2022年4月1日

パナソニック オートモーティブシステムズ株式会社として事業を開始
(旧社名 パナソニック株式会社 オートモーティブ社)

パナソニック オートモーティブシステムズ株式会社(代表取締役社長:永易正吏、本社:神奈川県横浜市)は、パナソニック
グループの持株会社制移行に伴う会社分割により、本日、新会社として、事業を開始しました。

当社が目指すお役立ち

  • ミッション:一人ひとりのより良いくらしの実現のため、持続可能なモビリティ社会を創造する
  • ビジョン:愛を持って人に寄り添い、卓越した技術と知恵で新たなユーザー価値を創造し、より快適で安心安全な移動空間の
  • 実現により、人に幸せをもたらし続ける最高のチーム、最高のパートナーになる
  • スローガン:Heartmotive ~こころ動かす出会いを創り続ける~

私たちが目指す「持続可能なモビリティ社会」とは、あらゆる移動に伴う社会課題、例えば、環境問題、渋滞、交通事故、移動手段の確保が難しい等の問題が解決され、一人ひとりのくらしに「こころ動かす出会い」があり続ける社会。
ミッション実現のために、当社は、地球環境を守り、次世代に受け継ぐための貢献を、全ての事業活動の基本とし、
「人の安心」「人の快適」「車の安全」の観点から、愛を持って人に寄り添い、一人ひとりに寄り添う価値を提供し続けます。

2030年に向けた方向性


当社が取り組む領域(イメージ)

モビリティ社会、車の進化に貢献するとともに、パナソニックが培った技術と知見を生かし、多様なお客様の一人ひとりに寄り添った価値を提供します。
さらに、その体験価値を進化させ、くらし領域への展開を目指します。

◆車の進化に貢献

  • ・コックピット統合ソリューション:CDCを核に、システムとデバイスの両輪で、先進コックピットのUX価値を創出します。
  • ・EVソリューション:パワーエレクトロニクス技術、軽量化・電費改善を実現するデバイスで、EVの普及に貢献します。

◆一人ひとりに寄り添った価値を提供

  • ・コックピット領域で当社らしい新たなUX価値の提案・商品化を進めます。

◆体験価値をさらに進化 くらし領域への展開

  • ・モビリティ社会の変革を目指した新たなサービス事業を創出します。
  • CDC:Cockpit Domain Controller UX:User Experience

環境貢献

当社は、パナソニックグループが「Panasonic GREEN IMPACT※1」で示した、「2030年までに、自社のCO2排出量実質ゼロ」および「社会に対するCO2削減貢献を拡大」について、特に積極的に推進します。

2022年度に、全社員による省エネルギーの取り組みに加え、再生可能エネルギーの利活用、再生可能エネルギー100%由来の電力※2による運営を実現し、自社のCO2排出量の実質ゼロ化達成を目指します。

今後も、自社のCO2排出量削減やお客様のCO2削減に貢献するソリューションの提供等を通して、事業の競争力を高めるとともに、地球環境への貢献を果たします。

  • ※1 Panasonic GREEN IMPACTの詳細はこちら。
    https://holdings.panasonic/jp/corporate/panasonic-green-impact.html
  • ※2 電力由来CO2の排出をオフセットする非化石証書・I-REC証書と、化石燃料由来CO2の排出をオフセットするクレジットを調達することにより、CO2排出量実質ゼロ化を推進します。

本日、上記、2030年に向けた方向性を含む事業方針を社内に発信いたしました。その要旨を、以下の通り、公表しております。
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2022/04/jn220401-5/jn220401-5.html

会社概要

  • ◆本社所在地:神奈川県横浜市都筑区池辺町4261番地
    松本、敦賀、白河、草津に国内の開発・製造・販売の拠点を置く。北米、欧州、中国、アジアに38社を展開
  • ◆社員数:約34,000人(国内6,000人、海外28,000人)(2022年3月末。連結子会社含む)
  • ◆事業内容:車載コックピットシステム、ADAS(先進運転支援システム)および関連デバイス、車載充電器、xEV向けシステム・デバイスなどの開発・製造・販売
  • ◆連結売上高:1兆171億円(2020年度実績)

企業ホームページを刷新しました。ぜひご参照ください。
https://automotive.panasonic.com/

以上