakawa-ca/ 

▼よこはま里山研究所
 事務局のスリム化によって活動の存続と活性化をめざす
 http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/report/satoyama/

▼ブリッジフォースマイル
 人材育成プログラムを自主事業化し、支援事業の信頼度もあげる
 http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/report/b4s/ 

-----------------------------------------------------------
「Panasonic NPOサポート ファンド」とは・・・
社会課題の解決に取り組む市民活動が持続的に成長することを願い、組織基盤強化の取り組みを資金面で応援するほか、コンサルティングなどを通じて総合的に支援しています。

助成対象事業期間は、2011年1月1日~2011年12月31日で、対象分野は「環境分野」「子ども分野」「アフリカ分野」。助成対象事業は、環境問題に取り組むNPO、子どもたちの健やかな育ちを応援するNPO、アフリカの課題解決に取り組むNPO・NGOの組織基盤強化に資する事業です。
助成総額は環境分野1500万円、子ども分野1500万円、アフリカ分野300万円、合計3300万円。 組織基盤強化の事業に必要な費用(人件費含む)が助成対象となります。

■応募受付期間 : 2010年7月16日(金)~2010年7月30日(金)

■環境分野:応募要項等
 1団体への助成額は上限150万円、コンソーシアムへの助成額は上限200万円とし、助成総額は1500万円
 http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/npo_mina2.html

■子ども分野:応募要項等
 1団体への助成額は上限150万円とし、助成総額は1500万円
 http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/npo_mina.html

■アフリカ分野:応募要項等
 1団体への助成額は上限100万円とし、助成総額は300万円
 http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/africa/npo_mina.html

昨年募集した2010年助成事業には、全国256団体から応募があり、環境分野10件、子ども分野12件、合計22件に総額3,000万円の助成をしています。2001年の設立以来、支援総額は1億7,036万円、のべ148件の組織基盤強化を支援しています。

本年より、「環境分野」・「子ども分野」に加え「アフリカ分野」も設立し、アフリカの課題解決に取り組むNPO・NGOの広報基盤強化を助成対象としています。国際社会が取り組まなければならない喫緊の課題である「国連ミレニアム開発目標(MDGs)※1」達成に向け、アフリカが抱える課題が解決促進されることで、国際社会の一員としての責務を果たす一助となることを願い開始します。

※1
国連ミレニアム開発目標(MDGs):2000年に採択された、21世紀の国連の役割を提示した国連ミレニアム宣言と、1990年代に採択された国際開発目標から設定した、2015年までに達成すべき貧困削減などの8つの目標。

発表年月
発表年月