【お知らせ】

Adobe Acrobat Readerの特定のバージョンに、一部のPDFが開けないバグが発生しております。PDFが開けない場合、お使いのAcrobat Readerを最新版へアップデートの上お試しください。

画像:共同開発の構成図

印刷

2023年1月23日

  • パナソニック オートモーティブシステムズ株式会社
  • トレンドマイクロ株式会社
  • VicOne Inc.

製品・サービス / プレスリリース

パナソニック オートモーティブシステムズ、トレンドマイクロ、VicOneが 自動車の次世代コックピットシステム向け仮想化セキュリティソリューションを実証

パナソニック オートモーティブシステムズ株式会社(代表取締役社長:永易正吏、本社:神奈川県横浜市、以下、パナソニック オートモーティブ)、トレンドマイクロ株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、本社:東京都渋谷区、以下、トレンドマイクロ)、VicOne Inc.(CEO:マックス・チェン、以下、VicOne)は、車のインフォテインメントシステム(IVI:In-Vehicle Infotainment)※1を中心とした次世代コックピットシステムへのサイバー攻撃に対抗する仮想化セキュリティソリューションの有効性を実証しました。

※1 IVI(In-Vehicle Infotainment)は、ドライバーや同乗者が必要とする情報やエンターテインメントを提供する車載機器です。

パナソニック オートモーティブとトレンドマイクロは、2018年より、安全な自動運転・コネクテッドカーの実現を目指し、自動運転・コネクテッドカーに対するサイバー攻撃を検出および防御するサイバーセキュリティソリューションの開発に取り組んできました。本発表は、2018年から行っている共同開発に加え、自動車の次世代コックピットシステムのセキュリティに開発範囲を拡大するものです。

次世代コックピットシステムでは、スピードメーターやカーナビゲーションをはじめとしたインフォテインメントシステムなど、複数のECU(Electronic Control Unit)に搭載されている機能が、仮想化プラットフォーム※2により、一つのECUに集約する流れが進んでいます。さらに、車両外部と通信するサードパーティー製アプリケーションの導入、ドライバーへの警告や運転の制御を支援する先進運転支援機能の集約なども検討されています。一方で、次世代コックピットシステムの脆弱性を悪用したサイバー攻撃や、Wi-FiやBluetoothなどの通信機能を経由した不正アクセスを受けた場合、それらが起点となり先進運転支援機能などに影響を及ぼす懸念があります。

※2 仮想化プラットフォームは、1つのコンピューターやECU上で複数のオペレーティングシステムを実行するハイパーバイザーなどのソフトウェア技術です。

これらの課題に対して、次世代コックピットシステムの仮想化プラットフォームへ、パナソニック オートモーティブの「VERZEUSE® for Virtualization Extensions」とトレンドマイクロおよびトレンドマイクロの子会社VicOneの「xCarbon」を実装した仮想化セキュリティソリューションにより、仮想化プラットフォーム上の通信データを監視し、サイバー攻撃による不正な通信を検知、防御できることを確認しました。

パナソニック オートモーティブのVERZEUSE® for Virtualization Extensionsでは、アプリケーションが仮想デバイスを利用する際の通信データを取り出す拡張インターフェースを提供します。他社製を含むセキュリティ機能がこの拡張インターフェースを利用することで、通信データを監視するセキュリティプラグインを追加できる、高い拡張性を実現します。また、仮想化プラットフォームの中で、サイバー攻撃が届きにくい安全な領域にセキュリティ機能を配置可能であり、堅牢性を高めています。

トレンドマイクロおよびVicOneのxCarbonは、車両に対するサイバー攻撃を検知・防御する車両向け組込型セキュリティです。xCarbonが、VERZEUSE® for Virtualization Extensionsの拡張インターフェースと連携することで、仮想化プラットフォーム内の通信データを監視し、脆弱性を悪用した攻撃や通信異常等から次世代コックピットシステムを保護します。

今後、パナソニック オートモーティブ、トレンドマイクロ、VicOneは、本実証で得られた知見をもとに技術要件の検討を進め、仮想化セキュリティソリューションを搭載した次世代コックピットシステムの実用化を目指します。

なお、本内容については、1月25日(水)から27日(金)まで東京ビックサイトで開催される第15回オートモーティブワールド※3にて紹介します。

※3 車載分野における総合展示会。コネクティッド・カーEXPOトレンドマイクロ出展ブース(ブース番号 48-7)にて自動車向けセキュリティの展示を実施予定

■今回実施する共同開発の構成図

画像:共同開発の構成図

記事の内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

配信元:
パナソニック オートモーティブシステムズ株式会社

注目ニュース