2022年4月19日

パナソニック プロダクションエンジニアリングと
ケーワールドismの共同開発

「ソープディスペンサー」及び「ソープディッシュ」発売

パナソニック プロダクションエンジニアリング株式会社は、植物由来のセルロースファイバーを55%の高濃度で樹脂に混ぜ込んだ成形材料『kinari』※1を用いて、株式会社ケーワールドism(本社:大阪府、社長:澤井健司)と洗面、浴室グッズ「ソープディスペンサー:Albero」と「ソープディッシュ:Soap dish」を共同開発いたしました。これらは、5月初旬よりケーワールドism リンドパーク事業部から発売されます。

画像:左画像、ソープディスペンサー:Albero、右画像、ソープディッシュ:Soap dish

パナソニックグループは、2015年から石油由来の樹脂量を減らす研究開発を開始、2019年に天然由来成分であるセルロースファイバーを55%濃度で樹脂に混ぜ込む複合加工技術を開発いたしました。2022年1月より、『kinari』ブランドで高濃度セルロースファイバー成形材料のテスト販売を開始しています※2
一方、パナソニックグループとケーワールドismは2021年から、当社の『kinari』を原材料とした製品の開発を進めてまいりました。今回、当社の『kinari』を用いた成形プロセス技術とケーワールドismの金型・成形技術を掛け合わせて、手触りや外観も木材のようなマットで自然な風合いの「ソープディスペンサー:Albero」と「ソープディッシュ:Soap dish」を実現いたしました。

「ソープディスペンサー:Albero」と「ソープディッシュ:Soap dish」は5月初旬から大阪府八尾市のふるさと納税返礼品に採用されるとともに、量販店、通信販売にて発売予定です。
洗面、浴室または水廻り用品という誰もが使う製品にて環境負荷低減の取り組みに触れるきっかけとし、持続可能な社会の実現に貢献します。

<「ソープディスペンサー:Albero」、「ソープディッシュ:Soap dish」について>

  • ■環境性:セルロースファイバーを55%含有し、石油由来樹脂使用量を削減します。
  • ■機能性:
    ・Albero 溜まった液体を一滴も無駄なく使える機構が搭載されています。
    ・Soap dish 傾斜付のウェーブ溝によって石鹸やスポンジについた水滴をボウルに落せます。
  • ■デザイン性:高濃度にセルロースファイバーが含まれている『kinari』ならではの質感を活かす匠の技術にこだわり、本木と見まがう高い品質と品位をリアルに再現。温かみのある外観に仕上げました。

本製品は、ハイエンドな生活用品を手掛けるケーワールドismのリンドパーク事業部から発売されます。また、原材料である『kinari』は微細化されたパルプ成分を含有するパナソニックグループ独自のエコマテリアルです。間伐材などの木材から精製したパルプを主原料としているため、プラスチックごみ削減への寄与を期待できます※3。石油由来樹脂使用量を削減し、環境負荷が少ないだけでなく、機能性とデザイン性に優れるSDG'sな洗面、浴室または水廻り用品として市場展開し、環境配慮型商品として一層のイメージアップを目指します。

CO2排出量増加による地球温暖化および海洋プラスチック問題といった社会問題に対応するため、欧州やアジア各国を中心に、使い捨てプラスチック容器を禁止する法規制が広がっています。日本でも、2020年7月よりプラスチック製買物袋の有料化が全国で実施され、使い捨てプラスチック問題への関心がさらに高まっています。
パナソニックグループは、2017年に「環境ビジョン2050」を策定し、「より良いくらし」と「持続可能な地球環境」の両立に向けた開発活動を進めています。今後も『kinari』を使用した商品展開の取り組みなどを通じて、持続可能な社会の実現に向けた企業活動を推進してまいります。

  • ※1:『kinari』はパナソニック ホールディングス株式会社の登録商標です。
  • ※2:パナソニックグループ プレスリリース
    高濃度セルロースファイバー成形材料『kinari』のサンプル販売開始
    https://news.panasonic.com/jp/press/data/2021/12/jn211201-2/jn211201-2.html
  • ※3:自治体の分別排出ルールに従ってください。

【お問い合わせ先】

パナソニック プロダクションエンジニアリング株式会社 成形事業センター
E-mail:kinari_tec@ml.jp.panasonic.com

以上