2022年1月12日

遠心破砕の加湿機能追加で非住宅の空気質をさらに向上

次亜塩素酸 空間除菌脱臭機 天井埋込形ジアイーノを発売

場所を取らず、複数の部屋で同時運転可能

画像:天井埋込形ジアイーノ、本体(FY-350JCD1)、専用リモコン、専用給気ボックス(FY-BJSU06)

品名 次亜塩素酸 空間除菌脱臭機
天井埋込形ジアイーノ
品番 本体:FY-350JCD1 専用リモコン:FY-SCGP1
適用床面積の目安 ~125 m2/台
メーカー希望小売価格 本体:750,000円 専用リモコン:59,000円(消費税・工事費別途)
発売日 2022年4月1日

パナソニック エコシステムズ株式会社は、次亜塩素酸技術(※1)による高い除菌・脱臭力に、遠心破砕技術(※2)による加湿機能を加えた「天井埋込形ジアイーノ」を2022年4月1日より発売します。

「ジアイーノ」で使われている次亜塩素酸技術には30年以上の歴史があります。1987年から三洋電機が培ってきた技術に、パナソニックのフィルター技術などを応用し、除菌や脱臭に特化した「ジアイーノ」を2013年に発売。以来約8年の年月を経て、2021年8月に出荷累計30万台を突破しました。医療、教育、介護現場などで広く採用され、除菌・脱臭力でお客様から高い評価を得ています。昨今、人が多く集まる空間では、これまで以上に除菌対策への配慮が求められています。また介護施設などでは、除菌だけでなく、ニオイの除去も課題となっています。さらに、空気質への関心が高まり、適切な換気や加湿の重要性も見直されています。

新製品は、加湿機能、HEPAフィルターによる集塵機能と、ブースト換気(※3)機能(オプション)を追加。
また、天井に設置するビルトインタイプで、場所を取らず、フロアがすっきりします。専用ダクトから清潔な空気を室内へ供給するため、部屋ごとに本体を設置する必要が無く、複数の部屋で同時に運転することができます。さらに自動で給排水を行うため、給水・排水の作業が不要で手間なく連続運転が可能となりました(※4)

今後も当社は、住宅だけでなく非住宅の不特定多数が集まる空間においても、より安心かつ快適な空気環境づくりに貢献します。

<特長>

1. 遠心破砕加湿機能を追加し、非住宅の空気質をさらに向上

2. 天井埋込形のため場所を取らずフロアもすっきり、複数の部屋で同時運転が可能

3. 自動給排水のため、日々のメンテナンスが不要(※4)

  • ※1:塩水を電気分解して次亜塩素酸を作り出す技術
  • ※2:高速回転するドラムから遠心方向に吹出した水滴を壁面にぶつけて微細化する技術
  • ※3:センサーで、1000 ppmを超えると連動した換気扇が30分運転する
  • ※4:年に1度程度、消耗品交換・お手入れは必要

【お問い合わせ先】

空質空調社 グローバルマーケティング本部 国内マーケティング本部 設備マーケティング部
電話:03-6218-1131(大代表) 受付(平日のみ)9:00-17:30

【特長】

1. 遠心破砕加湿機能を追加し、非住宅の空気質をさらに向上

加湿量を制御できる遠心破砕方式の加湿機能を追加し、冬の過乾燥を緩和します。この遠心破砕方式は、少ない水量で効率よく加湿ができるだけでなく、カルキの付着による目詰まりが無く、加湿ユニット部のお手入れが不要になります。HEPAフィルターも装備し、室内に入り込んだ花粉や粉じんを除去することでより快適な空間を提供します。また、専用リモコンにCO2センサーを内蔵。1,000 ppmを超えると連動した換気扇(別売)が30分間運転するブースト換気機能を搭載しました。在室人数が増加し、換気量が不足した場合に対応することができます。

<遠心破砕方式加湿ユニット><HEPAフィルター>

画像:遠心破砕方式加湿ユニット
画像:HEPAフィルター

<ブースト換気(オプション)を接続したイメージ>

画像:ブースト換気(オプション)を接続したイメージ

2. 天井埋込形のため場所を取らずフロアもすっきり、複数の部屋で同時運転が可能

医療機関や介護施設など従来の業務用「ジアイーノ」利用者から、除菌・脱臭力に満足して頂いている一方で、床置設置タイプは設置した空間での効果しか得られず、部屋ごとの設置が負担との声をいただいていました。
新製品では、天井裏に本体を設置し、専用ダクトで清潔な空気を室内へ供給します。給気口(SA)と還気口(RA)を最適位置へ配置することで、効率よく空気が循環。また、ダクトを分岐させることで給気口(SA)と還気口(RA)をそれぞれ8か所まで設置でき、複数の部屋(最大125 m2)を1台で運転可能です。さらに、専用リモコン1つで8台までの複数台運転ができるため、最大1,000 m2(125 m2×8台)の空間を同時制御することも可能となりました。

<複数の部屋で同時運転>

画像:複数の部屋で同時運転

<ダクトを分岐させる事で複数の部屋を同時に運転可能>

画像:次亜塩素酸ガス濃度解析(天井埋込形と床置形の比較)

<専用リモコン1個で最大8台(125 m2/台×8台=1,000 m2)まで運転が可能>

画像:専用リモコン1個で最大8台まで運転が可能

3. 自動給排水のため、日々のメンテナンスが不要

本体に水道配管を接続することにより自動で給排水するため、日々のタンクへの給水、排水や塩投入作業が不要です。
メンテナンスは、1年に1回の次亜塩素酸の生成に必要な食塩水の補充(塩水パックの交換)とHEPAフィルターの清掃、2年に1回のメンテナンスとしてHEPAフィルターと電極の交換などが必要です。
(モーター等の補修部品の交換メンテが5~10年で別途発生します。)

画像:メンテナンス内容、頻度

【仕様一覧】

品番 FY-350JCD1
電源 単相 200 V 50/60 Hz
定格消費電力 137 W
風量 350 m3/h
運転モード 除菌脱臭 切/弱/中/強
加湿 微弱/弱/中/強
加湿量 1300 mL/h(22℃/RH20%の場合)
給水圧 0.15~0.5 MPa
騒音 35 dB
外形寸法(幅×奥行×高さ) 1180×575×331 mm
適用ダクト呼び径 Φ150 mm
質量 44 ㎏
適用床面積の目安 ~125 m2(天井高は2.7 mを想定)

以上