2021年9月7日

リファレンスクラスSU-R1000で開発した技術を継承

テクニクス ステレオインテグレーテッドアンプ SU-G700M2 を発売

力強いスピーカー駆動と躍動感溢れる低域再生を実現

テクニクス ステレオインテグレーテッドアンプ SU-G700M2

品名 ステレオインテグレーテッドアンプ
品番 SU-G700M2
-S(シルバー)、-K(ブラック)
メーカー希望小売価格(税込) 298,000円
発売日 11月26日
年産台数 200台

パナソニック株式会社は、テクニクスブランドのグランドクラスのプリメインアンプとして、フルデジタル構成のステレオインテグレーテッドアンプ SU-G700M2 を11月26日より発売します。

本製品は、従来機種SU-G700の高解像度かつ情報量豊かな音楽表現を継承しながら、最上級クラスであるリファレンスクラスのSU-R1000で開発した、高速応答・低ノイズ電源「Advanced Speed Silent Power Supply」を採用し、力強いスピーカー駆動と躍動感溢れる低域再生を実現しています。また、筐体内部を3分割した構造やボトムシャーシを鋼板2層とした高剛性シャーシも継承しつつ、音質向上に寄与するパーツを徹底的に見直して各所に採用し、高純度で解像度がさらに向上した音を実現。これらにより、鮮明でエネルギーに溢れた音楽再生を楽しめます。さらにPHONO入力はMM型カートリッジに加えてMC型カートリッジにも対応し、アナログ音源からデジタル音源までさまざまなソースや周辺機器に対応しています。色はシルバーと新たにブラックをラインアップに加え、お使いのオーディオ機器にマッチする色を選ぶことができます。

当社は本製品を、上位機種の高音質技術を継承した本格的なプリメインアンプとして、こだわりの音を追求するオーディオユーザーに提案していきます。

<特長>

1. リファレンスクラスSU-R1000で開発した技術を継承し、
 力強いスピーカー駆動を実現するフルデジタルアンプ

2. 筐体内部の3分割構造や鋼板2層のシャーシに加え、
 音質向上に寄与するパーツを各所に採用

3. PHONO入力はMM型カートリッジに加えて新たにMC型カートリッジにも対応。
 アナログからデジタルまでさまざまな音源・周辺機器に対応

【お問い合わせ先】

ディーガ・オーディオご相談窓口
フリーダイヤル 0120-878-982(受付9時から18時)

【特長】

1. リファレンスクラスSU-R1000で開発した技術を継承し、
 力強いスピーカー駆動を実現するフルデジタルアンプ

本製品は、リファレンスクラスSU-R1000で開発した技術を継承した、テクニクス最新鋭のフルデジタル構成のインテグレーテッドアンプです。フルデジタルアンプ「JENO Engine」のポテンシャルをさらに引き出すため、SU-R1000で開発した高速応答・低ノイズ電源「Advanced Speed Silent Power Supply」を採用するとともに、SU-R1000の電源部と同様に高速動作デバイスであるGaN-FET、SiCダイオードを採用し、高速スイッチング電源の応答性を高めました。また、スピーカーの特性に合わせアンプの特性を最適化する負荷適合アルゴリズム「LAPC」などにより、幅広い種類のスピーカーを理想的な振幅・位相特性で駆動できます。

●高速応答・低ノイズを実現する「Advanced Speed Silent Power Supply」

SU-R1000の開発で得た技術を継承し、高速スイッチング電源と低ノイズレギュレーターを組み合わせた電源「Advanced Speed Silent Power Supply」を採用しました。SU-R1000と同様にスイッチング周波数を従来の約100 kHzから約400 kHzへと高速化し、リップルノイズの発生とオーディオ帯域へのノイズ干渉を低減。高速応答により瞬時に安定したエネルギーをパワーアンプ部へ供給し、ドライブ能力を高めます。また、低ノイズレギュレーター回路を使用し、電源の低ノイズ化を徹底することで、純度の高い音楽再生を実現します。

高速スイッチング電源 従来モデルとSU-G700M2のスイッチング周波数イメージ図、超低ノイズレギュレーター 従来ハイエンドアナログ電源とSU-G700M2電源イメージ図

●SU-R1000の電源部と同様に、
 高速動作デバイスGaN-FET、SiCダイオードを採用

SU-R1000のパワーアンプ用電源部と同様に、高速動作デバイスであるGaN-FETやSiCダイオードを採用し、高速スイッチング電源の応答性を高めました。これにより、音楽信号の瞬時の変化に追従し、安定した電源供給を実現。スピーカーのドライブ能力を高め、エネルギー溢れる低音再生を可能にしました。

GaN-FET(左)、SiCダイオード(右)

●フルデジタルアンプ「JENO Engine」や「LAPC」を搭載

テクニクスの誇る独自のフルデジタルアンプ「JENO Engine」、スピーカーの特性を測定・解析することで、スピーカーの特性に合わせてアンプの特性を最適化する「LAPC(Load Adaptive Phase Calibration)」により、解像度と空間表現に優れた音楽再生を実現しています。

2. 筐体内部の3分割構造や鋼板2層のシャーシに加え、
 音質向上に寄与するパーツを各所に採用

●筐体内部の3分割構造および鋼板2層構造の高剛性シャーシ

従来機種SU-G700と同様に電源部、パワーアンプ部、デジタル/アナログ入力部を3つに分割した構造を採用したほか、本製品では、電源部を上下2段構成の、周囲を鋼板で囲んだシールドケース構造としています。また、各部の仕切りとなる鋼板には、1.2 mm厚の鋼板ボトムシャーシに2 mm厚の鋼板を重ねた2層構造の、制振性に優れた高剛性シャーシを採用しています。これらにより、各部の間の干渉を削減するとともに不要な振動を抑え、ノイズの影響によるディテールの欠落を解消します。

SU-G700M2筐体内部イメージ

●SU-R1000の開発で得たノウハウを活かした高音質パーツを選定

音質をさらに磨き上げるため、SU-R1000の開発で得たノウハウを活かし、高音質パーツを選定。パワーアンプ用電源部のコンデンサーなどをグレードの高いパーツに変更しています。また、スピーカー端子とアンプブロック間の接続にSU-R1000と同じく非磁性体の真鍮ビスを使用し、スピーカーへの伝送信号の純度を高めるなど、音質向上に寄与するパーツを徹底的に見直して各所に採用しました。

パワーアンプ用電源部のコンデンサー
真鍮ビス

3. PHONO入力はMM型カートリッジに加えて新たにMC型カートリッジにも対応。
 アナログからデジタルまでさまざまな音源・周辺機器に対応

●MM型に加えて新たにMC型カートリッジにも対応したPHONO入力

PHONO入力は従来のMM型カートリッジに加えて、MC型カートリッジにも対応。MC型対応に合わせた電源ラインへのレギュレーター追加、配線パターンの低インピーダンス化など、ノイズ低減を徹底しています。MM型/MC型の切り換えは、設定で切り換え可能です。またUSB-Bの対応に加え、デジタル入力では同軸/光デジタル入力にも対応。アナログ音源からデジタル音源までさまざまなソースや周辺機器に対応しています。

PHONO回路

背面端子

●PHONO回路へのノイズ混入を防ぐシールドケースを採用し、
 PHONOアース端子を高品位パーツに変更

MC型対応となったPHONO回路全体をシールドケースで覆い、信号の微弱なMC型カートリッジの信号入力時でもノイズの影響を低減します。また、アース端子はより高品位なパーツに変更し、アース線の取り付けやすさの改善を図りました。

アース端子

●徹底したノイズ対策による高純度な音楽再生

ノイズ低減により高純度な音の再生を実現する「LC電源フィルター」や「パワーコンディショナー」、徹底したノイズ対策で明瞭な音像定位と見通しの良い空間を再現する「Battery Driven Clock Generator」、不要な回路を停止し音質劣化を抑える「Optimally Activated Circuit System」など多彩な高音質技術を搭載し、アナログ音源からデジタル音源まで高純度な音で再生することができます。

LC電源フィルター
パワーコンディショナー
バッテリー回路

【その他の特長】

●シルバーとブラックの2色展開。ボリュームノブのスピン加工など、高品位なデザイン

本体のカラーはシルバーに加えて今回新たにブラックモデルも発売します。これによりプレーヤーやスピーカーなど、使用している他のオーディオ機器にマッチする色を選ぶことができます。また、アルミ無垢材を使用したボリューム、入力セレクターのノブは前面だけでなく側面もスピン加工を施し、外観のデザインもSU-R1000を継承することで、さらに品位の高い仕上がりとしました。

-S(シルバー)
入力セレクターノブ(シルバー)
-K(ブラック)
ボリュームノブ(シルバー)

【主な仕様】

  SU-G700M2
総合 電源 AC 100 V、50/60 Hz
消費電力 95 W/スタンバイ時 約0.5 W
外形寸法(幅×高さ×奥行) 430×148×428 mm
質量 約12.7 kg
アンプ部 定格出力 70 W+70 W
(1 kHz、T.H.D. 0.5%、8 Ω、20 kHz LPF、JEITA)
140 W+140 W
(1 kHz、T.H.D. 0.5%、4 Ω、20 kHz LPF、JEITA)
周波数特性 PHONO(MM):20 Hz~20 kHz
(RIAA DEVIATION ±1 dB、 8 Ω)
PHONO(MC):20 Hz~20 kHz
(RIAA DEVIATION ±1 dB、8 Ω)
LINE:5 Hz~80 kHz(-3 dB、8 Ω)
DIGITAL:5 Hz~90 kHz(-3 dB、8 Ω)
推奨負荷インピーダンス 4 Ω~16 Ω
入力感度/
入力インピーダンス
PHONO(MM):2.5 mV/47 kΩ
PHONO(MC):300 µV/100 Ω
LINE:200 mV/22 kΩ
端子部 ヘッドホン ステレオ(φ6.3 mm)0.75 mW、32 Ω×1
PC入力 背面、USB Bタイプコネクタ×1
アナログ入力 LINE IN ピンジャック×2
PHONO(MM/MC) ピンジャック×1
デジタル入力 光デジタル入力 光角型端子×2
同軸デジタル入力 ピンジャック×2
アナログ出力 LINE OUT ピンジャック×1
PRE OUT ピンジャック×1
システム接続 システムコントロール φ3.5 mmジャック×1
対応
フォーマット
同軸デジタル入力 PCM:最大 192 kHz/24 bit
光デジタル入力 PCM:最大 96 kHz/24 bit
PC入力(USBタイプB) USB規格:USB2.0 High-speed
USB Audio Class 2.0、Asynchronous mode
再生フォーマット:PCM(32、44.1、48、88.2、96、176.4、192、352.8、384 kHz/16、24、32 bit)
DSD(2.8 MHz/5.6 MHz/11.2 MHz)
DSDコントロールモード:ASIO Native mode、DoP mode
付属品 電源コード×1、リモコン×1、
リモコン用乾電池(単4形×2)

・DSDはソニー株式会社の登録商標です。

以上