2021年12月6日

アフターコロナの新しい観光・回遊の在り方を検証

非接触・顔認証技術とAR技術を活用した
観光実証実験を大阪道頓堀商店街で実施

顔認証・AR技術による回遊サービスで安心・安全で便利な観光体験を実現

パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、社長:楠見 雄規)とパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社※1(本社:東京都中央区、社長:片倉 達夫)は、アフターコロナにおける安心・安全な観光の実現と観光地の回遊を促す新しい取り組みとして、非接触・顔認証技術とAR技術を活用した実証実験を2021年12月7日から12月26日まで、道頓堀商店街(大阪市中央区)で実施いたします。

【実験の背景と目的】

今回の実証実験では、コロナ禍での地域経済の落ち込み、売上げ減少などの課題に対する地域振興策として、顔認証を活用した非接触サービスによる安心・安全の提供やARでのガイダンスによる興味喚起や回遊促進に取り組みます。

具体的には、道頓堀商店街の「飲食」「物販」「エンタメ・伝統芸能」「アクティビティ・体験」という4つのジャンルから本実証実験に参加する合計17店舗(顔認証決済は12店舗)にスマートフォン向けアプリを提供。アプリを利用することによって、非接触で安心・安全な顔認証決済・スタンプラリーの体験と、バーチャル商店街、ARフォトウォーク、みんなの投稿などのサービスによる道頓堀商店街への興味喚起や回遊促進を図ります。

この実証実験を通じて、来訪者の属性とアプリの利用履歴、顔認証決済やスタンプラリーの履歴を分析し、来訪者の「旅マエ」での興味・関心、「旅ナカ」の行動、「旅アト」の情報発信などの行動傾向を把握して、マーケティング施策の立案などの商店街活性化への貢献に対する有用性を検証します。

当社では、アフターコロナを見据えて道頓堀商店街をはじめ、全国の商店街や観光地への展開を進めていき、関西エリアで見込まれる大阪・関西万博や統合型リゾート(IR)などの大規模イベントや大型プロジェクトに向けて、先進技術の活用により、安心・安全に観光を楽しめるサービスの提供を進めてまいります。

【本実証の内容】

■期間

2021年12月7日(火)~12月26日(日)

■イベント名

スマイルスタンプラリー

■内容

  • ・顔認証決済(非接触サービス)による安心・安全な集客の実現
  • ・アプリ利用による興味喚起~回遊・消費促進~情報発信の体験

■顔認証決済特典

  • ・一部対象店舗での顔認証決済で、店舗ごとの特典をご提供
  • ・顔認証決済ごとにスタンプを獲得、パナソニック商品を抽選で提供
    (1回当たり500円以上の決済金額で、2回以上のご利用でコンプリート)

■提供サービス

  • (1)顔認証決済・スタンプラリー(非接触サービス・回遊促進)
  • (2)バーチャル商店街(旅マエの興味喚起)
  • (3)ARフォトウォーク(旅ナカの回遊促進)
  • (4)みんなの投稿(旅マエの参加意欲向上&旅アトの情報発信)

■参加店舗

  • (1)飲食
  • ・大阪新世界元祖 串かつだるま 道頓堀店
  • ・くれおーる 道頓堀店
  • ・クンテープ 道頓堀店
  • ・炭火焼肉 道頓堀みつる 道頓堀本店
  • ・たこ家道頓堀くくる本店
  • ・千房 道頓堀支店
  • ・たこ家道頓堀くくる コナモンミュージアム店
  • (2)物販
  • ・なにわ名物いちびり庵 道頓堀店
  • ・リトル大阪(ぐりこ・や 道頓堀店)
  • (3)エンタメ・伝統芸能
  • ・大阪松竹座
  • ・くいだおれ太郎
  • ・GIRAFFE RESORT
  • ・道頓堀ZAZA
  • ・道頓堀ミュージアム並木座
  • ・TOMBORI BASE Café&Info
  • (4)アクティビティ・体験
  • ・時解 eScape cafe 道頓堀店
  • ・一本松海運(とんぼりリバークルーズ)

【本実証の基本フロー】

はじめに、ポスターやポータルサイトなどのQRコードをお手持ちのスマートフォンで読み込み、実証アプリへアクセスし、メールアドレス、簡単な個人属性、顔画像、クレジットカード情報などを登録いただきます。登録完了後は、顔認証ログインで、バーチャル商店街、みんなの投稿の機能がご利用可能になります。道頓堀商店街へ来訪の際には、これに加えて、お店での顔認証決済・スタンプラリー、ARフォトウォークがご利用可能となり、非接触による安心・安全なサービスや回遊をアシストするサービスのご提供を通じて、来訪者の満足度向上を図ります。

【実証サービス(1):顔認証決済・スタンプラリー】

事前に顔画像とクレジットカード情報を登録し、店舗ではタブレット端末に顔をかざし、PINコードを入力するとスムーズに決済ができます。決済完了後、自動的にスタンプが付与され、スマートフォンで実証アプリからスタンプを確認できます。スタンプがコンプリートした場合には、簡単なアンケートに回答すると景品の応募ができます。

顔認証決済・スタンプラリーのイメージ図

【実証サービス(2):バーチャル商店街】

実証アプリにより、道頓堀商店街を写真で再現したバーチャル商店街を回遊体験して、実証参加店舗様の店内の様子や有用な情報の取得など、商店街の来訪前にリアリティのある下見ができます。また、昼・夜・CGで再現された大正時代の3つのモードを切り替えることで普段見られない道頓堀の街並みや古き良き歴史を楽しみながら回遊できます。なお、大正時代モードの「浪花座」は実際には建てられておらず、中村儀右衛門の図面等を参考にCG化した「幻の洋風浪花座」です。

  • ※CG協力:関西大学 なにわ大阪研究センター

バーチャル商店街のイメージ図

【実証サービス(3):ARフォトウォーク】

商店街の中でGPSによる位置情報を活用し、ARでの参加店舗様のお店・スポットまでのナビゲーションやガイダンス、AR フォトによる道頓堀特有の突起看板などのARと組み合わせた写真撮影ができます。商店街のお店など全18箇所に、ARフォトスポットを設置し、商店街を回遊しながら楽しくARフォト体験ができます。

ARフォトウォークのイメージ図

【実証サービス(4):みんなの投稿】

Instagramに投稿された道頓堀関連の写真、動画、ARフォトウォークで撮影した写真等を閲覧することで、事前にイベントの様子を知ることができます。これにより、視聴者の参加意欲を高め、商店街へ来訪するきっかけを作ります。

みんなの投稿表示イメージ図

【実証サービス(5):データ分析】

実証アプリの登録者の属性とアプリ利用履歴、顔認証決済・スタンプラリー履歴の統計情報に基づいて、来訪者の行動傾向、曜日・時間帯別などの特性などを分析し、レポートを行うとともに、マーケティング施策の立案に役立てます。

■企画・協力

道頓堀ナイトカルチャー創造協議会

■スマイルスタンプラリー・ポータルサイト

https://portal.ict-kankou.jpn.panasonic.com/information

■注意事項

  • ・本イベントの内容および景品は予告なく変更・延期・中止となる場合があります
  • ・本イベントの詳細ならびに利用規約、応募規約、および個人情報保護方針についてはスマイルスタンプラリー・ポータルサイトに記載の内容をご覧ください
  • ・本イベントにご参加の際はマスクの着用等、各店舗における感染拡大防止対策へのご協力をお願いいたします

■パナソニックの「顔認証」技術について

当社の「顔認証」技術は、ディープラーニングを応用した世界最高水準※2の顔認証技術です。顔の向きや経年変化、メガネ・マスクなどにも影響されにくく、快適にご利用いただけます。
当社は、これまでにも空港での厳格かつ円滑な本人確認や、アミューズメントパークでのチケットレス入退場、店舗でのキャッシュレス決済、オフィスでのICカードレス入退室などで、顔認証技術を応用したシステムを展開してきており、1日10万回超の固有の顔認証を達成してきました(当社調べ)。この間、世界最高水準の顔認証技術と、現場での使いやすさを追求し、お客様との実証実験を重ねて実現したUXデザインとの融合により、オフィスでの入退室を安心・安全かつ効率化することに貢献してまいりました。

▼顔認証クラウドサービス
https://biz.panasonic.com/jp-ja/products-services_facial-recognition-cloud-service
▼パナソニックの顔認証サイト
https://biz.panasonic.com/jp-ja/solutions/facial-recognition
▼現場センシングソリューションサイト
https://biz.panasonic.com/jp-ja/gemba-sensing

  • ※1 パナソニックグループの持株会社制への移行にともないパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社は2022年4月より、「パナソニック コネクト株式会社」に変わります。
  • ※2 2017年4月28日に公開されたNIST公式の評価レポート(IJB-A Face Verification Challenge Performance Report、IJB-A Face Identification Challenge Performance Report)において世界最高水準の評価を得た後もさらなる顔認証技術の強化で認証精度向上とエラー削減を続け、NIST「FRVT 1:1」(2021年8月2日発行)の「Ongoing Face Recognition Vendor Test」においても、世界最高水準の評価結果を得ています。

以上