2022年4月7日

SL-1200シリーズ発売50周年記念の特別仕様

テクニクス ダイレクトドライブターンテーブルシステム
SL-1200M7Lを発売

ストリートカルチャーをイメージした限定カラーの7色展開

画像:テクニクス ダイレクトドライブターンテーブルシステム SL-1200M7L

品名 ダイレクトドライブターンテーブルシステム
品番 SL-1200M7L
-A(ブルー)、-R(レッド)、-W(ホワイト)、-K(ブラック)、-G(グリーン)、-Y(イエロー)、-C(ベージュ)
メーカー希望小売価格(税込) 120,000円
発売日 5月27日
生産台数 12,000台限定(グローバル)

パナソニック株式会社は、テクニクスブランドのターンテーブルSL-1200シリーズ発売50周年を記念して、特別仕様のダイレクトドライブターンテーブルシステム SL-1200M7Lを台数限定で5月27日より発売します。

SL-1200シリーズは1972年の発売以来、ダイレクトドライブ方式ならではの高音質と信頼性で、クラブやスタジオ、放送局などにおいて高い評価を得てきました。1979年発売のSL-1200MK2以降は、ピッチコントローラーを上下にスライドさせる「フェーダー型」に変更するなど楽器を演奏するような操作性を実現し、ディスコやクラブにおける定番機となりました。1972年発売の初号機SL-1200から2008年発売のSL-1200MK6までグローバル累計約350万台を出荷し、今なお世界中で愛用されている、当社ダイレクトドライブ方式を代表するロングセラーモデルです。
本製品は2019年発売のSL-1200MK7をベースにした特別仕様のモデルです。DJを生んだストリートカルチャーをイメージした7色の限定カラーを採用し、トーンアームはゴールドカラーとしたほか、トップパネルには記念モデルを表す「50th Anniversary」の銘とシリアルナンバーを刻印したプレートを備えます。また、ゴールドカラーロゴ入りのスリップマットなど、付属品も特別仕様としました。

本製品はSL-1200シリーズ発売50周年記念モデルとして、グローバルで12,000台限定で発売します。

<特長>

1. SL-1200MK7をベースとし、7色のカラーで展開する限定デザイン

2. ゴールドカラーロゴ入りのスリップマットなど、限定モデルならではの付属品

3. SL-1200MKシリーズの操作感を踏襲し、ターンテーブルの高音質技術を搭載

【お問い合わせ先】

ディーガ・オーディオご相談窓口 フリーダイヤル 0120-878-982
受付:9時~18時 月~土曜日(祝日・正月三が日を除く)

【特長】

1. SL-1200MK7をベースとし、7色のカラーで展開する限定デザイン

DJパフォーマンスの操作性と高音質を追求した2019年発売のSL-1200MK7をベースとし、特別仕様として、DJを生んだストリートカルチャーをイメージした限定カラーを採用。ブルー、レッド、ホワイト、ブラック、グリーン、イエロー、ベージュの7色で展開します。トーンアームをゴールドカラーとしたほか、トップパネルには記念モデルを表す「50th Anniversary」の銘とシリアルナンバーを刻印したプレートを備えます。

画像:50th Anniversaryロゴ

画像:ブルー、レッド、ホワイト、ブラック、グリーン、イエロー、ベージュの7色展開

2. ゴールドカラーロゴ入りのスリップマットなど、限定モデルならではの付属品

SL-1200シリーズ発売50周年を記念したモデルとして、付属品も特別仕様としました。ゴールドカラーロゴ入りのスリップマットのほか、本体やお手持ちのバッグなどお好みのところに貼って楽しめる記念デザインのテクニクスステッカー、本体と色を合わせたコントロールバイナル用ステッカーを付属しています。また、外装箱にも記念ロゴ入りの限定ステッカーを貼付しています。

画像:ゴールドカラーロゴ入りスリップマット、記念デザインテクニクスステッカー、コントロールバイナル用ステッカー、外装箱に記念ロゴ入り限定ステッカー付属

3. SL-1200MKシリーズの操作感を踏襲し、ターンテーブルの高音質技術を搭載

●Hi-Fiで培った技術によりDJターンテーブルとしての性能・機能を昇華

性能・機能についてはSL-1200MK7と同様で、新生テクニクスのHi-Fiオーディオ開発で培った技術を応用しています。モーターは「コギング」と呼ばれる回転ムラの発生を解決するため、コアレスステーターを採用したコアレス・ダイレクトドライブ・モーターを搭載。プラッターには、モーターを構成するローターヨークおよびローター磁石を固定するとともに、モーターとプラッターが強固に結合した構造を採用することで、安定した回転を可能にしています。また、トルクやブレーキスピードをお好みのレベルに調整(※1)できるほか、レコードの逆回転再生機能(※2)も搭載し、DJパフォーマンスの幅を広げます。このほかケーブルのメンテナンス性を高めるため、着脱可能なAC入力/PHONO端子を採用。PHONO端子部には音質劣化の少ない金メッキ加工を施しており、純度の高い信号伝送が可能です。

  • ※1:トルク・ブレーキスピードともに4段階での調整が可能です。
  • ※2:逆回転再生機能を使用するには、本体スイッチをオンにする必要があります。

画像:コアレス・ダイレクトドライブ・モーター、プラッター、背面端子部

●SL-1200MKシリーズと同じ感覚で使用できる操作性、レイアウト

DJにとって「楽器」とも言われるターンテーブルにおいて、本体サイズ・ボタン位置やプラッターを回転させるために必要な力の感覚などはパフォーマンスに影響を及ぼす重要な要素で、SL-1200MKシリーズにおいてはこれまでも形状・特性を変えることなく改良を重ねてきました。過去のモデルを使い慣れた方でも違和感なく本製品を使用することができます。

画像:ボディ図

●高剛性筐体、高減衰インシュレーターなどの高音質化設計

シャーシには、ABSにガラス繊維を配した特殊素材とアルミダイカストシャーシを強固に一体化した2層構造を採用。高剛性と制振性を高いレベルで両立した強靭な筐体としています。インシュレーターはスプリングとラバーによる構成で、高音質と高いハウリング耐性を持つとともに、大音量環境下においても効率的に外部振動を遮断します。トーンアームパイプの素材には軽量で高い剛性をもつアルミニウムを採用。ジンバルサスペンション構造のトーンアーム軸受け部には切削加工のハウジングを使用した高精度ベアリングを採用しています。これらにより、スクラッチなどのハードなプレイにも針飛びしにくい高い追従性を備えます。

画像:ボディ構造図

【その他の特長】

  • ●正確で安定したピッチ調整を実現する「ピッチコントロール機能」
  • ●赤色・青色の2色から切り換え可能なLEDライト
  • ●高輝度、長寿命の白色LEDを採用した「スタイラスイルミネーター」

画像:ピッチコントロール機能、LEDライト

【主な仕様】

回転数 33 1/3 rpm 、45 rpm(78 rpm:切換スイッチで設定)
回転数調整範囲(ピッチ切換) ±8 %、±16 %
起動トルク 0.18 N・m(1.8 kg・cm)
起動特性 0.7秒(33 1/3 rpm時)
ワウ・フラッター 0.025 % W.R.M.S.
トーンアーム形式 ユニバーサルS字形トーンアーム スタティックバランス型
オーバーハング 15 mm
適用カートリッジ質量 5.6 g~12.0 g
14.3 g~20.7 g(ヘッドシェル含む)
出力端子 PHONO端子×1、PHONOアース端子×1
電源 AC 100 V、50/60 Hz
消費電力 8.0 W(電源オン時)/ 約0.2 W(電源オフ時)
外形寸法(幅×高さ×奥行) 453×169×353 mm
質量 約9.6 kg
付属品 ターンテーブル×1、スリップマット×1、スリップシート×1、ダストカバー×1、EPレコード用アダプター×1、バランスウェイト×1、シェル×1、カートリッジ取付ねじセット×1、PHONOケーブル×1、PHONOアース線×1、電源コード×1、テクニクスステッカー×1、コントロールバイナル用ステッカー×2

【SL-1200シリーズの歴史】

SL-1200シリーズは、アナログオーディオの全盛期であった1972年のSL-1200を皮切りに2022年のSL-1200GAE-Kまで、計15機種を発売。50年にわたり展開してきた本シリーズは、再生「プレーヤー」の枠を超え、「楽器(DJ機器)」としての進化を遂げることで、プロの鋭敏な五感に応える名機として愛されるとともに、Hi-Fiオーディオユーザーからも支持を得てきました。

1972年 SL-1200
製品画像1

ディスコ/クラブ・シーンにおける最初のスタンダード機

振動に強いキャビネットにより、ディスコのような大音量で振動の多いタフな環境でのプレイが可能。使いやすさとコンパクトに設計したトーンアーム一体型の筐体でディスコ/クラブ・シーンにおけるスタンダードになったモデル。

1979年 SL-1200MK2
製品画像2

「DJのための機能」を盛り込んだ初のターンテーブル

世界初の「ディスコ/クラブにおけるDJユース」という概念を取り入れ誕生したターンテーブル。水晶発振器を採用して回転精度を高め、フェーダー型の回転数調整を新採用。ユーザーの声も採り入れた設計でレコードを再生する「プレーヤー」から、レコードを演奏する「楽器」へと進化し始めたモデル。

1989年 SL-1200MK3
製品画像3

クラブ・カルチャ一成熟の象徴

ロングセラーを続けたSL-1200MK2の改良モデルで、筐体の色がブラックとなっているのが特徴。ボディ構造は一層の防振対策が施され、信頼性を高めるとともに高音質化にも貢献。スリップシートを同梱し、ターンテーブル自体の性能のみならず、アクセサリーにもDJユースという観点が反映されたモデル。

1995年 SL-1200LTD
製品画像4

世界累計販売台数200万台を記念した限定販売モデル

1995年、SL-1200シリーズは世界累計販売台数200万台を突破し、それを記念して開発されたSL-1200LTD。通し番号が刻印されたシリアルナンバープレート、ターンテーブル/トーンアーム/アームべース部分に24金メッキを使用。SL-1200MK3の基本仕様に加え、ピッチコントローラーにリセットボタンが搭載されたモデル。

1997年 SL-1200MK3D
製品画像5

数々の細かい新機能が強めた楽器的性格

基本性能はSL-1200MK3を踏襲しながらも、随所でDJにとって使い勝手が良くなるように配慮した仕様に改良。クラブ/ディスコという「現場」を強く意識し、DJの要望する細かい付加機能の追加を中心に改良されたモデル。

  • ◎2000年:SL-1200MK3D ブラックモデル発売
1997年 SL-1200MK4
製品画像6

SP盤にも対応。高音質化をより追求したモデル

SP盤を再生するための78回転への対応やPHONO端子をケーブル着脱式とするなどの改良が施され、トーンアーム内部の配線材をOFC(無酸素銅)とするなど、さらに高音質化を徹底したモデル。

2002年 SL-1200MK5
製品画像7

長年の積み重ねが反映された30周年記念モデル

スタイラスイルミネーターに白色系LEDを採用したほか、精密なベアリングを用いた高感度ジンバルサスペンションの搭載によりトレース性能を向上させるなど、「見えない部分」での性能をアップ。長年受け継がれてきた基本性能の精度をより高め、デリケートな操作が要求されるDJプレイに貢献したモデル。

2002年 SL-1200MK5G
製品画像8

音質/機能ともに多くの改良が施されたSL-1200MK5上位機種

S字形トーンアーム架台部に針飛びを軽減する水平荷重調整機構の採用や内部配線材の変更による音質改善、スタイラスイルミネーターやピッチコントローラー部分への高輝度青色LEDの採用など、SL-1200MK5をさらに改良。「楽器としてのDJ仕様」を強く意識したモデル。

2004年 SL-1200GLD
製品画像9

世界累計生産台数300万台達成を記念した限定モデル

2004年、SL-1200シリーズの世界累計生産台数300万台達成を記念して開発された。SL-1200MK5Gをベースにし、トーンアームなどに24金メッキを多用。上面を光沢ブラック仕上げとし、さらに限定シリアルナンバーを刻印した記念プレートを装着したモデル。

2008年 SL-1200MK6
製品画像10

世界のDJから支持されたSL-1200シリーズ誕生35周年に開発されたモデル

S字形トーンアームの内部配線へのOFC(無酸素銅)の採用、3層構造キャビネット、スタイラスイルミネーターへの青色LEDの採用、クォーツシンセサイザー連続ピッチコントロール搭載など、世界から支持されるSL-1200シリーズの高性能・高信頼性の特長を継承しながらさらに進化したモデル。SL-1200シリーズの世界累計生産台数は2007年に約350万台を記録。

  • ◎2007年:SL-1200シリーズ誕生35周年記念プレミアム付 限定販売モデルSL-1200MK6K1も同時発表。2007年12月:SL-1200MK6K1発売。
2016年 SL-1200GAE
製品画像11

テクニクス50周年を記念した、世界で1,200台の限定モデル

1965年からスタートしたテクニクスブランドの50周年を記念して世界で1,200台、国内300台限定で発売。天面に貼付するプレートにはシリアルナンバーを刻印。新生テクニクスのターンテーブルとして、新開発「コアレス・ダイレクトドライブ・モーター」など高音質の観点で全て見直し、大幅に性能を向上させたモデル。

2016年 SL-1200G
製品画像12

高音質化設計に安定した回転と振動低減を実現したモデル

SL-1200GAEと同等の機能を有するレギュラーモデルとして発売。新開発「コアレス・ダイレクトドライブ・モーター」で安定した回転と振動低減を実現したほか、高精度にレコードをトレースするトーンアームを採用。SL-1200シリーズの従来モデルよりも大幅に性能を向上させたモデル。

2017年 SL-1200GR
製品画像13

SL-1200シリーズの新たなスタンダードモデル

SL-1200Gの技術を継承しながら、シングルローター型の「コアレス・ダイレクトドライブ・モーター」、2層構造のプラッターや筐体、アルミニウムパイプのトーンアームなどを新開発したSL-1200シリーズの新たなスタンダードモデル。

2019年 SL-1200MK7
製品画像14

DJパフォーマンスの可能性を広げる新たな機能も搭載したモデル

SL-1200MKシリーズと同じ感覚で使用できる操作性・レイアウトに、高剛性筐体や高減衰インシュレーターなどの高音質化設計。「コアレス・ダイレクトドライブ・モーター」の搭載やマイコンによる高度なモーター回転の制御など、Hi-Fiで培った技術によりDJターンテーブルとしての性能・機能を昇華したモデル。

  • ◎2021年:SL-1200MK7 シルバーモデル発売
2022年 SL-1200GAE-K
製品画像15

SL-1200シリーズ発売50周年記念の受注限定生産モデル

SL-1200GAEのブラックモデルで、ゴールド塗装のトーンアームを採用したほか、SL-1200シリーズ50周年を記念したプレートにシリアルナンバーを刻印し、本体天面に貼付した特別仕様。2021年10月29日受注締切、2022年4月発売の受注限定生産モデル。

以上