【お知らせ】

Adobe Acrobat Readerの特定のバージョンに、一部のPDFが開けないバグが発生しております。PDFが開けない場合、お使いのAcrobat Readerを最新版へアップデートの上お試しください。

アイドリングストップ車用カーバッテリー(一般モデル)

印刷

2022年9月5日

製品・サービス / プレスリリース

カーバッテリー「caos」シリーズを発売
アイドリングストップ車用と標準車(充電制御車)用を
リニューアル

品名

カーバッテリー caos(カオス)

流通販路

一般モデル

販売ルート限定モデル

品番

[1]アイドリングストップ車用:8品番

[2]標準車(充電制御車)用:10品番

[1]アイドリングストップ車用:8品番

[2]標準車(充電制御車)用:10品番

メーカー希望小売価格

オープン価格

発売日

2022年10月初旬

パナソニック オートモーティブシステムズ株式会社は、カーバッテリー「caos」の新製品2モデル36品番を10月初旬より発売します。

今回で8代目の「caos(カオス)」シリーズは、「[1]アイドリングストップ車用」、「[2]標準車(充電制御車)用」の2タイプをリニューアルしました。近年、ドライブレコーダーなど電装品の普及により、車両の電力負荷が増加しています。また、市場で保有率の高いアイドリングストップシステム搭載車においては、カーバッテリーへの負担が大きいエンジンの停止・再始動を繰り返すことで、省燃費性能が実現しています。そのため現代のカーバッテリーにはこれらに耐えうる大容量と高い充電回復性能が不可欠になっています。

新「caos」の[1]アイドリングストップ車用は、電池材料・構造を見直し、業界最高水準の大容量化※1と、素早く充電できるクイックチャージ性能※2に加え、新たに、パワフルに充電できるVチャージ性能※3を搭載しています。これにより、アイドリングストップ寿命が従来品に比べ約1.5倍※4を実現しました。さらに、[1][2]両タイプともに輸送時の液漏れリスクを軽減した構造の新液口栓を搭載しました。購買形態の多様化で増加するカーバッテリーの小口配送に対応します。

<特長>

1. 業界最高水準の「大容量化※1」により省燃費に貢献(アイドリングストップ車用)

2.「クイックチャージ性能※2」と「Vチャージ性能※3」の搭載により当社従来品に比べて約1.5倍※4のアイドリングストップ寿命を実現(アイドリングストップ車用)

3. メンテナンスがしやすく、当社従来品に比べて傾きによる液漏れが起こりづらい※5新液口栓「イエロープラグ」を搭載(アイドリングストップ車用、標準車(充電制御車)用)

4. 全国24時間365日対応 路上救援サービス※6

※1:国内製造カーバッテリーの同一性能ランク(カーバッテリーの始動性能や容量等の総合性能を表す)表示の公表値において。
2022年7月31日現在、当社調べ。
※2:単位時間当たりの充電される電気量が増加(Mサイズでの当社従来品比)
※3:低い充電状態から急速に充電回復する性能
※4:充電受入れ特性を向上させ、アイドリングストップが作動しなくなるまでの期間を長期化(Mサイズでの当社従来品比。Tサイズを除く)
※5:当社独自の傾斜液漏れ試験にて液漏れが起こるまでの回数(当社従来品比較)
※6:路上救援サービスは販売ルート限定モデルのみのサービスとなります。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター 電話:0570-200-872
(受付時間 9:00~18:00 365日)

【特長】

1. 業界最高水準の「大容量化※1」により省燃費に貢献(アイドリングストップ車用)

画像:2022年モデルcaos詳細

アイドリングストップ車では、アイドリング停止時にもエアコンのファンやカーナビなどの電力を全てカーバッテリーから供給する必要があり、カーバッテリーの電圧が下がるとアイドリングストップシステムが停止し、車両本来の燃費性能を維持できなくなります。

新「caos」は、前モデルより採用の「高反応ペースト」を継承し、活物質の反応面積を拡大させることで、業界最高水準の大容量化※1を実現しました。

※1:国内製造カーバッテリーの同一性能ランク(カーバッテリーの始動性能や容量等の総合性能を表す)表示の公表値において。2022年7月31日現在、当社調べ。

2.「クイックチャージ性能※2」と「Vチャージ性能※3」の搭載により当社従来品に比べて約1.5倍※4のアイドリングストップ寿命を実現(アイドリングストップ車用)

アイドリングストップ車は、エンジンの停止と再始動時の大量の電力の消費に加えて、電装品の普及により、現代のカーバッテリーは充電不足の傾向にあります。新「caos」は、アイドリングストップシステムに適した新たな添加剤を負極板に採用することで、充電不足状態から素早く回復させるクイックチャージ性能※2に加えて、パワフルに充電するVチャージ性能※3を搭載し、充電回復性能が向上しました。大容量化と合わせて、アイドリングストップ機能を安定作動させることで、車両本来の省燃費性能を発揮できます。

アイドリングストップ車は、エンジン停止、再始動時に頻繁な充放電を繰り返すため、バッテリーが劣化しやすくなります。劣化が進むと、バッテリーの電圧が下がり、アイドリングストップシステムが機能しなくなることがあります。

新「caos」は、負極板にアンチモン箔をコーティングし、添加剤を最適化することで、充電効率を向上させました。これに伴いアイドリングストップ可能な期間が従来品に比べ約1.5倍※4に向上しました。

画像:ISS寿命 約1.5倍

※2:単位時間当たりの充電される電気量が増加(Mサイズでの当社従来品比)
※3:低い充電状態から急速に充電回復する性能
※4:充電受入れ特性を向上させ、アイドリングストップが作動しなくなるまでの期間を長期化
(Mサイズでの当社従来品比。Tサイズを除く)

3. メンテナンスがしやすく、従来品と比べて傾きによる液漏れが起こりづらい新液口栓「イエロープラグ」を搭載。(アイドリングストップ車用、標準車(充電制御車)用)

画像:新液口栓イエロープラグ

カーバッテリーは、使用に伴い温度変化による蒸発や水の電気分解により、必ずバッテリー液が減少していきます。「イエロープラグ」は内部のフィルターの構造を再設計することで、前モデルで使用していた減液抑制シートの機能を液口栓に埋め込むシートレスデザインで、従来品と同等の減液抑制効果を実現しながらも、メンテナンス性を向上しました。

また、購買形態の多様化による配送中のハンドリング作業回数の増加により、お客様に届くまでの傾きによる液漏れリスクが増加しております。「イエロープラグ」の新フィルターでは液が漏れ出しにくい構造になっており、傾きによる液漏れ発生率を従来品に比べて約70%削減しました。

※5:当社独自の傾斜液漏れ試験にて液漏れが起こるまでの回数(当社従来品比較)

4. 全国24時間365日対応 路上救援サービス付き※6

急なバッテリーあがりでも、取扱説明書(兼)保証書に記載のフリーダイヤルにレスキューコールを頂くと、レスキュー隊がお客様のお車へ駆けつけて、ジャンピングサービスを実施いたします。ジャンピングサービスによるエンジン始動が出来なかった場合はお近くの販売店までレッカーサービスいたします。

※6:路上救援サービスはルート限定モデルのみのサービスとなります。

用語説明

[1]アイドリングストップ車

一時停車時にエンジンを停止し、燃料の消費を抑える仕組みを搭載した車両。エンジン停止、再始動時に頻繁な充放電を繰り返すため、カーバッテリーには非常に大きな負担がかかります。

[2]充電制御車

カーバッテリーが一定量まで充電されると発電機(オルタネーター)を停止し、エンジン負荷を減らして燃費を向上させるシステムを搭載した車両。この機能がないと、カーバッテリーが満充電状態であっても、発電機が常時作動して充電を継続します。

要項表

画像:caosアイドリングストップ専用 要項表1
画像:caosアイドリングストップ専用 要項表2
画像:caos標準車(充電制御車)用 要項表1
画像:caos標準車(充電制御車)用 要項表2

アイドリングストップ車用カーバッテリー

画像:アイドリングストップ車用カーバッテリー 一般モデル、ルート限定モデル

標準車(充電制御車)用カーバッテリー

画像:標準車(充電制御車)用カーバッテリー 一般モデル、ルート限定モデル

記事の内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

配信元:
パナソニック オートモーティブシステムズ株式会社

画像ダウンロード

アイドリングストップ車用カーバッテリー(一般モデル)
アイドリングストップ車用カーバッテリー(ルート限定モデル)
標準車(充電制御車)用カーバッテリー(一般モデル)
標準車(充電制御車)用カーバッテリー(ルート限定モデル)

注目ニュース