2021年6月3日

大画面なのにコンパクト!14.0型縦横比3:2液晶搭載モバイルパソコン FV1シリーズ登場

モバイルパソコン「Let's note」個人店頭向け/法人向け夏モデル発売

人の声が聞き取りやすく、快適なWeb会議を実現する「COMFORTALK」

モバイルパソコン「Let's note」FV1シリーズ 使用イメージ

品名 ノートパソコン
愛称 Let's note(レッツノート)
シリーズ FV1シリーズ SV1シリーズ QV1シリーズ
本体希望小売価格 オープン価格
発売日 6月18日から順次発売
年間生産台数 35万台(レッツノートシリーズ全体として)

パナソニック株式会社は、モバイルパソコン「レッツノート」の個人店頭向け・法人向け「FV1」「SV1」「QV1」シリーズの21年夏モデルを、6月18日から順次発売します。
「FV1」シリーズは、横幅が一般的な13.3型PCとほぼ同等サイズ※1でありながら、縦横比3:2の14.0型液晶を搭載。大画面かつコンパクトな設計で、簡単に持ち運ぶことができ、ニューノーマルで多様化する働き方をサポートします。音響効果ソフト(Waves MaxxAudio®)と音圧の高いボックス型スピーカーの採用で人の声の聞き取りやすさが向上。さらに、インテル® GNA に対応するAIノイズ除去※2を搭載し、タイピング音やサイレンなどのノイズを聞き分けて低減することで快適なWeb会議を実現します。
お陰さまで、レッツノートは本年6月に25周年を迎えます。今後も、現場の声をお聴きしながら製品・ソリューションを進化させ、モバイルワーカーが活き活きと働く社会の実現に貢献します。

【特長】

1)[FV1]テレワークに嬉しい機能で、多様化する働き方を快適にサポート

  • ・大きくて見やすい縦横比3:2の14.0型高解像度QHD(2160×1440ドット)液晶搭載。
  • ・当社14.0型従来品と比べ体積約28%コンパクトなボディ※3で、持ち運びが簡単。
  • ・音響効果ソフト(Waves MaxxAudio®)と音圧の高いボックス型スピーカーを採用。さらに、インテル® GNAに対応するAIノイズ除去※2を搭載(COMFORTALK)。
  • ・(法人向け)ワイヤレスWAN 5G/ローカル5G対応※4。インテル® Evo™ vPro® プラットフォーム準拠※5

2)[FV1/SV1/QV1]生産性を向上する基本性能

  • ・第11世代の最新インテル® Core™ i7/i5 プロセッサー搭載※6
  • ・データの読み書きを高速化するPCIe SSD搭載。

3)法人向けソリューションサービスメニューの拡充

  • ・[TRUSTWIPE※7]PC廃棄前にお客様自身でデータ消去ができ、安全な廃棄や回収が可能。
  • ・[しごとコンパス]残業を抑制するメッセージのポップアップや、AIを活用した残業時間の予測ができる機能を搭載した新バージョンを、21年7月中旬から提供開始。

【お問い合わせ先】

パナソニックパソコンお客様ご相談センター
TEL:0120-873029、06-7634-8459(9:00~17:00 365日受付)

*パナソニックグループの持株会社制への移行にともない、パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社は、
2022年4月より、「パナソニック コネクト株式会社」に変わります。

【発売の背景】

レッツノートは、1996年の発売以来「軽量」「長時間」「頑丈(タフ)」「高性能」というコンセプトのもと、開発・進化を続け、ビジネス用モバイルパソコンとして高い評価をいただいており、法人向けウルトラポータブルPCで、シェア No.1※8を獲得しています。
昨今、テレワークが本格的に加速しているなか、より柔軟な働き方に対応するPCやサービスが求められています。
新登場の「FV1」シリーズは、横幅が一般的な13.3型PCとほぼ同等サイズ※1でありながら、縦横比3:2の14.0型液晶を搭載。在宅勤務時は大画面で見やすく、出社や出張時にはコンパクトボディで気軽に持ち歩くことができます。
また、「FV1」「SV1」「QV1」全シリーズに第11世代の最新インテル® Core™ i7/i5 プロセッサー搭載※6。さらに、Web会議に嬉しいインテル® GNAに対応するAIノイズ除去※2と音響効果ソフト(Waves MaxxAudio®)を搭載。「FV1」シリーズには、音圧の高いボックス型スピーカーも採用し(COMFORTALK)、ヘッドセット無しでも声が聞き取りやすく、快適なコミュニケーションが可能です。
仕事の場所や時間に縛られることなく、高負荷な作業も可能にすることで、ニューノーマルで多様化する働き方をサポートし、働く現場の生産性向上・働き方改革に寄与します。

レッツノート25周年 ロゴ

【特長の説明】

1)[FV1]テレワークに嬉しい機能で、多様化する働き方を快適にサポート

  • ・大きくて見やすい縦横比3:2の14.0型高解像度QHD(2160×1440ドット)液晶搭載。縦横比16:9の14.0型に比べて縦に約2 cm広く表示でき、縦長コンテンツやA判資料が見やすく快適。
  • ・レッツノート史上最薄約5.3 mmの狭額縁。天板の両側を厚くすることで、従来モデル同等の強度を確保。
    新構造を開発し側面からの衝撃に対する堅牢性が向上したイメージ画像、持ち運びに頼れる独自の頑丈設計イメージ図
  • ・当社14.0型従来品と比べ体積約28%コンパクトなボディ※3と1 kgを切った軽量約0.999 kg※9。大画面なのに持ち運びが簡単。
  • ・Web会議で人の声が聞き取りやすくなる「COMFORTALK(コンフォトーク)」。音圧の高いボックス型スピーカーと人の声の周波数帯の音圧を向上する「音響効果ソフト(Waves MaxxAudio®)」、Web会議中に入りこむタイピング音やサイレンなどのノイズを低減するインテル® GNAに対応するAIノイズ除去※2を搭載。音声がクリアになることで、より言葉のニュアンスが伝わりやすくなり、円滑なコミュニケーションが可能。
    COMFORTALK(コンフォトーク)イメージ
  • ・新開発のデュアルファンは、ファンの羽根位置を最適化し、風量アップ。従来のLVシリーズより薄い放熱フィンの採用により、排熱効果が高まり、薄型筐体でもCPUをしっかり冷却。
    放熱フィンのイメージ
  • ・(法人向け)ワイヤレスWAN 5G/ローカル5G対応※4。キーボード操作時の手の影響を受けにくいように、4本のアンテナをLCDの上とキーボード奥に配置。
    アンテナ感度の強化イメージ
  • ・(法人向け)インテル® Evo™ vPro® プラットフォーム準拠※5。タッチパネル、LED搭載のバックライトキーボードに対応。
    インテル Evo CORE vPro i7 ロゴ
  • ・キーストローク2 mmの視認性に優れたバックライトキーボード搭載※10で、暗い場所での入力のしやすさが向上。
    バックライトキーボード使用イメージ画像
  • ・当社14.0型従来品(LVシリーズ)に比べ、面積約2.2倍の直径64 mm大型ホイールパッドで、画面スクロールだけではなく、複数の指を使うジェスチャー操作も簡単。
    ホイールパッドの使用イメージ画像
  • ・Thunderbolt™ 4テクノロジー対応※11のUSB3.1Type-Cポート※12を2個装備しており、USB Power Deliveryも対応。充実のインターフェイスで、環境に左右されず快適なオフィス環境を実現。
    レッツノート本体左側と右側の画像

2)[FV1/SV1/QV1]生産性を向上する基本性能

  • ・第11世代の最新インテル® Core™ i7/i5 プロセッサー搭載※6。グラフィック性能の向上と、高速メモリーLPDDR4x-4266搭載により、グラフィックを多用するアプリの表示や動画編集など快適な作業を実現。テレワーク中の高負荷作業でも高い処理能力を発揮。
    インテル Core i5、i7、iRISxe ロゴ画像
  • ・(法人向け)インテル® vPro® テクノロジー対応。
    インテル Core vPRO i5、i7、iRISxe ロゴ画像
  • ・CPU性能のパフォーマンス最大化を目指した独自の設計「Maxperformer®(マックスパフォーマー)」。高速性能を維持する独自の放熱設計とCPUの適切な電力制御チューニングにより、パフォーマンスを高く保ち、パワーを持続。負荷のかかる作業でも快適。
    Maxperformer搭載イメージ図、Maxperformerロゴ画像
  • ・Serial ATA接続のSSDに比べ、データ転送速度が大幅に高速化したPCI Express接続のSSD*を採用。OSの起動時間や大容量データの転送時間が大幅に短縮。
    SSDの読み込み性能比較イメージグラフ、SSDのデータ転送速度比較イメージグラフ*個人店頭モデルはPCIe(Gen4)、法人向けモデルはPCIe(Gen3)です。
  • ・インテル® GNAに対応するAIノイズ除去※2で周囲の雑音をカット。タイピング音やサイレンなどのノイズを聞き分けて低減し、騒がしい場所でも快適なWeb会議が可能。
  • ・スピーカーの音声をより聞き取りやすくする音響効果ソフト「Waves MaxxAudio®」を搭載。シチュエーションに合った音質に調整が可能。
  • ・一般的なデスクトップPCと同等のキーピッチ19 mm(縦/横)に、2 mmのキーストロークを実現。キートップは、指がひっかかりにくいリーフ型を採用し、入力作業が快適。
  • ・ファームウェア攻撃からPCを守る新しいデバイスセキュリティ要件「Secured-core PC」対応※13で、テレワーク時も、起動からシャットダウンまでセキュリティを確保。
  • ・ビジネスシーンにおけるリスクを想定した76 cm落下試験や100 kgf加圧振動試験を実施。
  • ・Windows Hello対応の顔認証対応カメラを搭載。指紋センサー搭載(個人店頭向けモデル、法人モデルは一部モデルのみ)。

3)法人向けソリューションサービスメニューの拡充

  • ・[TRUST WIPE※7]PC廃棄前にお客様自身でデータ消去ができるため、安全な廃棄や回収が可能。在宅勤務をしているお客様のPCでも、管理者が消去設定でき、さらに消去完了後に消去実行の確認が可能。ADECのデータ適正消去実行証明書も発行できるメニューもご用意(発行ライセンス有無を選択可能)。
    TRUST WIPE:https://biz.panasonic.com/jp-ja/products-services_letsnote_biz-solution_trustwipe
    TRUST WIPE PC利用者自身でデータ消去イメージ図、消去対象PCを管理者が指定可能なイメージ図、ADECのデータ適正消去実行証明書イメージ図
  • ・法人向け働き方改革支援サービス「しごとコンパス」の新バージョンの提供を21年7月中旬から開始。残業を抑制するメッセージをポップアップで通知するPC利用抑止機能と、AIを活用した残業時間の予測ができるAI残業予測を搭載します。例えば、月中までに月末までの残業時間予測を確認することで、早めにアラートをあげ、法律による上限(原則)を超えないマネージメントにつなげることができます。
    しごとコンパス:https://panasonic.biz/cns/pc/workstyle/
    残業時間予測を確認する法律による上限イメージグラフ
  • ・情報システム部門の業務負担を軽減するレッツノートのサブスクリプション型サービスを提供。機器管理や労務管理、業務効率化など、さまざまなサービス・ソフトウェアをパッケージ化しました。
    管理部門向けレッツノートのサブスクリプションサービス:https://biz.panasonic.com/jp-ja/solutions_workstyle_sws
  • ※1:13.3型のPCの横幅 約295 mm~326 mm、当社調べ。
  • ※2:設定が必要です。また、アプリによっては、アプリ内の機能が優先されます。
  • ※3:LVシリーズとの体積比較において。
  • ※4:CF-FV1RTAVSのみ。ご利用にあたっては、対応設備をお客様自身で導入いただく必要があります。
  • ※5:CF-FV1SDKVSのみ。
  • ※6:CF-FV1EDHVSを除く。
  • ※7:「TRUSTWIPE」はサービス提供会社(ワンビ株式会社)のサービス・商品となります。当社ホームページより、サービス内容・規約・対象機種などご確認のうえご注文ください。
  • ※8:2020年において。出所:IDC Japan, Japan Personal Computing Quarterly Model Analysis 2021Q1 Share By Company コンバーチブルノートPC、トラディショナルノートPCのビジネス市場(教育と官公庁を除く)において。
  • ※9:CF-FV1FDHVS、CF-FV1EDHVS、CF-FV1FDMQR、CF-FV1FDSQR、CF-FV1FDWQR。付属のバッテリーパック(S)装着時。質量は平均値。各製品で質量が異なる場合があります。
  • ※10:CF-FV1SDKVS、CF-FV1GFNQR。
  • ※11:Thunderbolt™ 4ポートは、Thunderbolt™ 3テクノロジー対応機器も接続可能です。
  • ※12:USB3.1(Gen1/2)、USB Power Delivery、Thunderbolt™ 4テクノロジー、DisplayPort™ Alternate Modeに対応しています。USB Type-C®対応のすべての周辺機器の動作を保証するものではありません。
  • ※13:法人向けのインテル® vPro™ テクノロジー対応モデルのみ。

<個人店頭向けモデル>

【主な仕様】詳細はホームページ https://panasonic.jp/cns/pc/products/lineup/ をご参照ください。

<法人向けモデル>

【主な仕様】詳細はホームページ https://biz.panasonic.com/jp-ja/letsnote-p-21s をご参照ください。

(商標について)

  • ●Microsoftとそのロゴ、Windows、Windowsロゴは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • ●Intel、インテル、Intelロゴ、その他のインテルの名称やロゴは、Intel Corporationまたはその子会社の商標です。
  • ●USB Type-C および USB-C は USB Implementers Forumの商標です。
  • ●その他の製品名は一般に各社の商標または登録商標です。

以上